痛みを抑える工夫

HOME > 自由診療 > 短期集中歯科治療

短期集中歯科治療【自由診療】

静脈内鎮静法を使った集中治療

眠っているかのような状態でまとめて治療を進めます

  • 一度に主要な治療を終らせるので、一気に短期集中で快適に治療を受けたい方
  • 歯科恐怖症の(局所麻酔が苦手、治療の音が苦手など)ある方
  • 歯医者が嫌いで歯科治療を敬遠されておられる方

眠っているような状態で治療を行うため、あっという間に終ったと思えます。通常の治療が行えない方に、快適さと満足を提供するための治療です。

短期集中歯科治療は、痛みを伴う治療をまとめて行う治療であり、すべての治療が1日で終わるというものではりません。

治療に関してもセラミック矯正とは違い、一日で咬み合わせを変えるようなものではありません

当院では、咬み合わせの伴わない治療やや将来の歯の健康を考慮しないセラミック矯正はお受けすることはできませんが、咬み合わせや将来的に長持ちすることを前提とした治療であれば、短期集中歯科治療と合わせて、治療期間の短縮を図ることは可能です。

短期集中歯科治療は、麻酔+歯科医師の拘束時間に応じた費用+補綴(治療)代をお見積りにてご提示致します。カウンセリングを通じて患者様ごとの悩みやご都合を考慮し、オーダーメイドの治療法をご提案しています。

鎮静麻酔一式:半日100,000円~+税

別途処置費用(自由診療)が必要です。

今まで怖くて歯科治療が受けられなかった方、お忙しくて何度も通う時間が取れない方、お気軽にご相談下さい。

貸し切り歯医者

通院期間と回数を短縮したい方

貸し切り歯医者とは

通常、歯科医院の治療においては15〜30分のご予約が一般的です。中には、保険の場合は15分程度という歯科医院も少なくありません。アップル歯科では、患者様一人ひとりに丁寧な治療を提供するため、保険治療で30〜45分、自由診療では1時間と、きちんと時間をお取りして治療を行っております。

しかし、これだけきちんと時間を取ったからといって、「治療期間が短縮」されるわけではありません。治療期間を短縮するためには、通常2〜3回かけて行う治療を1回にまとめる必要があるのです。これを可能としたのがアップル歯科の「貸し切り歯医者」です。

治療の進行 1回の治療時間 治療費用
2倍速治療
※1日2時間歯科医師貸し切り
2時間 40,000円+治療費+税
4倍速治療
※1日4時間歯科医師貸し切り
4時間 80,000円+治療費+税
8倍速治療
※1日8時間歯科医師貸し切り
8時間 160,000円+治療費+税
別途鎮静麻酔
※歯科麻酔を手配した場合
100,000円〜+税
※内容に応じてお見積りします

※倍速は実際の治療の期間を指すものではありません。1コマを60分として1回にかける費用です。(2時間=2倍速)

静脈内鎮静法について

痛みや怖さを和らげるために

歯科治療には怖い、痛いなど不安を持って来院される患者さんも多くいらっしゃいます。そんな不安緊張などを薬の力を使って最小限にして治療を受けてもらう方法が鎮静法です。笑気ガスを使用するのが吸入鎮静、点滴から薬を投与するのが静脈内鎮静法です。治療中の音、振動、臭い、雰囲気が嫌だという患者さんにとってそういった不快感が軽減できるかと思います。全身麻酔とは違うため、意識は少し残る状態で行います。

痛みや怖さを和らげるために

  • 過度な緊張が和らいだ状態で治療が受けられる。
  • 痛みによって起こる迷走神経反射(治療中意識を失う)や緊張で起こる過換気症候群などの偶発症の予防につながる。
  • 薬の種類によっては健忘作用(麻酔中の記憶を忘れてしまう)を期待できる。
  • 意識は残るので呼吸が浅くなったりしにくい。
  • 嘔吐反射(オぇと、もどすようになる感覚)などの反射が少なくなる。
  • 血圧や何か体の変化にも点滴の薬にてすぐに対応できる。
  • 点滴が必要になる。
  • 麻酔が効きやすい人は意図せず眠ってしまうことがある。
  • 嘔吐反射等は完全には消すことが難しい。
  • 薬が体に合わない場合は、気分不良や嘔吐したりする可能性がある。
  • 妊娠中の方、睡眠時無呼吸症重度の方は行えない。
  • 呼吸が浅くなることがある。

静脈内鎮静法を使用した施術時の注意点

  1. 一時的に深鎮静になるので、誤嚥(気管に異物が入ってしまう)のリスクがあるので術前飲水食事摂取制限があります。
  2. 2時間前まで :水 お茶
  3. 8時間前まで :食事
    1. 一回の処置で2〜3時間程度になります。
    2. 術後、眠気やふらつきが生じることがありますので、来院には公共交通機関やタクシー、お迎えに来ていただいております。(自家用車の運転等は危険を伴いますのでお断りしております。)

自由診療 料金【短期集中歯科治療】

静脈内鎮静麻酔に必要な費用

種類 説明 料金

麻酔鎮静一式
静脈内鎮静法により薬剤の効果で半分寝ているかのような状態にして治療もしくは手術を行う方法です。健忘効果があるので、術中ことはうっすらとぐらいしか覚えていない場合が多いです。治療には別途自由診療費が必要です。 100,000円~200,000円+税

短期集中治療のQ&A

義歯・入れ歯治療に関するよくある質問

Q短期集中治療ってなんですか?
A歯医者が苦手(音が怖い、治療が痛そう)だったり、口に中に器具を入れられると嘔吐反射を起こしてしまう方、子育てやお仕事が忙しく、お口の中が悪いのは分かっているけどなかなか歯医者に通えないという状態になった方など、様々な理由で歯医者での治療が困難な方に対し、鎮静麻酔を用いたり、通常よりたくさん時間を取ることによって一度にまとめて治療を行なってしまう方法です。歯科治療が苦手な方や、なかなか時間が取れない方から喜ばれる治療です。
Q鎮静麻酔ってなんですか?
A正式には静脈内鎮静法という麻酔で、緊張、不安、恐怖などを落ち着かせ、安全に治療ができるようにするために薬物を用いて行う麻酔です。全身麻酔と違い、意識を失うことなく不安を感じなくしたり、治療の時の記憶をさっぱりとなくすことができます。適切な管理がなされていれば危険なものではなく、自発呼吸が保たれます。そして比較的すぐに麻酔から覚めます。ちなみに全身麻酔では、麻酔薬の強力な作用により、自発呼吸が抑制され意識はない状態で治療を行います。
Q麻酔にはどんな薬剤が使われるの?
A大きく分けて2つあります。
・ベンゾジアゼピン系
鎮静、抗不安、筋弛緩、健忘作用 などがあります。この薬剤を使用するリスクとしては、呼吸抑制を起こしてしまうことがあり、一時的に血液中の酸素の飽和度が低下することがあります。なので高齢者や肺に疾患のある方、睡眠時無呼吸症候群の方には呼吸を確認することが重要です。
また血圧が下がってしまうこともあります。ただし、適切にゆっくりと作用させれば影響は少ないと言われています。
・プロポフォール
鎮静、催眠作用 があります。嘔吐反射も抑制できます。こちらも呼吸系と血圧へのリスクがあります。またプロポフォールの注入時に血管に痛みがあるのと、卵アレルギーの方には使えません。(※1)
Q歯医者に行くといつも15〜30分くらいで治療が終わるんだけどもっと長くやってくれないの?
A多くの歯科医がも患者様のために長く時間を確保して治療したいと思っていると思います。しかし、保険治療の場合、費用や使える材料などの制約から、どうしてもできることや時間が限られてしまいます。
当院では、どのような治療であっても非常に軽度のもの以外は約30〜60分の時間を確保して治療させて頂いております。
しかし、それ以上の治療の短縮をご希望の方に、貸切歯医者という形で、120分、240分、480分と時間を確保させて頂くことができます(治療費は別途必要となります)。

当院の静脈内鎮静法は下記ガイドラインに即して行っています。

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top