アップル歯科の無痛治療

痛くない治療(保険・自費)

痛みの少ない保険治療と自費治療

痛みのない治療

歯の治療はしみるような独特の痛みが苦手という方も多いと思います。
それどころか、小さな頃の歯医者に対するトラウマで、歯医者に通えなくなったという人も少なくありません。

確かに、一昔の歯科医院では、治療することが第一で、患者様の気持ちや痛みは二の次だったところもあったのかもしれません。
しかし、現在では、痛みを感じないように、複数の取り組みをしておりますので、当院においては「痛くなかった」とおっしゃっていただける患者様が
たくさんいらっしゃいます。

「それって自費治療だけじゃないの?」とか「別途費用がかかるのでは?」と思われる方もいらっしゃると思います。
しかし、保険適用で認められた範囲内の治療でも、症状によっては痛みをほとんど感じずに(個人差有)治療をする事は可能ですので、アップル歯科クリニックでは
出来る限り、患者様が痛みを感じにくい治療法を取り入れています。

 

痛みの少ない治療のための工夫

表面麻酔

1.麻酔針を刺す時の皮膚の痛みを消す表面麻酔。

麻酔針を指す時に、どうしてもあの「チクッ」という痛みが苦手な方も多いと思います。
アップル歯科クリニックでは、局所麻酔の前に表面麻酔を皮膚にしみこませる事で、針を刺すときの痛みを抑えるようにしています。
表面麻酔は保険の対象ではございませんので、請求にはもちろん上がりません。

 

2.細い針による物理的な痛みの軽減

麻酔針

アップル歯科クリニックで使用している注射針は33ゲージという、非常に細い注射針です。針先の太さがわずか0.2mmと、
注射針の中でも極めて細い注射針といえます。
大げさかもしれませんが、蚊に刺されるのと同程度と言われています。
痛点を避けるという観点から考えても、細い針であればあるほど痛みは感じにくくなるのは確かだと思われます。
元々は、糖尿病患者さんが、インスリンを打つ際に少しでも痛みを軽減できるようにと開発されたものですので、痛みの軽減には
うってつけの針といえます。

 

3.痛みの少ない局所麻酔の打ち方

テクニック

痛みを感じなくするための一番の方法は、やはり麻酔です。
ただし、その局所麻酔が痛くて苦手という方もいらっしゃいますので、アップル歯科クリニックはこの局所麻酔に最も充填を置いて
トレーニングを積んでいます。

主に痛みを感じることが多いのが、麻酔液を注入するときと言われています。
しかし、針を刺す場所、注入時の工夫により、その痛みは大幅に軽減することが可能です。
・針を刺す場所は、頬粘膜という場所で、痛点が少ない場所にします。
・歯ぐきに直接刺すと、凄く痛みますが、頬粘膜に刺しても時間を置けば浸潤していきます。
・頬粘膜をゆらしながら刺す事により痛みを感じにくくなります。
・麻酔液を注入するときは、強く押し出すと痛みを感じるため、ゆっくり時間をかけて注入します。

アップル歯科では全てのDr.が「痛くない麻酔」のテクニックを修得しています。

4.麻酔を痛くなくするための機器

テクニック

アップル歯科クリニックでは、麻酔の際の痛みを抑えるために効果的な機器を使用して、患者様の痛みに対するストレスを軽減するよう、以下の機器を使用しています。

1.バイブラジェクト 組織内に高い振動を与えると痛みを感じにくくするという理論に基づき、注射器を毎分10000回振動させる道具です。
8割の患者の痛みが軽減されたという論文もあるほど、効果的な方法といえます。

2.カートリッジウォーマーカプリ 実は麻酔液は、体温とほぼ同じ37℃前後で注入すると最も痛みを感じにくいといわれています。
このカプリは、カートリッジ麻酔液を痛みが少ないといわれる37℃に温め、保温する機器になります。

3.カートリーエース・プロ 麻酔液を注入する際に最も大切なのが「ゆっくり、同じスピード」で注入することです。これにはやはり歯科医師の
修練が必要となりますが、このカートリーエースプロを使った場合、熟練度の満たない歯科医師の場合であてっても、熟練者と同じスピードで麻酔液を注入することが可能になります。

 

いつの間に麻酔終ったの?

アップル歯科クリニックでは、通常診療の中で、痛くない治療のための第一の手段を麻酔の打ち方(効かせ方)だと考えております。

だからこそ私たちは、麻酔の打ち方や方法に細心の注意と努力を払い、痛くない治療を目指します。目標とするところは患者様に「いつ麻酔を打ったの?」
と聞かれるくらいのレベルでの麻酔を目指します。




無痛治療(無痛を目差す治療)

バイブラジェクト

バイブラジェクト

「高い振動を与えることによって末梢神経を刺激し、脳への疼痛伝導路を遮断すれば、痛みは感じにくい」という理論を利用し、毎分10000回振動するバイブラジェクト本体を、注射器に装着して使います。論文では、約8割の患者様に痛みが少ないという結果が出ています。

 

シリジェット

シリジェット

高圧力のジェット噴流で麻酔薬を浸透させる「針が無い注射器」です。チクッとする麻酔針独特の痛みがないので、深部の麻酔の前に、この針のない麻酔を用いて併用します。

 

コードレス電動注射器 カートリーエース・プロ

コードレス電動注射器 カートリーエース・プロ

電動麻酔器のIC制御で一定の圧力・速度で麻酔を注入するので、痛みの少ない注射を可能にします。

 

カートリッジウォーマーカプリ

カートリッジウォーマーカプリ

対外から麻酔液を注入する時に、体温と麻酔液に温度差があると、それが刺激となり痛みも大きくなってしまいます。
注射の前に麻酔液を温めることで、麻酔時の痛みが減ります。
できるだけ痛くない治療を心掛けています当院では、歯肉を麻痺させる表面麻酔の後、麻酔注射をおこなっています。





痛くない歯周病治療【ペリソルブ】(自由診療)

ペリソルブ

痛みが苦手・怖い人の歯周病治療・予防として、痛みの少ない「ペリソルブ」という薬剤を使った治療があります。

これは、歯周病の原因となる歯垢や歯石を薬剤で融解・殺菌して病巣を取り除くという方法です。これを使うことにより、より痛くなく・低リスクでの歯周病治療や予防が可能です。

痛みが少ない

ペリソルブは、歯垢や歯石を薬剤が作用し、融解させた上で掻き出すという新しい歯周病治療です。歯周病治療にはスケーリング(歯や歯根の表面の歯垢と歯石を除去)、SRP(歯周ポケット内のプラークや歯石の除去)、PMTC(歯石・歯垢・バイオフィルムの専門的な除去)などがありますが、これらは機械やスケーラーと行った道具を使い、歯垢や歯石に物理的にアプローチする方法です。つまり、機械の振動や刃物のようなもので歯石を取り除くわけですから、多少なりとも痛みを感ることがあります。しかし、ペリソルブを使うことでその硬い歯石を融解するので、歯肉を傷つけることない歯周治療が可能です。更に歯肉を傷つけないことから治りも早く、歯肉炎の腫れなども早く引きます。

出血を少なく感染のリスクを低くします

歯周病治療は、歯ぐきの中の歯石を取る際に出血を伴うことが多々あります。出血があると歯石を除去する際に歯石や歯垢内の細菌が飛散し、歯肉から雑菌が血管に侵入すると全身疾患に繋がったり、細菌を吸い込むことで誤嚥性肺炎の発症の原因となることもあります。ペリソルブを使うことで痛みと共に出血を防ぐことが出来るので、当然ながら感染のリスクも下がります。さらに、ペリソルブは殺菌性が高い薬剤ですので歯石自体も塗布することで殺菌してくれます。口腔内や体内への感染を最小限に低くしてくれる治療です。

ペリソルブの治療手順

ペリソルブの塗布

ペリソルブの塗布

軟化した歯石の除去

軟化した歯石の除去

歯肉の回復

歯肉の回復





三宮 歯科・三宮アップル歯科のご案内 グループ医院 歯科 三宮 三宮アップル歯科 神戸でも世界水準の治療を

兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2
TEL 078-200-6802

このHPは啓蒙用の広報サイトです googleで今すぐ検索する yahoo!で今すぐ検索する 明石アップル歯科へのお問い合わせ 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石アップル歯科からのご案内
駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療時間

診療時間
月火木金:9:30~19:00
水曜:9:30~13:00
土日祝は9:30~17:00迄
※日、祝日診療は医院カレンダーによる 休診日
水曜日午後・日曜日
電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

診療カレンダー

加古川院のご案内 グループ医院 歯科 加古川 加古川アップル歯科 加古川でも世界水準の治療を

兵庫県加古川市平岡町土山909-33
TEL 078-942-4185

加古川院のご案内 グループ医院 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集

このページのトップへ