神戸・明石市歯医者アップル歯科クリニックHOME > アップル歯科の自由診療 > インプラントについて > インプラントってどんな治療?成功率と10年予後が最も長い欠損補綴

インプラントってどんな治療?成功率と10年予後が最も長い欠損補綴

インプラント

簡単にいうと、簡単にいうと、歯の根の代わりに金属を使った人工の歯です。

右の図のように、天然の歯の根にあたる部分を、チタンという親和性(人の体に馴染みやすい)の高い金属を代用に用いる治療方法です。

ブリッジや入れ歯と違い、他の残っている歯に依存せず、天然の歯と同じように単体で歯を保つ事ができるため、最も天然歯に近い治療法と言えます

 

歯が抜けた後の治療法

インプラント
インプラント
インプラント

歯が抜けた後の治療法には、移植等の特殊な要件を満たした治療をのぞくと、インプラント・ブリッジ・入れ歯の三つに分かれます。

予算や本人の意向、その時の状態によって各々治療可能な場合と不可能な場合がありますが、
選択肢として最も多く用いられるのがこの3つです。

インプラント

歯が抜けた後の治療法インプラント

メリット
・噛み心地や機能、見た目が天然歯とほぼ同じ
・周囲の歯に負担がかからない
・長期使用が可能で他の歯の長持ちにも良い

デメリット
・費用がかかる(保険が効かない)
・抜歯と同程度のリスクを伴う手術が必要
・術前、術後の手入れが必要

ブリッジ

歯が抜けた後の治療法 ブリッジ

メリット
・固定式なので違和感が少ない
・つけっぱなしにできる
・保険が適応される(適応外のものある)

デメリット
・健康な歯を削るため両隣の歯が弱くなる
・ブリッジを支える歯にストレスがかかり弱る
・歯と歯ぐきの間に食物が入りやすく不潔
・10年予後は70%程度

入れ歯(義歯)

歯が抜けた後の治療法 入れ歯

メリット
・歯を削らずにすむことが多い
・治療が簡単
・保険が適応される(適応外のものもある)

デメリット
・強い違和感があり、中断者が多い
・歯や歯ぐきが痛みやすく周りの歯の寿命が縮む
・見た目が悪く、精神的なダメージもある
・安定感がなく、そしゃく能力が低い


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-935-4182から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約

明石アップル歯科の診療について 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療時間

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 クリニッククラーク PEPPER 明石アップル歯科のプレミアムフラデー
神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0


このページのトップへ