フッ素の効果とリスク

HOME > 一般診療 > 小児・お子様の治療 > フッ素の効果とリスク

子供の歯にフッ素は塗るべき?

フッ素とは?

フッ素はカルシウムやカリウム、ナトリウム・鉄のように体内に存在している物質で、一般的な成人で約2.6g程度のフッ素が体内に存在していると言われています。

歯の主成分はハイドロキシアパタイトというもので、フッ素が働くと酸に対して安定した結晶を持つ「フルオロアパタイト」という物質を生成します。ハイドロキシアパタイトはむし歯菌の作り出す酸によって溶けることでむし歯になりますが、このフルオロアパタタイトが加わることで、酸に溶けにくくむし歯になりにくい歯へと変貌していきます。かいつまんでいうと、フッ素の作用でバリアを作るということです。

更に、歯垢中の細菌の代謝作用の抑制によりむし歯の原因である酸産生を抑制する作用もありますので、むし歯菌に対して二段構えの予防が可能になるということです。

むし歯とフッ素

フッ素は歯をむし歯から守ります

フッ素は意外にも身近な所に存在しています。有名な所でいうと、歯磨き粉。「フッ素配合」という表記やCMは誰もがご覧になられたことがあるのではないでしょうか。その他にも食卓塩や水道水(人為的に入れています)、土地によっては井戸水にもフッ素は含まれています。ですからフッ素は気づかないうちに、ほぼ毎日摂取していると言っても過言ではありません。しかし、これらによって劇的にむし歯を予防できるかというとそうではりません。フッ素を効率よく歯に浸透させようと思うなら、歯科医院でのフッ素塗布が適切です。

初期のむし歯はエナメル質(歯の一番外側の部分)の表層より少し下側から始まり、歯の表面に白い斑点のような状態となります。実はその下ではむし歯がどんどん進行して歯の内部に空洞ができ、外圧によって表層部分穴があくことで皆さんが知る「むし歯の状態」になります。しかし、表層のエナメル質が残っている初期のむし歯のときは、唾液に含まれるフッ素により再石灰化が促進されます。再石灰化が進むと、初期の小さなむし歯は削ることなく修復します。当院では、予防的観点から行うフッ素塗布の他に、初期虫歯の経過観察時に再石灰化を促す高濃度のフッ素を塗布することで、歯を削らない治療に役立てています。

フッ素配合の歯磨き粉を正しく活用しましょう

フッ素配合歯磨き粉を使用する目的は、当然フッ素で歯を守ることです。そのため、フッ素を歯に残すことを意識しましょう。 まずは歯全体に歯磨き粉が行き渡るようにし、歯を磨き終わった後は少量のお水で1回だけ口をゆすぎましょう。

歯磨きが終わった後の1〜2時間は飲食を控えることで更に長くフッ素を歯の表面に留めることにつながります。 フッ素入りの歯磨き粉を正しく使い、歯質を強くすることで虫歯から歯を守りましょう。(※1)

ただし、フッ素配合歯磨き粉を使い続けたからといって、歯垢や歯石が除去できていなければ虫歯になる可能性はありますので、歯ブラシの毛先が届かない隙間を磨くためにも、フロスと歯間ブラシを併用してお使いいただくことをおすすめします。

※1)参考サイト

フッ素によるリスク

適量の摂取であれば害はありません

ここまでいうと、フッ素は「むし歯に対する万能薬」、「高濃度の物を毎日摂取した方がいいのでは?」と思われた方もおられるかもしれません。しかし、どんなに良い薬でも、薬にはいい作用(主作用)がある反面、悪い作用(副作用)が存在します。

まずフッ素はむし歯になりにくくなるだけであり毎日の歯ブラシなど清掃が大事でありそれを怠ってしまうとどれだけフッ素を摂取していてもむし歯にはなりますので日頃の歯磨きは必要です。

次にフッ素にも適量摂取するのは問題ありませんが過度に摂取しますと急性中毒(一度に大量に摂取した場合)、 慢性中毒(急性中毒は起こさないが、頻回に長期間摂取した場合)といった中毒症状、歯の形成期に過度に摂取しますと斑状歯と言われる形成異常が起こります。

そうなると今度は、毎日水道水や食卓塩などで摂取しても大丈夫なの?と疑問に思うかもしれませんが普段の微量なフッ素の摂取は問題はありません。フッ素は90%胃や腸で吸収され吸収された内のまた90%は排泄され体内に残る量はかなり少なくなります。

では、どの程度摂取すれば中毒になってしまうかというと、子供の場合、5才児程度であればフッ化洗口液(うがい薬)を40人分を一度に飲んだ場合だそうです(※2)。おそらくですが、40人分のフッ化洗口液を一度に飲み込める5才児などいないのではないでしょうか?つまり過度に心配する必要ないということですが、何事も適度な摂取が大切です。フッ素を使用すべきかそうでないか、迷った場合はお気軽に歯科医師までご相談下さい。

子供の年齢 飲料水フッ化物イオン濃度 (mg/L)
0.3以下 0.3~0.7 0.7以上
誕生~3歳 0.25 0 0
5歳~13歳 0 0.25 0.50
3歳~5歳 0 0 0

国際歯科連盟(FDI)のフッ化物推奨投与量(mg/da

国際歯科連盟 (1993年)フッ化物推奨投与量

※2)推定中毒量は、5歳児(体重18Kg)が週5回法のフッ化物洗口液(0.05%フッ化ナトリウム溶液)を40人分一度に飲んだ場合に到達します。

子供の歯を守るためにフッ素と歯科を活用しましょう

フッ素と生活習慣の改善でむし歯を防ごう

フッ素は歯を守ることにおいて重要な成分であり、適切な量を使用することでむし歯に強い歯質を作る一助となります。

しかし、いくらフッ素で歯質を強化し、細菌の酸産生を抑制できたとしても、細菌がお口の中に存在し続ける限り、むし歯を完全に防ぐことはできません。

ですから、お子様の歯をむし歯から守るためには、フッ素による歯質の強化だけではなく、糖質の摂取方法(量・時間)、歯垢や歯石の除去(予防歯科)が重要になります。

とはいえ、お子様自身で食べ物の管理をしたり、歯磨きを完璧にするのは非常に困難です。保護者の方がしっかり糖質の摂取を管理し、歯磨きのチェックや仕上げ磨きが肝心となります。

その上で、歯垢や歯石、むし歯のチェック、そしてフッ素の塗布など、歯医者に予防で通う習慣を身につけて頂ければ、お子様のむし歯リスクを下げることができると考えます。お子様に、痛い治療ではなく、気持ちの良い予防で歯医者に通って頂けるよう、小さな頃から予防歯科を利用してください。

この記事の編集・責任者は歯科医師の吉見 哲朗です。
タグ: , ,

フッ素の効果とリスク | 公開日: 2020/02/28 | 更新日: 2022/06/03 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top