金歯?セラミック?後悔しない二次カリエス対策

HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 金歯?セラミック?後悔しない二次カリエス対策

二次カリエスとは?後悔しない補綴物は?

銀歯は虫歯の再発リスクが高い?

虫歯治療をしたのにも関わらず、同じ箇所がまた虫歯になってしまった・・という経験はないでしょうか。

治療した歯が再び虫歯になることを二次カリエスといいます。二次カリエスを引き起こす原因は様々ですが、よくあるケースとしては、詰め物や被せ物などの補綴物が劣化により隙間ができてしまい、そこから虫歯菌が侵入し、補綴物と天然歯の間で菌が増殖し、むし歯になります。

どれだけ毎日の歯磨きを念入りに行っていたとしても、補綴物の素材によっては変形しやすく、隙間ができやすいものもあるため、補綴物の選択はとても大切です。 例えば、銀歯は保険適用で治療できるので費用面ではメリットがありますが、変形しやすく、天然歯と銀歯をくっつけるためのセメントの経年劣化により、隙間が生まれやすいです。

銀歯の治療を行った方が虫歯を再発する確率は70%以上とも言われており、治療後に後悔されている方も少なくありません。現在、銀歯を入れている方は、日頃から歯科の定期検診を受けることをおすすめします。

金歯、セラミックは二次カリエスを引き起こしにくい?

長期的に歯の健康を考えるのであれば金歯とセラミックという選択肢も

金歯は柔らかく、歯にぴったりフィットするため、銀歯よりも隙間ができにくい金属です。 柔らかいので噛んでいくことで、天然歯になじんでいきます。

金歯と同様に、セラミックも接着性に優れており、天然歯にぴったりと密着して隙間ができにくい材料です。 さらに汚れやプラークを吸収しにくいという特長もあります。

金歯もセラミックも保険適用外となり、自費治療となりますが、 長期に渡って二次カリエスのリスクを考えるのであれば、金歯・セラミックという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

金歯とセラミック、どっちがいいの?

見た目のセラミックか機能のゴールドか

金歯とセラミックのどちらにするのがいいのか?というのは歯医者にとっても一言でお答えするのは難しい問題ですが、ポイントとしては、見た目と強度です。 奥歯は、日々の生活の中で力がかかりやすく、負担が大きい歯なので、見た目よりも強度を重要視して金歯が良い場合が多いです。セラミックは陶器と同じ素材なので、強い力が加わると割れたり欠けたりする可能性があります。ただし、食いしばりが強くない場合や、摩耗が進んでいない歯の場合は、セラミックでも問題ない場合もあります。

また、近年ではセラミックの種類にジルコニアセラミックという固い素材の白い補綴もよく使用されるようになり、これを使うことで破損のリスクは下がるものの、対合(噛み合う歯)に与えるダメージを考える必要が出てきます。その点、ゴールドは柔軟性もあるため、対合の歯にとってもダメージの低い補綴と言えます。

金歯もセラミックも、密着性に優れているという点では共通していますが、それぞれの特長を活かし、歯科医師と相談して部位ごとに適切な選択をしましょう。

金歯、セラミック、銀歯それぞれのメリット・デメリット

 

金歯

セラミック

銀歯

メリット

・柔らかいのでぴったり歯に密着し、隙間ができにくい。

・金属アレルギーが起きにくい。

・天然歯に近い白さと透明感があるため審美性に優れている。

・金属ではないので金属アレルギーの心配がない。

・保険適用されるので安価で治療できる。

・耐久性が高く、壊れにくい

デメリット

・自由診療のため全額自己負担。

・見た目がどうしても目立ってしまう。

・陶器なので耐久性は金属より劣る。

・自由診療のため全額自己負担。

・使用年数が経つにつれて、天然歯との間に隙間ができやすくなる。

後悔しないのは金歯?セラミック?

後悔しない選択をするために

銀歯は保険が適用される上に、丈夫な素材ですので割れたり欠けたりする可能性が低いという部分ではメリットのある素材です。 しかし、どうしても天然歯との隙間ができやすく、二次カリエスを引き起こす方は少なくありません。

銀歯などの保険適用される歯を選択する場合は、毎日の歯磨きはもちろん、歯科の定期検診にきちんと通い、メンテナンスは怠らないようご注意ください。

一方で、金歯やセラミックは、自由診療となるため、保険診療と比較すると費用の負担は高くなってしまいますが、長期的に歯の健康を考えると金歯やセラミックがおすすめだと言えます。

虫歯治療で削った歯質は二度と元に戻りません。何度も虫歯治療を繰り返すリスクを考慮して、銀歯にするのか、金歯やセラミックにするのかを検討いただければと思います。

金歯、セラミック、銀歯それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、歯科医師と相談して後悔のない選択をしましょう。

この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本大典です。
タグ: , ,

金歯?セラミック?後悔しない二次カリエス対策 | 公開日: 2017/02/14 | 更新日: 2022/05/23 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top