アップル歯科クリニックHOME > 自由診療 > 義歯・入れ歯 > コーヌスクローネ義歯の症例

コーヌスクローネ義歯の症例

R.O様

[ドクターコメント]
コーヌスは咬合崩壊という、歯全体が大きく動いてぐらぐらになった状態を止めて、一本一本の歯を長持ちさせる目的で使うことが多くあります。
このケースもそのような状態からスタートして、お手間をおかけすることもありましたが、約1年がかりで治療が終了いたしました。途中治療方法の変更等でお手間をかけることもありましたが、無事に終わってうれしく思っています。
ご自身で取り外しができるので、メインテナンスがしやすいのも、長持ちを考えた上ではメリットの
大きな方法だと思います。

M.K様


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約
コーヌスクローネ義歯の症例

コーヌスクローネ義歯の症例 | 公開日: 2009年8月20日 | 最終更新日: 2017年11月10日 | by 明石アップル歯科



明石アップル歯科の診療について

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療曜日 明石アップル歯科の診療開始時間 9:30 明石アップル歯科の診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ