お口の中の細菌とウイルスの関係

新型コロナウイルスは感染力が強く、感染拡大が続いていますが、口腔内の細菌が様々なウイルスの感染力を高めることがわかっています。
歯磨きがしっかり行えていなかったり、虫歯や歯周病が放置されていたりすると、お口の中の細菌数が増えて、感染・重症化のリスクを高めるため注意が必要です。

お口の中が不衛生で細菌数が多いと、ウイルスの感染力が増します

適切な衛生管理が行われず、お口の中の細菌数が増加すると、ウイルスの感染力が増すことがわかっています。
新型コロナウイルスをはじめとするウイルスは、「レセプター(受容体)」と結合することによって体内に侵入しますが、コロナウイルス感染のレセプターは舌の粘膜に多く存在するため、特に経口感染への注意が必要となります。舌清掃を含めたお口の衛生管理により、舌やお口の中に汚れを溜めないようにしましょう。

万一感染した場合にも、重症化しにくい

万一新型コロナウイルスに感染した場合、緊急時には人工呼吸器が装着されます。その際、「人工呼吸器関連肺炎」を引き起こしやすくなるため、感染予防はもちろん、重症化するのを防ぐためにも、健康で衛生的な口腔環境を維持することが大切です。

歯周病菌がウイルスへの
感染リスクを高めます

新型コロナウイルスをはじめとするウイルスは、「レセプター(受容体)」と結合することによって体内に侵入しますが、喉やお口の中のレセプターは粘膜で守られています。
しかし、歯周病菌が作り出すタンパク質を分解する酵素(プロテアーゼ)は、粘膜を破壊して体内にウイルスが侵入するのを助けてしまいます。歯周病が進行するほど、お口の中の歯周病菌の数が多くなり、感染リスクも高まります。

歯周病は自覚症状がなく、進行してからでないと発症に気付きにくいため、気付いた頃には進行しているケースも多いです。定期的な受診で早期治療につなげることはもちろん、適切なメインテナンスにより発症させないように努めることが大切です。

感染対策とお口の健康維持にプロフェッショナルケアが重要です

お口の衛生管理の基本は、日々ご自身で行う歯磨きです。しかし、歯磨きがきちんと行われていなかったり、正しく歯磨きが行えていなかったりすると、お口の中の細菌が増えてしまいます。虫歯や歯周病に気付かず放置してしまうことも、お口の細菌数増加を招きます。

ご自身で行うホームケアに加え、定期的なプロフェッショナルケアを行うことにより、徹底した衛生管理が可能になるだけでなく、病気の発症を防ぎます。

プロフェッショナルケアって
何をする?

プロフェッショナルケアとは、PMTCやSRPなどの専門的クリーニングのほか、
お口の状態に合ったホームケアのアドバイス、お口の機能を回復するための指導など、
歯科で行う総合的なケアのことを言い、主に次のようなことを行っていきます。

PMTC

専用の機器や薬剤を用いて、歯面を徹底的に磨き上げます。磨き残しを除去することはもちろん、汚れが付きにくくなり、衛生的な口腔環境を維持しやすくします。

SRP
スケーリング・ルートプレーニング

スケーラー・キュレットなどの器具を使って、歯垢や歯石を除去します。歯石はご自身で除去するのは困難であり、細菌のすみかとなるため、定期的に歯科で除去することが大切です。

ホームケア指導

毎日行っているホームケアの質を高めるため、磨き残しになりやすい箇所を確認しながら、正しいブラッシング法、デンタルフロス・歯間ブラシの使い方などを指導します。

患者様ひとり一人に合った予防プログラムをご提供しています

当院では、プロフェッショナルケアのご提供はもちろん、病気になりやすさを把握する「唾液検査」をはじめ、さまざまなお口の中のデータを取得したうえで、一人ひとりの患者様にオーダーメイドの予防プログラムをご提供しています。

感染症対策はもちろん、長期的にお口の健康を守り、いつまでもご自身の歯で噛めるよう、サポートしてまいります。

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

明石アップル歯科
明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る
加古川アップル歯科
加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ
三宮アップル歯科
三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ
アップル歯科尼崎駅前
アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top