HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 家が火事になりました。

家が火事になりました。

家が火事で燃えていたら、あなたはどうしますか?

お口が火事

1.見ているだけ。

2.燃え尽きたところから修理する

3.火を消す

もちろん3ですよね。

火を消さずに、柱や屋根を修理してもまた燃えてしまうだけです。
家や屋根の修理は、火を消してから修理すれば良いのです。

実は口の中も、家の構造と同じなので、奥歯は家を支える柱、前歯は家の屋根にあたります。
柱が壊れてしまうと、家は傾き、地震が来たら崩れてしまいます。屋根がなければ柱も駄目になります。
歯は通常28本あります。その28本がそれぞれ違った役割をして、お口のなか全体で機能しているのです。
1本歯を失ったところで、自分が感じる違和感は少ないかもしれませんが、お口の中では家の崩壊の第一歩が始まってしまっているのです。
歯が沢山あるうちから、お口の中の崩壊しないよう、しっかり予防しましょう。

あなたにオススメのページ・関連記事

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

家が火事になりました。 | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月31日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ