HOME >  » mikataの記事

第14回夏の「りんご祭り」受付開始

りんご祭2019

今年もやります!夏の恒例「りんご祭り2019」

りんご祭2017

2019年8月21日(水曜日)アップル歯科クリニック夏の恒例、第14回「リンゴ祭り」を開催します。

今回もお子様たちが歯医者を好きになってくれるように、たくさんの催しをご用意しておりますのでお気軽にご参加下さい。(アップルキッズクラブに入っていないお子様でも参加頂けます)

今年のスペシャルゲストはパフォーマー「やまち」さん、ジャグリング・マジック・イリュージョン・バルーンアートなどなど、濃密な内容で盛り上がること間違いなし!見たことのないパフォーマンスにお子様たちもきっと大興奮!

当日は今年も例年通り酷暑が予想されます。冷たいお飲み物やかき氷などはご用意しておりますが、お子様・保護者の皆様もこまめに水分補給を行なって頂けますようお願い致します。

また、屋外での模擬店をご利用の際は、お子様から目を離さないようご注意下さい。

人気イベントのため、ご予約の定員を50名とさせて頂いております。参加ご希望の方はお電話または下記申込書をFAX、もしくは直接医院にてスタッフにお申し付け下さい。


この夏の思い出づくりに歯医者の夏祭りはいかがですか?参加費等はかかりませんのでお誘い合わせの上ご参加下さい。


第14回「夏のりんご祭り」の概要

りんご祭2016
  • 日時:8月21日(水)15:00~17:00
  • 場所:明石アップル歯科(高丘コミュニティセンターへの移動有り)
  • 住所:〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
  • 定員:50名(父兄除く)
  • 参加費無料(模擬店チケット付き)
  • お申し込み・お問い合わせ:078-935-4182
  • ゲストパフォーマー:パフォーマー「やまち」
  • お願い:駐車場の台数に限りがあります。公共交通期間でお越しいただくか、お誘い合わせの上ご来院ください。

アップル歯科クリニックでは、お子様たちが「歯医者嫌い」のまま大人にならないよう、また、大人になる前に予防歯科の習慣を見に付けていただけるよう、「アップルキッズクラブ」を軸としたお子様向けのイベントやお祭りを開催しています。普段診てもらっている歯科医師や歯科衛生士に、治療以外でも触れ合う機会を持つことで、歯医者が怖くない存在、行きたいくなる場所と思っていただくことを目的としています。
アップルキッズクラブの大きなイベントはこの夏の「りんご祭り」と、冬の「アップルクリスマスパーティ」の2つ。いずれも費用無料でお子様に楽しんで頂くことを考えて執り行っています。
欧米の歯科先進国では、お子様たちも当たり前のように予防歯科に通い、歯医者は「むし歯になってから行く場所」ではなく、「むし歯にならないために行く場所」として認識しています。 私達日本人もそうなれるよう、まずはこの明石、大久保町から予防が浸透する一助になればと考えます。この機会に是非お子様たちに「楽しい歯医者」を経験させてあげて下さい。そして「アップル歯科は怖くない」と思って頂ければ本望です。お子様たちの令和最初の夏の思い出の1ページに、歯医者さんでの夏祭りを加えてあげませんか?たくさんのお子様たちのご参加をお待ちしています。


「夏のりんご祭り2019」お申込書

りんご祭2019

ダウンロード・印刷の上FAX(078-935-9757)か次回ご来院時にご持参下さい。


カテゴリー:イベント案内, 新着情報

セラミックの歯について

セラミックの歯の材料

むし歯の治療や審美回復の治療において、天然の歯に最も近い人工歯を再現する素材というと、セラミックが挙げられます。セラミックとは、「陶磁器」や「陶器」という意味で、お皿やコップと同じ焼き物と同じ製法で作られます。もちろん、お皿やコップのようにすぐ割れるようなものではなく、人の持つ噛む力にも耐えうる強度を持っていますので、前歯をはじめとした見た目を考慮した治療に多く使われます。
金属のようなアレルギーの心配もなく、レジン(プラスチック)よりも強度や天然歯の再現性の高いセラミクックは、歯科の治療において審美面・健康面においてメリットの多い材料であると言えます。


セラミックと金属アレルギー

花粉や食物、動物などによるアレルギー患者が増え続ける近年、歯科においては使用する修復物の金属によるアレルギーが問題になることがあります。 歯科用金属でアレルギーを起こす金属というとむし歯治療の後に保険で使用するパラジウム、いわゆる銀歯が代表的なものになります。 1992年、広島大学による調査では、金属アレルギー検査を行った患者529名を対象とした10年間の調査にて、後ろ5年から陽性率が高くなったパラジウムについて、注意が必要であるという考察を出しています。
そのため、金属アレルギーのある患者さんが金属(パラジウムの銀歯)を全てセラミックにやり変える、ノンメタル治療を希望されることがあります。 ノンメタル治療は、金属をつかず白い修復物(セラミックやレジン)による治療を行うため、見た目にも特化したした治療です。セラミックは自由診療となりますので、金属アレルギーの既往がない患者様でも施術が可能なため、審美目的で希望される患者様も少なくありません。ノンメタル治療をご希望の方はお気軽にごご相談ください。

※1)陽性率は前5年の55.2%、後5年では40.2%とやや減少を示した。金属元素毎の陽性率は、パラジウム(Pd)が増加し、ニッケル(Ni)が減少し、チタン(Ti)の陽性率は増加した

レジンとセラミックの違い

歯科用修復物の材料で、セラミックと同じく白い素材で治療する方法に、レジンという素材があります。これはプラスチック系の素材でセラミックほどの強度や見た目の美しさは劣るものの、金属(パラジウム)に比べ目立ちにくいこと、近年の接着技術と素材の向上、むし歯を大きく削る必要がないというメリットから、小さな虫歯の治療に対して使用されることの多い素材となっています。 ただし、レジンとセラミックの決定的な違いの中に「審美性」というものがあります。近年では、適応は限られるものの硬質レジンを使用したCAD&CAM冠という保険で出来る白い歯もありますが、見た目に関してはセラミックのようにバリエーションがないことから、審美性が高いとは言えない仕上がりになることあります。
また、強度はセラミック比べ落ちるため、当院でも割れる・削れるというデメリットを確認しています。

  • 2年経過したレジンの歯
  • 2年経過したセラミックの歯

耐久性について

セラミックの歯がどれぐらい持つかどうかは、その形状や歯科医師・技工士の技術、患者様自身のメインテナンス状況によって異なりますが、その材質から経年変化が少ないこと、汚れがつきにくいことは明らかになってします。そのため、治療歯のみならず、周囲の歯のむし歯や歯周病に対するリスクも軽減することが出来ます。 参考的な数値でいうと、1997年~2013年の14論文を選定・分析した結果、詰め物(インレー・アンレー・オーバーレー)の場合、生存率は5年で95%、10年で91%という結果が出ています(※2)。 もちろん、過去には20年持ったという人もおられますし、歯が抜けるまで使用出来た、生涯使用できたという方もおられます。 一概にセラミックの歯が何年持つかという明言は出来ませんが、治療をしていない天然歯と同じく、長く使うためには毎日のブラッシングと定期的なメインテナンスが重要と言えます。 また、当院ではセラミックの修復物に対し、インレー(詰め物)であれば3年、クラウン(被せ物)であれば5年の間に通常使用で問題が起きれば、追加費用なしで修復の対応をさせて頂いています。

※2)ポーセレン、ガラスセラミックを合わせた全体の生存率は、5年(5,811修復)で95%、10年(2,154修復)で91%

セラミックの歯のQ&A

Q.セラミックの歯は保険は適応されますか?
A.保険が適応されるセラミックはありません。現状では、奥歯の小臼歯に硬質レジン冠(CAD&CAM冠)というものが使用できます。また、7番目の奥歯が全てある場合のみ6番目の大臼歯にもCAD&CAM冠を使用出来ます。ただし、セラミックとは異なりますので、見た目で人工歯と分かる可能性高いもので、割れたり欠ける可能性もセラミックに比べ高くなります。
Q.金属アレルギーでも大丈夫ですか?
A.セラミックの中にも微量ですが金属が使用される場合があります。そのため、まず提携医院もしくは患者様のかかりつけの皮膚科にて金属アレルギーのパッチテストを受けて頂き、問題がない材料を使って治療にあたります。
Q.長年使っていれば着色してきますか?
A.セラミックの特徴として、汚れや着色が少ないことが挙げられます。食器で考えていただければわかりやすいと思いますが、小さなお子様用のプラスチックのお皿などは、ナポリタンやカレーを食べると着色がついてなかなか落ちませんが、陶器のお皿であればさっと洗い流せば汚れや色は落とすことが出来ます。


咬み合わせの治療とは

咬み合わせ治療とは

正しい咬合

歯は通常、成人であれば28本(上下の親知らずを含めると32本)、上顎(あご)と下顎(あご)の歯が噛み合ってお互いの機能しています。 理想的な咬み合わせは上顎1本に対し、下顎2本が咬み合う「一歯対二歯咬合」という状態です(図1)。
とはいえ、正常な咬合でなくても、必ずしも問題があるわけではありません。特に痛みや違和感を覚えず、日常生活に問題がなければ気にすることはありません。 しかし、咬み合わせの問題は年齢と共に現れたり、ある日突然症状が出てくることもあります。咬み合わせの治療は、その症状ごとに対応は異なってきます。 痛みや違和感に対し適切なアプローチをすることで、症状を抑えるだけでなくその原因を排除することを目的として行います。
日常生活の中で、お口の病気はむし歯や歯周病だけではありません。「何かおかしいな」と思ったらまずは歯科医師による診断を受けましょう。

咬み合わせの問題によるトラブル

image
  • 咬合性外傷…咬み合わせにより歯に大きな負担をかけることで歯周組織や顎の骨、歯根膜という歯を覆う膜を傷めてしまします(※1)。
  • 顎関節症…大きな原因としては「顎が痛い」「口が空きにくい」「顎から音がする」等の3つが現れます。そのため、食事や会話に影響することもあります(※2)。
  • 繰り返すむし歯…不正咬合によりブラッシングが難しく、歯垢や歯石が溜まりやすいため細菌が繁殖しやすい口腔内となったり、咬合力により治療後の補綴物の変形が考えられます(※3)。
  • 歯周病…咬合による歯周病の発生は認められていませんが、咬み合わせが悪いと一部の歯に大きな負担がかかり、歯周病の症状を悪化させることがあります(※4)。
  • 歯の欠損…噛みあわせにより歯に大きな負担をかけることで、主に神経のない歯を始めとして、歯の根が割れ、抜歯になる恐れがあります。歯根破折は歯周病、むし歯に次いで3番めに多い歯の喪失原因です(※5)。
  • 治療歯の脱離・破損…強い咬合力や歯ぎしりなどにより、治療歯の補綴物が外れたり割れたりすることがあります(※6)。
  • 咬合関連症…顎の周辺の筋肉は側頭筋とつながっており、肩・背中の筋肉とも密接に関わって来ます。そのため、咬み合わせの問題により肩こり・頭痛・めまい・イライラなどの症状が出ることがあります(※7)。

参考文献

咬み合わせの治療法

咬合性外傷の治療

image

咬合性外傷は歯ぎしりや高さの合っていない歯の修復物などが原因となり、特定の歯に異常な力が加わり続けることによって起こる1次性咬合外傷と、歯周病により歯を支える骨が減少することで、通常の咀嚼程度でも受け止められなくなる二次性咬合性外傷の2つに分けれられます。
治療法はそれぞれの原因に応じて行う対処療法となり、1次性の場合は咬合調整や修復物の調整、やり直し、ナイトガード(マウスピース)による咬合力の緩和などを行っていきます。二次性の場合は原因が歯周病となりますので、歯周病の治療を行い、状態を安定させるとともに、TBI(ブラッシング指導)によるセルフメインテナンスの見直しや、ナイトガードによる咬合力の緩和などを行っていきます


顎関節症の治療

image

一般的にはスプリントというマウスピースによる治療を行います。明らかに原因が不良補綴の場合は、補綴物の調整などを行います。スプリントによる顎関節症の治療は論文でも広く認められています。【参考文献】長谷川 泰陽, 前田 照太, 村松 豪太, 吉村 計宣, 井上 宏(2001).スタビライゼーションスプリントの閉口終末位の安定効果 日本顎関節学会雑誌,13,(3),319-324
咬合調整(歯を削って高さや咬み合わせを調節する)も行うことはありますが、一度削ると元には戻りませんので、初期治療での咬合調整は基本的には行わないことが多いです。
場合によっては開口訓練などのご提案も致します。


繰り返すむし歯の治療

むし歯を繰り返すには原因があります。主に考えられるのは、不正咬合による清掃不良や歯の修復物の劣化による不適合、セルフメインテナンス不良などです。 このうち不正咬合が原因であれば、歯列矯正が有効な場合があります。その場合必要に応じて歯列矯正をご提案することもあります。
修復物の劣化も咬み合わせの強さによる影響が考えられます。これに関してはナイトガードやスプリントなどのマウスピースによる予防を行います。

image

咬み合わせに関わる歯周病の治療

image

咬み合わせが関わる歯周病としては、2次性の咬合性外傷が考えられます。また、咬み合わせにより歯の一部に大きな負担がかかり、歯周病を悪化させるおそれがあることも分かっています。そのため、歯周病の治療(スケーリングやSRPによる歯垢・歯石の除去)の他に、原因となった咬み合わせの状態を改善する治療を行います。
治療法は咬合の状態によって異なりますが、マウスピースや不良補綴のやり直し、咬合調整などが考えられます。


歯の欠損の治療

image

咬み合わせが悪いと、最悪の場合歯を欠損(歯を失う)することがあります。歯を失った後、そのまま放置してしまうと、歯を失った隣り合う歯や噛み合う歯は支えを失い、抜歯空隙による変位が始まり、やがて『フレアアウト』という写真のような状態になりかねます。

欠損治療にはインプラント・ブリッジ・義歯の3つが選択肢となりますが、抜歯の原因に咬み合わせが関わっている場合、その咬合力を検討して治療法を選ぶことが隣在歯や他の歯を守る予防策になります。

欠損補綴

治療歯の脱離・破損

image

むし歯の治療が正常に行われていても、咬合力の強さにより、修復物が変形したり脱離(取れる)することもあります。この場合、修復物の高さを調整したり、修復物の材料・形状を見直す必要があります。脱離や変形、破損を放置していまうと、その場所は特に虫歯菌が溜まりやすい巣窟となり、二次カリエスの原因となります。むし歯を繰り返すとその都度歯を削る必要があり、どんどん歯質を失ってしまい、最終的には抜歯へと向かう負のループを招いてしまいます。また、むし歯になるのは修復物をしていた歯意外の歯にも大いに可能性がありますので、取れたり・割れたり、隙間を感じたらすぐに歯科に事が大切です。


咬合関連症

image

咬み合わせに関連して起こるのが肩こり・頭痛・めまい・イライラなどの症状です【参考文献】(咬合と全身の機能との関係)。これは顎の筋肉とつながっている筋肉や、それらをかばおうとして起こる筋肉の緊張、噛み締めによるバランスなどが考えられます。歯科ではこれらの咬合関連症の治療を目的とした治療はできません。しかし、咬み合わせの問題を解決することで、偶発的にこれらが改善することは論文などでも確認されています。肩こりや頭痛が続いてお悩みの方、歯切りしや強い食いしばりはありませんか?咬み合わせをスプリント等で治療することでそれらの悩みが改善される可能性はあります。【参考文献】和田賢一(2003). 原著論文 咬み合わせと姿勢 咬み合わせの科学


カテゴリー:咬合治療

貸し切り歯医者

短期集中歯科治療

通常、歯科医院の治療においては15〜30分のご予約が一般的です。中には、保険の場合は15分程度という歯科医院も少なくありません。アップル歯科では、患者様一人ひとりに丁寧な治療を提供するため、保険治療で30〜45分、自由診療では1時間と、きちんと時間をお取りして治療を行っております。しかし、これだけきちんと時間を取ったからといって、「治療期間が短縮」されるわけではありません。治療期間を短縮するためには、通常2〜3回かけて行う治療を1回にまとめる必要があるのです。これを可能としたのがアップル歯科の「貸し切り歯医者」です。

特別診療を行う歯科医師

貸し切り歯医者で出来ること

  • ・治療期間の短縮
  • ・治療回数の削減
  • ・鎮静麻酔による治療

貸し切り歯医者のデメリットやリスク

  • ・保険が効かない自由診療であるため費用がかかる
  • ・1回の治療の時間が長くなる
  • ・場合によっては鎮静麻酔(別途費用が必要)が必要な方もいる

貸し切り歯医者の費用

治療の進行 1回の治療時間 治療費用
2倍速治療
※1日2時間歯科医師貸し切り
2時間 40,000円+治療費+税
4倍速治療
※1日4時間歯科医師貸し切り
4時間 80,000円+治療費+税
8倍速治療
※1日8時間歯科医師貸し切り
8時間 160,000円+治療費+税
別途鎮静麻酔
※歯科麻酔を手配した場合
100,000円〜+税
※内容に応じてお見積りします

※倍速は実際の治療の期間を指すものではありません。1コマを60分として1回にかける費用です。(2時間=2倍速)


カテゴリー:短期集中歯科治療

CTやマイクロスコープを用いた精密根管治療

マイクロスコープ

歯科での細かい作業を行う場合、肉眼では見えるものに限界があります。 特に歯髄の入っている部分はとても細く、細い歯髄や、歯髄から枝分かれしている管を見逃してしまうことがあります。 下顎の奥歯に歯髄の細い枝分かれがある確率は、20〜39歳では50%もあるとの研究結果が出ています。(参考文献:A microcomputed tomographic study of canal isthmuses in the mesial root of mandibular first molars in a Chinese population
このような部分の組織が残ってしまうと、そこから菌が増殖し、痛みが出る原因となったり、骨の中に膿の袋ができてしまうことに繋がります。

当院で行う精密根管治療では、CT撮影により、3次元的に歯の神経の位置を調べたり、マイクロスコープを用いて神経の管を探し出すことで、このような治療後に感染を残す可能性を減らすことができます。
従来行われていた根管治療に、最新の器具、技術を合わせ用いることで、より精度の高い治療が提供できるようになりました。


CT画像

CTを用い根管の形態について知ることは、根管治療の成功率に優位に影響するという研究結果も出ています。(独自のマイクロCT研究および上顎臼歯の内外の解剖学的構造に関するメタアナリシス-歯内治療に対する意義-より)


ラバーダムを用いた、精密根管治療

ラバーダム

根管治療を行う際に、器具についている菌や、唾液の中に混ざっているばい菌が、根っこの中に入り込んでしまうことがあります。 当院では、完全滅菌した器具や、使い捨ての器具を用いることで、治療中に感染を起こすリスクを軽減しています。 また、ラバーダムと呼ばれる薄いゴムのシートを歯の周りに装着することで、唾液などの感染の原因が治療部位に触れないように守ることができます。
このような感染を防ぐ処置をすることで、治療後の感染を再発させるリスクを大幅に軽減できます。 日本歯内療法学会のガイドラインでも、根管治療の際にはラバーダム防湿を行うことを推奨しています。


カテゴリー:精密根管治療

2019年ゴールデンウィークの診療について

誠に勝手ながらゴールデンウィーク期間中、当院では下記のとおりの診療とさせていただきます。

ゴールデンウィークは下記の通り3日間のお休みをいただきます。(日曜定休)

ゴールデンウィークの診療について

2019年4月30日(火)5月1日(水)2日(木)はお休みとさせて頂きます。

2019年5月の日曜診療は5月12日19日の2日間となります

※祝日診療中の診療時間は通常通りとなります(月・金9:30〜19:00、土9:30〜17:00)

■休日歯科急病センターのお知らせ

明石市総合福祉センター内休日歯科急病センター

診療科目 歯科(応急診療のみ)

受付時間 日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する日

診療時間 午前10時~午後2時
※健康保険証は必ず持参してください。

〒673-0037
明石市貴崎1丁目5番13号
明石市立総合福祉センター2階
電話 078-918-5664



カテゴリー:新着情報

2019年度入社式

新入社員

2019年4月9日、昨日までの寒の戻りが嘘のようにポカポカと温かい日差しが溢れる中、明石アップル歯科(兵庫県明石市)にて医療法人社団アップル歯科クリニック 2019年度の新入社員入社式を執り行ないました。

2018年度の16人に続き、平成最後の入社式、今年度も13人の医療人がアップル歯科クリニックの仲間として加わってくれました。
歯科医師は大学で研究と研鑽を積んできた口腔外科医からこれからアップル歯科で歯科医師としてのスタートを切る臨床研修医まで総勢6名、たくさんの医院の中から当院を選んでくれた新卒衛生士4名、たくさんあるラボの中からセラミックやインプラント等の審美補綴作成を希望し、且つ患者さん接する機会のある院内ラボとしてアップルを選んでくれた歯科技工士2名、医療系の専門学校を経て当院に歯科医療スタッフとして加わってくれる歯科助手・受付1名の合計13名、皆さん志の高いスタッフが集まってくれました。

この内、明石アップル歯科には歯科医師3名(鰐渕先生、西森先生。内藤先生)、歯科衛生士1名(吉岡)、歯科技工士1名(下間)が配属される予定です。全員モチベーションも高く、優秀な人財ばかりです。

これから始まる令和の時代のアップル歯科を支えてもらうべく、しっかりとした指導の下、皆様に愛されるスタッフを目指し、研鑽を積んでもらいます。


今後彼らは、助手学校という診療前の教育プログラムを受け、アップル歯科のスタッフの一員として恥ずかしくない水準の知識と接遇を身に着けてから、皆さんの歯の健康のお手伝いをさせていただきます。皆様とお顔を合わすまではもうしばらくお時間をいただきますが、しっかり教育をしてから診療にあたらせていただきます。その後は自信を持って出来ることから皆様のお口に携わらせて頂きます。 まだまだ辿々しいところもあるかもしれませんが、責任を持って指導並びに確認を行いますので、治療に関しては安心してお任せ頂ければと思います。


異動のお知らせ

歯科医師 西端大祐 配置転換のお知らせ

2018年3月を持ちまして、歯科医師の西端大祐は、三宮アップル歯科へ異動となりましたのでお知らせ致します。担当させていただきました患者様に関しましては、引継ぎは充分に行なっておりますが、伝達不足やご不明な点がありましたら何なりとお申し付け下さい。


歯科医師 上田佑香 復帰のお知らせ

また、4月より育児休業を終え、前副院長の上田が非常勤として復帰致します。お待ち頂いております患者様には順にお知らせいたしますので、ご予約の上ご来院頂ければと思います。また、上田の治療は三宮アップル歯科でも受診いただくことも可能です。詳しくはスタッフまでおたずね下さい。


今年度も明石アップル歯科をよろしくお願い致します。


カテゴリー:新着情報

親知らずの抜歯について

親知らずとは

親知らずとは1番前の前歯から数えて8番目の歯、最も後方にある歯のことを言い、第三大臼歯や智歯と言います。親知らずの存在の有無、できる時期、はえてくる時期には個人差があり、また上下左右4本必ずとも全てはえてくるわけではありません。親知らずがもともとない人、埋まっている人、真横や斜めに傾いてはえている人、大きさなど様々で、原因として人類の進化の途中で親知らずである第三大臼歯が退化傾向になったことで存在の有無、はえる位置、大きさなどが人それぞれ違うことが挙げられます。


親知らずの萠出・埋伏率

表1 智歯の存在率 智歯の萌出率(はえてくる率) 智歯の埋伏率
男性 上顎79% 下顎85% 上顎75% 下顎76% 上顎6% 下顎10%
女性 上顎74% 下顎82% 上顎68% 下顎77% 上顎6% 下顎9%

※表1)歯の出現,発育,萠出の時期と頻度について

親知らずは真っ直ぐはえてこない事が多いですが、全ての親知らずを抜かないといけないわけではなはありません。当院では以下のような状態の場合、抜歯はお薦めしないこともあります。

  • 上下まっすぐきちんとはえていてかみ合っている
  • 顎骨に完全に埋まっている

以上のような場合は抜歯の必要はありません。ただし、親知らずは自身では見えにくく、見えていなくても歯肉の中で横を向いていたりむし歯になっていたり、隣接する歯に影響していることもあります。ご自身で判断せずに一度歯科医院にてレントゲンで確認していただくことをお薦めします。

親知らずからくる疾患

以下のような状態になった場合は、抜歯をする必要があります。親知らずはその名の通り、乳児期にはえる歯ではないため、親もしらない歯ということから「親知らず」と名のついた歯です。気がつけばはえ始め、気がつけばむし歯になっていたということも多々ありますので、少しでも気になったら早めにご相談にお越し下さい。

智歯周囲炎
親知らずがまっすぐはえておらずまた歯肉が一部かぶさっていたりすると歯磨きがしにくく不潔になり周りの歯肉に炎症を起こしやすくなります。このような状態を智歯周囲炎と言います。周りの歯肉が腫れたり炎症は広がると口を開きにくくなる事があります。
虫歯
智歯周囲炎の時と同様、歯磨きがしにくく親知らずに虫歯ができたりまた親知らずと手前の大臼歯との間に虫歯ができたりします。
歯並びの不正
真横にはえている親知らずが手前の歯を押して歯並びが悪くなる時もあります。 しかし全てが歯並びに悪影響を及ぼしているわけではなく矯正の際に親知らずを使う場合もあります。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯は、そのはえ方によって施術方法は異なってきます。当院には親知らずの抜歯経験が豊富な歯科口腔外科出身の歯科医師が複数おりますので、多少難しい抜歯でも対応可能ですが、下顎については下顎管という大きな神経も通っているため、安易に抜歯すると麻痺が起こることあります。そのため、当院では歯科用CT(親知らずの抜歯に関しては保険適応可)を用いて、そのはえ方、下顎管の位置や距離を確認した上で施術方法を検討し、下顎管に近い場合などは入院設備のある病院にご紹介という形を取らせて頂いております。


親知らずの抜歯の手順

image

① 下顎の親知らずは、横向きに歯茎の中に埋まっているケースが多いです。深い位置にあると神経管に近くなり難しい抜歯になります。歯茎に埋まっている場合は歯茎を切開します。


image

② 骨の中に埋まっている歯が見えてくるので、歯の周囲の骨を削りとります。


image

③ 歯の頭(歯冠)と根っこ(歯根)の部分を削りこんで分離します。頭の部分を器具で取り出します。


image

④ っこの部分を器具で取り出しますが、根っこが複数ある場合は根っこの部分も分割してバラバラにします。


image

⑤ 抜いた穴の部分を掃除して、切開した歯茎を閉じて止血して終わります。痛みは2〜3日程度が多いと思います。腫れは3〜7日間程度が多いです。



カテゴリー:歯科口腔外科

SMSの発信番号が変わります(docomo・au)

予約確認サービス

2019年2月13日以降、明石アップル歯科の予約確認サービスSMSの発信番号が変わります。

スマホ

今回の変更は、当院の予約確認サービスをSMS(ショートメッセージサービス)をお選びになられた方のみの変更となります。

昨年12月の変更からわずか2ヶ月の変更となり、大変ご迷惑をおかけしますが、以後この番号からのSMSを受信頂けますよう、ご協力をよろしくお願い致します。
今後、dobomo・au、Y!mobileなどのMVNO(一部を除く)をお使いの患者様に対しては、当院の代表番号「078-935-4182」からの発信となります。
これ以上の発信番号変更をなくすための変更となりますので、何卒ご了承頂けますようよろしくお願い致します。

2019年2月12日までの発信番号

docomo au ✕050-8880-0146

Softbank ✕22885

Y!mobileなどのMVNO ✕090-7013-3024・3376・3762

2019年2月13日以降の発信番号

docomo au ◎078-935-4182

Softbank ◎241022

Y!mobileなどのMVNO ◎078-935-4182


お手数ですが、ご登録頂いております患者様は、番号の変更をよろしくお願い致します。

お詫び

2019年2月12日に、こちらのお知らせにて「docomo・auのみ」を対象として番号変更のアナウンスをお知らせいたしましたが、その後予約確認サービスのシステム提供元の手違いにより、Softbank・Y!mobileなどのMVNOをお使いの方におきましても変更があることがわかりました。既に案内を確認されたSoftbank・Y!mobileなどのMVNOをお使いの患者様にはご迷惑をおかけしますが、お手元の端末にご登録されておられる場合は番号の変更をお願いたします。


カテゴリー:新着情報

2019年元旦、新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。

年賀

旧年中は治療・予防でたくさんの患者様にご来院頂き、誠にありがとうございました。特に治療でお越しの患者様にとっては、決して行きたい場所ではない歯医者に行くのは、最初は嫌な方もおられたかと思います。

当院では、痛みに対する配慮をし、怖くない歯科を目指し治療にあたっておりますが、お困りのことはございませんでしたでしょうか?

予防においては、産休・育休に入ったスタッフも多く、担当が変更しご迷惑をおかけしたこともあるかと思います。それでも通院を続けていただいた多くの患者様に心よりお礼申し上げます。

2019年もますます研鑽に励み、可能な限り患者様にとって負担の少ない、室の良い治療・予防ができるよう努めてまいりたいと思います。

2018年は、高気圧酸素ルームや電子マネー決済システム、新たなインプラントメーカーなど、様々な設備の導入を始めとして、治療・接遇に関してより患者様が使いやすい歯科を目指して拡張を続けてきました。
2019年はまず人の成長、ドクターの治療技術の向上や新しい治療技術の導入を考え動き始めております。
具体的なところではマウスピース矯正の強化や、歯を少しでも長く持たせるための治療技術の院内セミナー、インプラントの治療技術の底上げのための勉強会などが既に決まっております。
更に口腔外科出身のドクターを初めとした歯科医師・衛生士の増員など、新たな技術を持った人の拡充も決定いたしました。
もちろん設備に関しても、更に患者様が通いたくなるような歯科を目指し、拡張を図る予定です。

2018年の歩み

高気圧酸素ルーム導入
バレンタインイベント
16名の仲間が増えました

計4名が産休・育休へ
接遇セミナーを受講しました
マニュアル・医療安全セミナー

モバイルバッテリー充電コーナー
ドリンクコーナーリニューアル
雑誌読み放題アプリ導入

治療・設備・接遇、全てにおいて患者様が安心して通える歯科を目指し、スタッフ一同邁進して参りますので、2019年度も明石アップル歯科をよろしくお願いいたします。
本年は痛を伴う治療ではなく、歯を守るための予防で笑顔で通って頂ける患者様が増えることを、心より願います。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

医療法人社団アップル歯科クリニック
理事長 吉見哲朗
明石アップル歯科
院長 今井佑輔


カテゴリー:新着情報

2018XmasParty、大盛況で終了しました

アップルクリスマスポスター

【第13回】Apple Xmas party!今年も大盛況でした!

クリスマスツリー

今年はクリスマスツリー作りにみんな熱中!

2018年12月19日(水曜日)、今年もアップル歯科クリニック恒例のクリスマスパーティを開催致しました。今年の目玉はオリジナルクリスマスツリー作り。当初はリースかツリーの好きな方を作ってもらう予定でしたが、急遽ツリー一本に統一(申し訳ございませんm(_ _)m) 小さなお子様でも出来る簡単なツリーづくりで、思い思いの自分の作品に集中して取り組んでくれました。出来上がったツリーはお家に持って帰って今年のクリスマス飾りの仲間入りです。もちろん恒例のアップルサンタも登場です。今年のサンタはちょっと若目で男前?なサンタさん。お菓子のプレゼントをもらったり、楽しい時間を過ごすことが出来ました。一部終了後のお子様の居場所について、至らなかった点もあり、ご迷惑とご心配をおかけし、大変申し訳ございませんでした。反省し、来年以降のキッズパーティに活かしたいと思います。
また、お寒い中お子様たちをアップルクリスマスパーティにご引率頂いた保護者の皆様、ご協力誠にありがとうございました。


アップルクリスマスパーティ2018概要

申込書

アップルクリスマスパーティはアップル歯科が開院2年目ぐらいから始めたお子様向けのキッズイベントです。当初から、参加費無料で楽しんでもらえるようなイベントをスタッフ皆で作り上げてきました。
アップル歯科がこのようなイベントを開催する理由は一つです。それはお子様たちに歯医者さんが怖いところじゃないとわかってもらうことです。歯医者嫌いの大人の多くは、小さな頃の怖くて痛い歯医者さんの思い出がトラウマになって歯医者に通えなくなった人がほとんどです。 しかし今はそうとも限りません。当院でも痛みに最大限配慮し、嫌がる治療は無理やりせずに、関係性を築いてから治療を行うよう心がけています。歯医者の治療は削ってしまえばもうもとに戻りません。そのためには痛い治療ではなく予防で通ってもらうことがお子様にとって一番のメリットとなります。「予防で歯医者に通う習慣」私達はこれを最終的なゴールとして、その入口として楽しいイベントを企画しています。お子様の歯の将来のためにも、まずはイベントからで結構です。「楽しい歯医者」さんを教えてあげて下さい。次回の大型イベントは夏のりんご祭りです。多くのアップルキッズが参加してくれるよう、楽しい企画をご用意してお待ちしております。

昨年のApple Xmas Party2017の様子

当日写真1
当日写真2
当日写真3

当日写真4
当日写真5
当日写真6

当日写真7
当日写真8
当日写真9

カテゴリー:イベント案内, 新着情報

診療台に座ったままスマート会計・スマート予約

お急ぎの方へ

お会計とご予約の時間を短縮できます。

スマート会計&スマート予約

チェアサイドで予約

治療が終わり、「次の用事があるので一刻も早く医院を出たい」というご要望に対して、チェアサイドでのご予約・お会計が可能です。 これにより待合室でのお会計・次回のご予約待ちを解消できます。(おおよその短縮時間は5〜10分です)

ご希望の方は、次回ご予約時もしくは来院時に「スマート会計希望」とお申し付け下さい。


スマート会計のご利用条件

  • ・チェアサイドでのお支払いはクレジットカードの場合のみとなります。
  • ・事前にお知らせ頂く必要があります。その際、「●時までに出たい」とお伝え頂けましたら調整いたします。
  • ・混雑時は待合室への移動をお願いすることもございます。可能な限り早急に対応いたします。

※システムトラブルや急患状況などによりご期待に添えないこともございます。迅速な対応には努めますのでご理解いただけますようお願いいたします。

ご予約時に「スマート会計希望」とお申し付け下さい。


カテゴリー:新着情報

【お知らせ】年末年始の診療について

誠に勝手ながら2018年年末から2019年年始の間、当院では下記のとおりの診療とさせていただきます。

■年末年始休診期間

診療カレンダー

■年末年始は下記の通り休診させていただきます。

2018年12月24日(月)天皇誕生日(振替休日)は暦通りお休みとさせて頂きます。

2018年12月31日(月)〜2019年1月3日(木)は誠に勝手ながら休診とさせていただきます。

■休日歯科急病センターのお知らせ

年末年始にかけては、お痛みが出る可能性の高い治療はなるべく避けるようにはしておりますが、当院休診中万が一急なお痛みが出た場合は、明石市の休日歯科急病センターをご利用下さい。

明石市総合福祉センター内休日歯科急病センター

診療科目 歯科(応急診療のみ)

受付時間 年末:2017年12月29日・30日・31日、年始:2018年1月1日・2日・3日

診療時間 午前10時~午後2時
※健康保険証は必ず持参してください。

〒673-0037
明石市貴崎1丁目5番13号
明石市立総合福祉センター2階
電話 078-918-5664


カテゴリー:新着情報

【イベント】アップルXmasパーティ2018 受付開始

ポスター

【第13回】今年もやります!Apple Xmas party!

リースとツリー

今年はクリスマスリースorツリー作り

2018年12月19日(水曜日)、今年もアップル歯科クリニック恒例のクリスマスパーティを開催致します!今年も昨年に引き続き「見て楽しむ」だけではなく「体験して楽しむ」クリスマス会を計画しました。

今年の「体験」はクリスマスリースorクリスマスツリー作り。ご自宅のクリスマス飾りの一つに、今年はお子様手作りのリースorツリーを加えてみませんか?

最後は恒例のアップルサンタさんからのプレゼントもご用意しています。アップル歯科クリニック今年最後(平成最後?)のキッズイベント。このイベントを通じて、お子様が「歯医者は楽しい場所」と思っていただくことが目的です。もちろん費用はもちろんかかりません。お子様の今年の冬の思い出に、歯医者のクリスマスパーティはいかがでしょうか?


アップルクリスマスパーティ2018申込書

申込書

参加ご希望の方は、下記のお申込み書にご記入の上、FAXまたはご来院時にお越し下さい。院内にも申込書はご用意しておりますのでご来院時にご記入いただいても結構です。
※FAXの場合は念のため到着確認のお電話をお願いします。
お電話にて仮予約も可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。
Happy Merry X’mas!

当日は駐車場の混雑が予想されます。公共交通機関、もしくはお誘い併せの上お越しいただけますようお願い致します。周辺施設への無断駐車は、今後のイベント運営に差し支えますのでくれぐれもご遠慮ください。

お申込み・お問合せ

TEL 078-935-4182 ※お問い合わせ(お申込みも可能です)
FAX 078-935-9757 ※FAXお申し込み時(申込用紙をダウンロードして下さい。)

参加費 無料

場所 明石アップル歯科(明石市大久保町高丘3-3-1)
※人数に限りがございますので参加ご希望の方はお早めにご連絡下さい。定員に達し次第受付終了とさせて頂きます。
※参加ご予約の上お越しいただくことが出来たなくなった場合は、お手数ですがご一報いただけますようお願い致します。

昨年のApple Xmas Party2017の様子

image1
image2
image3

image4
image5
image6

image7
image8
image9

カテゴリー:イベント案内, 新着情報

精密根管治療のQ&A

Q.通常の根管治療と精密根管治療は、具体的には何が違うの?
A.具体的にいうと、道具・薬品や材料・治療にかける時間が違います。精密根管治療では、保険の制度内で行う根管治療では使用するのが難しい材料を用い、マイクロスコープやCTなどの機材を用いて時間と手間をかけて治療を提供することができます。日本の保険制度の枠で治療を行うとなると、どうしても、最新の研究により開発された材料を使用するのがコストの面で難しくなるため、何十年も前から行われている、昔と同じ決まった治療を行うしかありません。(決して手を抜いているわけではなく、限られた時間と材料でできる限りの治療は行います)
精密根管治療では、使用する材料に制限がないため、より高い効果を発揮する材料を使用することができます。また、根管治療では細い針状の器具を用いて治療を行いますが、器具の先端が破折し、根管の中から取れなくなってしまうことがあります。これにより、感染の除去が不十分になり、治療が終わった後に炎症の原因となっることがあるのですが、精密根管治療ではこの器具を患者様ごとに別で揃えることができるので、ディスポーザブル(使い捨て)の器具が使用できます。そのため、何度も滅菌を繰り返している器具を使用する場合と比べ、破折のリスクを軽減させることができます。
複雑な形態の歯の治療を行う場合は、歯に穴を開けてしまったり、細い根管の見落とし防止、歯質を削り過ぎないようにマイクロスコープを用いたり、CTでの分析を行い、丁寧な治療を行うことで歯の寿命が確率的に伸びる治療を提供することが可能となります。
Q.ラバーダムって何?本当に必要なの?
A.ラバーダムは、治療する歯に唾液や汚れが入らないように塞ぎ、舌や頰の粘膜を傷つけないよう守り、お口の中に、治療で用いる薬品や器具が入ってしまうのを防ぐために、治療する歯の周りにつけるゴムの膜です。治療終了後に歯を残していくためには、感染をできるだけ除去することがポイントとなります。せっかく感染を除去しても、唾液が歯に触れると再び感染を起こしてしまうので、治療の効果が薄れてしまいます。そのため、ラバーダムを用いて、感染のリスクを低減することが、治療の成功につながるのです。ラバーダム防湿を行うことで、治療の成果に差が出るという研究結果は多く報告されています。(※1)
Q.根っこの治療する時は、歯をそんなにたくさん削らないといけないの?
A.虫歯の治療や、歯の神経の治療を行う際に、どうしても避けることができないのは、歯を削るという工程です。
感染した歯質には細菌が含まれていて、これを取り残すと、そこから感染が拡大し、歯が溶かされて脆くなったり、炎症を起こして痛みがでます。
これを防ぐため、感染している歯質を削り取る必要があります。
特に、歯の神経の部分が感染している場合は、感染歯髄をすべて取り除く必要があるのですが、そのために、感染していない部分も削らなければ、治療に使う器具が入れられないので、どうしても歯質を削る量が多くなってしまいます。
歯質をあまり削らずに済ますには、虫歯の早期発見、早期治療を行うことが大切です。
Q.神経抜いたのにどうして痛くなるの?
A.歯の神経の治療には治療中、治療後に痛みを伴うことが少なくありません。
神経の治療といっても、大きく分けると二種類あります。1つは、歯髄と呼ばれる根っこの中の神経が炎症を起こしている場合。もう1つは、歯髄が感染により壊死し、その結果、根の先に感染した組織が作られている場合です。歯髄の炎症の場合は、一回の治療では、完全に歯髄を取りきれてないことが多いです。そのため、残っている部分が感染していたり、歯髄を切断した部分から出血がある場合は、治療の後も痛みが続くことや、痛みがひどくなる場合もあります。この場合は神経の治療が進むに連れ、痛みが引いて来ます。また、残っている神経をとると痛みが発生するため、治療の時に麻酔を用いることがあります。歯髄が壊死したのち、根っこの先に感染が起きている場合は、感染している組織を除去し、根っこの先を薬剤を用いて洗浄することで、細菌を取り除くことで治療を行います。根っこの先の炎症が消えるには期間がかかるので、痛みが続くことが多いです。
Q.根っこの先まで触れないと言われました。どういう意味?
A.歯は人の体の一部なので、形に個人差があります。特に、奥歯の根っこが多い歯は、神経の管の数が違ったり、途中で枝分かれしていたり、根っこがうねうねと曲がっていることもあります。そういった、複雑な形をしている根っこの治療を行うとき、根っこの先端まで金属の細い針状の器具が入っていかない場合があります。また、神経が壊死して時間が経っている時は神経の入っていた部分が石灰化して硬くなり穴がふさがっている場合があります。すでに一度神経の治療をしている歯の場合は、治療の時に根っこ方向とは違う向きに穴が空いていることもあり、そういった場合には、器具を入れたい方向とは違う向きに誘導されてしまい、治療を行うのが困難な場合もあります。
以上のように、根っこの先まで器具が入らない時は、治療後に感染が残り炎症が再発する可能性が高いです。全ての症例で、確実に根っこの先まで治療することはできませんが、マイクロスコープやCTを用いたり、感染を再び起こしにくいような環境を作って治療することで、治療の成功率を上げることができます。

※1 参考文献:Van Nieuwenhuysen JP,Aouar M,D’HooreW


カテゴリー:精密根管治療

静脈内鎮静法について

歯科治療には怖い、痛いなど不安を持って来院される患者さんも多くいらっしゃいます。そんな不安緊張などを薬の力を使って最小限にして治療を受けてもらう方法が鎮静法です。笑気ガスを使用するのが吸入鎮静、点滴から薬を投与するのが静脈内鎮静法です。 治療中の音、振動、臭い、雰囲気が嫌だという患者さんにとってそういった不快感が軽減できるかと思います。全身麻酔とは違うため、意識は少し残る状態で行います。


静脈内鎮静のメリットデメリット

メリット

  • 過度な緊張が和らいだ状態で治療が受けられる。
  • 痛みによって起こる迷走神経反射(治療中意識を失う)や緊張で起こる過換気症候群などの偶発症の予防につながる。
  • 薬の種類によっては健忘作用(麻酔中の記憶を忘れてしまう)を期待できる。
  • 意識は残るので呼吸が浅くなったりしにくい。
  • 嘔吐反射(オぇと、もどすようになる感覚)などの反射が少なくなる。
  • 血圧や何か体の変化にも点滴の薬にてすぐに対応できる。

デメリット

  • 点滴が必要になる。
  • 麻酔が効きやすい人は意図せず眠ってしまうことがある。
  • 嘔吐反射等は完全には消すことが難しい。
  • 薬が体に合わない場合は、気分不良や嘔吐したりする可能性がある。
  • 妊娠中の方、睡眠時無呼吸症重度の方は行えない。
  • 呼吸が浅くなることがある。

静脈内鎮静法を使用した施術時の注意点

  1. 一時的に深鎮静になるので、誤嚥(気管に異物が入ってしまう)のリスクがあるので術前飲水食事摂取制限があります。
  2. 2時間前まで :水 お茶
  3. 8時間前まで :食事
     ①一回の処置で2〜3時間程度になります。
     ②術後、眠気やふらつきが生じることがありますので、来院には公共交通機関やタクシー、お迎えに来ていただいております。(自家用車の運転等は危険を伴いますのでお断りしております。)

カテゴリー:短期集中歯科治療

歯科口腔外科のQ&A

Q.顎の周辺が腫れてきて心配です。歯科の病気でしょうか?
A.顎が腫れる原因は様々ですが、虫歯や歯周病が原因のことも多いです。通常、虫歯や歯周病で細菌感染が認められた時、ひどくなると周囲の歯茎にできものができることが多いですが、膿のたまり方から皮膚の方に広がることがあります。膿を出して、原因の歯を治療すると治っていきます。ただし、大きくなると、治癒した後瘢痕(形が残る)が残る可能性があります。早めに歯科受診を勧めます。
Q.ぶつけて歯が抜けたのですがどうしたらいいですか?
A.事故や怪我で顔面をぶつけて、歯が折れたり、抜けてしまわれる方がいらっしゃいます。完全に抜けてしまった場合、抜けてからの時間と保存しておく状態にもよりますが、受傷後30分以内の受診が望ましいです。時間が経つに連れて、元に戻せる可能性は下がってきます。保存は、塩水(生理食塩水、水に食塩入れていただき、鼻水くらいの塩加減に調整してください)牛乳でも結構です。乾燥させないようにしてください。歯の位置がずれた場合、元の位置に戻せる場合も多いので、早めの受診をお願いいたします。折れた場合も同様にくっつけれることもありますので、早めの受診を勧めます。
Q.親知らずの抜歯は痛いですか?腫れますか?
A.抜歯の痛みや腫れを気にされる方は多いです。抜歯中は麻酔を効かせますので、お痛み感じることは少ないと思います。術後、一般的に上顎の親知らずは痛く無いことが多いですが、下顎の親知らずは痛みを感じる方が上顎に比べて多いです。実際私自身も、口腔外科で抜歯していただいた経験がありますが、術後2週間は痛みがあったのを覚えています。腫れは1週間程度で落ち着くと思います。ただし、歯の埋まっている深さ、骨を触る必要があるのか、抜歯時間、術前の炎症具合と様々な要因がありますので一概に痛いです、痛く無いは、個人差が大きいです。抜歯後は痛み止めを処方しますので、痛みのあるときは処方時に説明を受けた用法用量を守ってご使用ください。
Q.口内炎のようなものが治りません。ガンでしょうか。
A.口腔内の出来物が治らないのは気にされて当然かと思います。口内炎は実はいまだにはっきりとその原因が解明されていない病気です。粘膜に傷ができ細菌感染したか、全身的な栄養状態や免疫力不足、薬の副作用などいろんなことが言われおり、実際あらゆる可能性があると思います。基本的に口内炎は治る病気ですが、癌などの腫瘍と言われるものは、広がっていくことが多く、悪性の場合は進むのが早いとされています。白く白斑になってくるものや、潰瘍(じゅくじゅくっとした傷跡)を作るもの、粘膜の内部にしこりができてきたり、口内炎のようにみえるものもあります。見た目である程度判別つく場合もありますが、難しい場合もあります。気になる場合はお早めに受診してください。悪性の可能性がある場合はしかるべき病院にご紹介させていただきます

カテゴリー:歯科口腔外科

歯ぎしりについて

ブラキシズム(歯ぎしり)

image

睡眠中「ギリギリ」と不快な音を出してしまう人といえば、頭に浮かぶ人もいるのではないでしょうか?この「ギリギリ」を歯科ではブラキシズムと言い、歯を悪くする原因の一つでもあります。実はこのブラキシズム、就寝中のみと考えている人も多いようですが、日中も日常的に起こっているケースがあります。歯牙接触癖(Tooth Contacting Habit)と言い、睡眠中の歯ぎしりと同じく、歯を噛みしめることにより歯や歯を支える骨にダメージを与えています。
通常、起きているときは上下の歯は当たっていない状態が正常です。食事や発声のとき以外に歯が当たっていると感じたら、ブラキシズムかもしれません。一度歯や歯肉、歯を支える骨に問題がないか、歯科で見てもらいましょう。


歯ぎしりの原因

グラフ

就寝中の歯ぎしりの原因は、実は現在のところ解明されていません。今の所原因として考えられているのが、ストレス・遺伝・飲酒・喫煙・カフェイン・薬の服用などです。ストレスに置いては、「就職面接」「父子喧嘩」「急ぎの仕事」をしているときはブラキシズムが強く起き、「ハワイで休暇」を送っているときはブラキシズムの発生が弱かったという実験データがあります。このことから、ストレスがブラキシズムに関わっていることが考えられます。とはいえ、原因がはっきりわかっていない以上、根治療法(悪くなった原因から取り除く治療)は難しいと言えますが、歯科ではその対処療法を行うことで、ブラキシズムから歯やその周りの組織を守る治療を行います。


※1Rugh JD ,Solberg WK.(1979)Psychological implications in temporomandibular pain and dysfunction.In : Zarb GA, Carlsson GE・eds. Temporomandibular joint function and dysfunction. St, Louis: CV Mosby,239-258

歯ぎしりの弊害

歯ぎしりが強い人は、「ギリギリ」という不快な音を出してしまうだけでなく、自身の歯や身体にも影響を及ぼすことがあります。

■咬合性外傷

咬合性外傷

歯ぎしりや食いしばる力によって、歯、や歯ぐき、歯を支えている骨、顎の関節を負傷する、咬み合わせによる外傷を負う可能性が高くなります。毎晩の歯ぎしりにより、特に失活歯(神経を抜いた歯)などがあれば、その応力によって破折(歯の根にヒビが入る状態)する可能性があります。破折すると多くの場合抜歯せざるを得なくなります。


■補綴物(詰め物や被せ物)の脱離

フィステル

歯の修復物は、金属やセラミックが利用されています。銀歯の場合、その硬さから噛み合う歯を傷めたり、繰り返す歯ぎしりによりズレが生じて、不良補綴となり二次カリエスの原因となることがあります。セラミックの場合は金属に比べて硬さはないため、噛み合う歯への影響は少ないものの、歯ぎしりや食いしばる力により割れたりかけたりすることがあります。


■知覚過敏

歯質

歯ぎしりによってギリギリと上下左右に歯をこすり続けると、歯の表面の組織であるエナメル質が減っていきます。エナメル質がなくなると中には象牙質・歯髄という柔らかい部分が露出し始め、冷たい飲み物や甘い物、歯ブラシ等の刺激によりしみたり痛みを感じることがあります。


■歯のすり減り

咬耗

歯ぎしりには歯を横方向にギリギリと擦り合わせるグライディングと、上下の歯を噛みしめるグライディングがあります。これらを繰り返すことで歯質は徐々にすり減ってしまい、最終的には露髄といって神経が露出してしまい痛みを伴うことにもなり得ます。
また、すり減りだけではなく時には欠けたり歯冠にヒビが入ったり、そこからむし歯になりおそれもあります。歯に入った亀裂はむし歯・歯の審美障害・歯の破折・歯髄疾患などのさまざまな症状を誘発するおそれがあることが分かっています(※2)。「歯が小さくなった」「欠けた」「ヒビのようなものがある」と感じたら早めの受診をお薦めします。


■頭痛・肩こり

補綴物

歯ぎしりは顎を上下・左右に動かす動作を繰り返します。その動作は無意識であっても筋肉を使っています。人が寝ているときの咬合力は、50kg〜100kgと言われており、ある研究では覚醒時思い切り噛む力の116%に相当するという結果も出ています。つまり、それだけの力を顎の筋肉が発揮しているということです。顎の筋肉は、肩や腰の筋肉にも干渉し、それが原因で肩こりや頭痛に関係することが分かっています。また、筋肉を毎日繰り返し使っていると、身体は筋肉質になるように、顎もそれによりエラが張ったり、口の中に骨隆起という力こぶができたりします。


【参考文献】※1 西川啓介 坂東永一 中野雅徳,(1998) 睡眠時ブラキシズムにおける咬合力の研究 補綴誌 42; 740~746
【参考文献】※2 韓 臨麟, 砂田 賢, 岡本 明, 福島 正義, 興地 隆史(2008) エナメル質亀裂の発生状況と関連症状に関する臨床調査 日本歯科保存学雑誌 51(6); 614-621


カテゴリー:咬合治療


診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談 インプラント治療 矯正治療 訪問歯科診療

当院のご案内

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能

特設サイトのご案内

求人募集 PEPPER プレミアムフラデー

フェイスブックページ

インスタグラム

インスタグラム

スタッフブログ



トップへ