歯科技工士 水田和則 兵庫県明石市出身

HOME > 先端医療設備 > アップルデンタルラボ > 歯科技工士 水田和則 兵庫県明石市出身

歯科技工士 水田和則について

なぜ歯科技工士なろうと思ったのか。

元々プラモデルなど、物を作るのが好きでした。全く異業種の専門学校を出た後、フラフラしているときに、ふと耳に入ってきたのが歯科技工士という仕事でした。「歯科技工士?」と聞いて、おぼろげながら「歯を作る仕事」程度しかわかっていなかったのですが、なぜか「これだ!」と感じました。おそらく当時の私は「歯科医療を通じて人の役に立てる仕事と思うと、何か誇らしげで、好きな物づくりにも携われる仕事だったのでうってつけだ」と思ったんでしょうね。とにかく、そこに魅力を感じたのがこの仕事を選んだ理由であることは確かです。

技工士になる前の自分

最初はデザインの専門学校に通っていましたが、仕事は全くデザインとは違うものを選んでいました。工場でユンボの組み立てをやったり、精肉店で働いたりしていました。そのうち、「どうせなら自分で選んだ仕事につきたい!」と思いはじめたときに見つけたのがこの歯科技工士という仕事でした。そのまますぐに専門学校の願書を取りに行ったのが、今の自分のはじまりです。

アップルデンタルラボで目差すもの

歯科技工士の資格を取った後、いわゆる「歯科技工所」に就職しました。歯科技工所では、主に保険の補綴物をメインに作っていました。技工所というところは、朝から晩まで模型と歯だけを見ながら黙々と仕事をしていくところです。そこには患者様がどんな方で、どんな要望があるかなど、知る由もありません。それはそれで別に良かったのですが、だんだん欲がでてきて「実際作ったものが、患者さんの口の中で、本当に機能しているんだろうか?」「患者さんは喜んでくれているんだろうか?」という疑問がわいてくるようになりました。そのうち「患者様の生の反応が見てみたい」とか「自分の作ったものが患者様の歯として、しっかり機能しているか確認したい」と思うようになり、気がつけば先輩のつてを辿って、院内技工をやっている歯科医院を探していました。そこで縁があり、お世話になることになったのがこのアップル歯科クリニックです。

ここでは、主に自費の補綴物を中心に作成させてもらっています。通常の技工所とは違い、実際に患者様の声を聞き、カルテを見て、時には直接お話しさせていただくこともあります。これは技工士としては凄いことだと思います。ただ作るだけの技工士ではなく、患者様とDrと対話しながら作るのですから。院内技工のいいところは、このように、患者様・ドクター・技工士が密にコミュニケーションが取れるところだと私は思います。ですから、私達アップル歯科クリニックの技工士は、治療計画から参加し、チーム医療によってより良い補綴物の製作を心がけています。全ては患者様のために。どんなキレイな歯を作ることより、私は患者様に満足していただける歯を作ることを目差します。

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top