小児・お子様の治療

HOME > 一般診療 > 小児・お子様の治療

小児歯科

お子様の歯の治療について

「歯医者嫌い」にさせないために

アップル歯科クリニックでは「仲良し治療」をコンセプトにお子様一人ひとりのペースに合わせて治療を行なっています。痛がったり、怖がっているお子様に強引な治療を行ってしまうと、それがトラウマとなり、歯医者嫌いになってしまうこともあります。歯医者に通えなくなったお子様はむし歯が出来ても治療に通わず、どんどん感染・進行して手がつけられなくなることもあります。緊急性がな場合は、徐々に歯医者に慣れてもらうところから始めます。
また、将来的にむし歯の治療痕や銀歯のない健康的なお口を保つために、子供の頃から予防に通うことを推奨しています。
一緒にお子様の歯を守り、育てていきましょう。

仲良し治療のポイント

  • 嫌がっているときに治療は行いません。
  • お子様の成長に伴い、無理のない治療を行います。
  • まずは、コミュニケーションを重視し、 初診から抜歯や削ったりはしません。
  • 虫歯を作らないような治療を行います。

当院での小児歯科治療の流れ

  1. お話をうかがいます。
  2. 「普段の生活の中に虫歯の原因が隠れてるかも!」
    子供と楽しみながらハミガキ練習、フッ素を塗ります。
  3. 機会を身近なもの(電車・掃除機etc…)に例え、見て・触って慣れてもらいます。
  4. 定期的なフッ素塗布、虫歯のチェックも行ないます。
    成長に応じて歯並びのチェックも行ないます。

3才までのお子様の歯

幼少期の乳歯について

乳歯は、なぜ大切なのでしょうか?

乳歯は生後8ヶ月ごろから生え始め、3歳くらいまでに、上下あわせて20本生えそろいます。乳歯を使う期間はすごく短いですが、その間に乳歯が果たす役割は重要です。
「ものをかむ」という歯本来の役割はもちろん、「永久歯が正しく生えるための案内役」という、とても大切な役割をになっているのです。乳歯はすぐ抜けるからと、おろそかにはできません。乳歯を健康に保つことが、一生使う永久歯を丈夫にすることにつながるのです。

あかちゃん(6ヶ月~1才半頃)の虫歯予防

前歯が生え始めたら、歯を磨くことよりも、お口を開けたり歯ブラシの感触になれることを目標に、遊び感覚で磨き始めましょう。習慣づけのためにも、お子様本人にも乳児用の歯ブラシを持たせり、食後に歯みがきタイムを作ると良いでしょう。

1才半~2才児の虫歯予防

お口を清潔に

1日最低2回のお母さん磨きを心がけてください。特に虫歯は寝ている間に作られるので、夕食後(寝る前)は念入りに磨いてください。

離乳食

お母さんの口から、赤ちゃんの口にスプーンなどを介して、虫歯菌が移り、虫歯の原因になることがあります。

飲み物に注意

乳酸菌飲料、炭酸飲料、スポーツドリンク、100%ジュース、コーヒー牛乳などは極力避け、水分補給はお水、お茶にすることです。実は飲み物から発生するむし歯も少なくありませんので注意が必要です。

フッ素塗布

フッ素にもいろいろな種類応用法がありますので、ご相談下さい。

おやつは決まった時間、決まった量に

虫歯の原因になりやすいのは量より糖の摂取する頻度にあります。

6才までのお子様の歯

6歳までのお子様の乳歯について

予防を行い、虫歯を作らない環境を作るのが、この時期です。

どの年齢でも、虫歯の予防の基本は歯磨きです。
虫歯に感染していなくても1日2回、フッ素入りの歯磨き剤をつけてブラッシングしてください。

また虫歯の治療ができるようになるのもこの時期ですが、中にはすでに乳歯から永久歯に生え変わり始め、歯の並び方が複雑になっている場合もあり、実際に隅々まできちんと磨けているとは限りません。
ですから、お子様の「自分でできる」意欲はほめた上で、「できないところはお母さんが」と必ず仕上げをしてあげてください。

それから、虫歯になりやすいリスクに応じて、予防処置をしてもらう事が大事になります。

12才までのお子様の歯

小学生6年生ぐらいまでのお子様の歯ついて

この年頃になると、ほとんど大人の歯のかみ合わせが、出来上がってきます。

この時期にお口の環境を整えていくことで、健康なかみ合わせの歯を作っていく、大事な時期となります。
定期検診を中心に、かみ合わせの変化を診ていきます。

虫歯をつくらないために

  • しっかりブラッシングできるようになりましょう。
  • 三度の食事をしっかり食べて、おやつは1日1回にしましょう。
  • 虫歯菌に負けない強い歯を作るため、歯科医院でのフッ素 塗布は必ず受けましょう。

虫歯になると、歯科医院で削って詰めてどんなに上手に治療できても、自分の天然の歯とは比べものになりません。まして、抜いてしまったら・・・。
自分の歯で何でもよく噛んで楽しく食事ができ、大きな口をあけて心の底から笑い、美しい表情を保つ・・・そんな「当たり前の毎日」を子供たちに送らせてあげましょう。

お子様の歯をフッ素で強く

フッ素を上手に取り入れて虫歯を予防

フッ素とは?

歯の質を強くする自然元素のひとつです。

毎日の食事を通して、私たちの体に摂取されている必須栄養素のひとつで、決して車のワックスのように表面をコーティングするものではありません。
フッ素は、歯の表面自体を強化するもので、虫歯予防に最も効果的です。
また、乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果を発揮します。

どうして生え立ての歯にフッ素を?

乳歯や生えたばかりの永久歯は大人の歯と違って、非常に柔らかく、歯の質がすかすかな状態です。

酸に溶けやすく虫歯になりやすいのでフッ素のチカラを借りることで、歯を構成する結晶を強く丈夫にします。

アップルKIDSクラブ

お子様の歯を健やかに育てるために

歯をむし歯や歯周病から守る一番の手段は「予防」です。当院には「予防」を目的としてご来院頂いている患者様が数千人単位でおられます。

そんな中、子供の頃の歯医者の治療の痛みや怖さから、トラウマとなってなかなか歯医者に行けず、ボロボロになってようやく治療に来られる方も少なくなりません。

これは患者様だけではなく、過去の歯科医院の治療方法にも問題があったのではないかと思います。アップル歯科では、お子様たちがそんなトラウマを持たずに歯医者とうまく付き合い、健康なお口を保ったまま成長できるよう、キッズクラブを通して様々な取り組みを行っております。お子様のお口の健やかな成長のためにも、アップルキッズクラブをご利用下さい。

こんな特典があります

デンタルノート
歯の成長記録手帳です。定期健診時に持ってきて頂き、治療内容や予防に関するアドバイスなどを記入させて頂きます。
ポイントカード
頑張ってシールを集めて頂いたお子様には、すてきなプレゼントを差し上げます。
虫歯予防教室
歯磨きの大切さや歯の磨き方、ときには歯医者さんや歯科衛生士さんの体験をして、歯をどうやって治療するのかなどを知ってもらうこともあります。不定期での開催となります。
りんご祭(夏祭り)、クリスマス会などのイベント
夏はりんご祭、冬はクリスマス会をはじめとしたイベントをその都度ご案内させていただいています。もちろんどちらも費用は頂いておりません。歯医者嫌いのお子様を無くすため、「楽しい歯医者」を体現するイベントです。

お子様の歯を守るためのハンドブック

乳歯に関する知識や歯の守り方、保護者の皆様ができるお子様の歯の守り方のアドバイスを記したハンドブックです。

当院衛生士が作成したオリジナルのハンドブックですから、他ではてにはいりません。キッズクラブに入っていないお子様にも配布しています。

キッズクラブ会員資格

  • 入会費・会費0円
  • 10歳以下のお子様ならどなたでも大歓迎です!
  • りんご祭りやクリスマス会も無料です

自由診療 料金【小児】

お子様の治療に必要な費用

種類 説明 料金
フッ素塗布 むし歯になりにくように歯のエナメル質の結晶性を高める「フッ素」を歯面に塗布します。
治療期間…1日、治療回数…1回
500円+税

イオン導入
フッ素にイオン化されたマイナスの電荷を帯びさせる事により、歯にフッ素を浸透させるむし歯予防の処置です。
治療期間…1日、治療回数…1回
3,000円+税

カリエスPMTC
お子様のカリエス(むし歯)予防のためのプロケアの特別なプログラムです。
治療期間…1日、治療回数…1回
3,000円+税

小児歯科についてのQ&A

お子様の歯の治療に関するよくある質問

Q.歯磨きはいつから始めたら良いですか?
A.乳歯は生後6~8ヶ月頃から生え始めます。生え始めたら歯磨きを習慣づけるために膝の上に仰向けに寝かせて口の中をみる練習から始めます。それができればほっぺたや口の周り、唇、歯茎と触っていき口の中を触られることに少しずつ慣れさせていきましょう。
Q.仕上げ歯磨きのやり方とどのような歯ブラシを使えば良いですか?
A.歯ブラシは毛先の部分は乳歯2本分の幅くらいが磨きやすいです。柄の部分は本人磨き用では柄の部分が短くお子様が持ちやすいものを。仕上げ磨き用では大人が持ちやすく磨きやすいように柄の長いものをお勧めします。磨き方は歯ブラシを鉛筆持ちで1歯ずつ小刻みに磨きましょう。歯と歯の間は歯ブラシを縦に持ち縦磨きを行いましょう。
Q.歯磨きは1日何回でいつ磨けば良いですか?
A.歯磨きをし始めてすぐの時は歯磨きを慣れさせてください。慣れてきたら毎食後行えるようにし、寝る前は必ず仕上げ磨きを行うようにしてください。
Q.乳歯の神経をとって大人の歯に影響はありませんか?
A.乳歯の虫歯が大きいと歯髄炎になり神経をとることがあります。乳歯と永久歯は別の歯で神経も別になるので神経をとることで大人の歯が悪くなってしまうことはありません。虫歯の乳歯を放っておきすぎて根尖性歯周炎になると次に生えてくる大人の歯に影響を及ぼす可能性があります。
Q.指しゃぶりなおりません。どうすれば良いですか?
A. 指しゃぶりをするお子さんは1歳半で全体の約30%、2歳で22%、3歳で21%とされています(※1)。小児歯科の考えから3歳頃までは指しゃぶりは問題ないとされていますが4歳以降も指しゃぶりを行う場合は歯並びに影響が出てくる可能性があるので、指にテーピングを巻いたり苦いマニュキュアを塗ったりして物理的にやめさせたり心の不安を解消させたりします。

※1)平成14年の東京都K区での井上らの調査によ ると,1歳2か月児(393名),1歳6か月児(557名),2歳0か月児(472名),3歳0か月児(695名)における指しゃぶりの頻度は,28.5%,28.9%,21.6%,20.9%

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top