明石アップル歯科HOME > 自由診療 > 歯並び矯正 > 小児矯正の症例写真

小児矯正の症例写真

T.I様

子どもの頃に、虫歯でこられた患者様です。歯並びが気になっておられたので12歳の頃に矯正治療を開始しました。

before

after

歯並びもキレイになり、歯ブラシ指導の効果もあり昔に比べてブラッシングも上手になりました。まだ成人するまでは安心できませんが、このままよい口腔環境を保ったまま成長していっていただきたいと思います。

拡大装置と抜歯矯正による歯並びの改善

Ⅰ期治療(拡大床による骨格矯正)による叢生の小児矯正


小さい頃から通って頂いている患者様です。大きくなるに連れ、前歯の歯並びが特に気になりだしたということで、ご両親ともカウンセリングにお越しいただき、現状と今後についてしっかりお話させて頂いた結果、矯正治療をスタートすることになりました。


癒合歯や叢生、将来的なリスクを回避する為の拡大装置による小児矯正


子どもの頃から、癒合歯の経過観察と予防でご来院頂いていた患者様です。フッ素や予防に抵抗がなく、虫歯や歯周病に関しては問題なかったのですが、若干叢生ぎみで、上顎前突の傾向がありました。


埋伏過剰歯の抜歯による歯並びの改善


埋伏過剰歯の抜歯症例です。前歯の開きが大きく、歯並びが気になるということで来院されました。 レントゲンとCTで確認したところ、埋伏歯がわかりましたので、抜歯術を行なうことになりました。


小児矯正による埋伏した歯の治療


3歳の頃から通っていただいている患者様です。ご両親が歯が悪かったということで、お子様にはキレイな歯を保って欲しいと、
小さな頃から定期的にお越しくださっていましたが、歯と歯の間隔が狭く、うまく歯が生えてこずに、埋伏したままの歯が数本ありました。


拡大装置と非抜歯による叢生タイプの矯正治療


歯が生えるスペースが小さいことをご説明し、拡大装置を使った非抜歯矯正をご提案しました。


反対咬合の小児矯正の症例


お子様の矯正のご相談に来られました。最初は切端咬合だけだったらしいのですが、反対咬合が酷くなってきたということでご来院されました。


お子様のディープバイト(過蓋咬合)の治療症例


咬み合わせが深く、下の歯が隠れてしまい、食事も食べにくい状態でした。矯正で高さを補正し、その後に歯並びを整え、今歯下の歯も見え咀嚼能力も良い状態になりました。


小帯切除と拡大装置による小児矯正


通常年齢とともに移動する小帯(唇の中央から歯茎に伸びる筋)が上に移動せず、永久歯の真ん中が閉じる事ず前歯に隙歯ができていました。


ムーシールドによる反対咬合の治療


まだ小さかったので、マウスピース型のムーシールドで成長とともに正しい方向に筋肉を促す治療法を施しました。


小帯切除と小児矯正で歯並びを導いたケース


小児矯正と、舌小帯の切除が必要であることを伝えた上で、将来のことも考え矯正を行う事をご決断されました。


3歳児検診の時点で、反対咬合が見つかった患者様


早期に矯正治療を開始することで、正しい成長発育ラインに乗せることをを目的として、ムーシールドを使用しました。



明石アップル歯科へのお問い合わせ 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療時間

診療時間
月火木金:9:30~19:00
水曜:9:30~13:00
土日祝は9:30~17:00迄
※日、祝日診療は医院カレンダーによる
休診日
水曜日午後・日曜日

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0
クリニッククラーク PEPPER 笑顔を作るプロになろう
加古川院のご案内 グループ医院 歯科 加古川 加古川アップル歯科 加古川でも世界水準の治療を

兵庫県加古川市平岡町土山909-33
TEL 078-942-4185

三宮 歯科・三宮アップル歯科のご案内 グループ医院 歯科 三宮 三宮アップル歯科 神戸でも世界水準の治療を

兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2
TEL 078-200-6802

アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 ブランク衛生士復職プロジェクト


このページのトップへ