小児矯正

HOME > 自由診療 > 小児矯正

小児矯正(歯列育形成)

小児矯正(歯列育形成)とは

歯並びが悪くなる原因は、アゴが小さく、すべての歯が、きちんと生えることが出来ないためです。
例)乱ぐい歯、八重歯 など

より早い時期に、歯並びが悪くなる原因を取り除き、よりよいかみ合わせが出来るトレーニングを行うことで、より効果的な歯並びを作ります。

少ない労力で、大きな成果を生む方法として、注目されています。

【参考文献1】バイオネイター治療とヘッドギア治療の両方がクラスII大臼歯の関係を矯正し、オーバージェットと心尖部の基底部の食い違いを減少させ、後上顎の歯の動きを引き起こしたことを明らかにしています。

【参考文献2】特に上顎構造に対する長引く効果の大きさに関して、結合型上顎エキスパンダーとフェースマスク療法の組み合わせが後期混合歯列よりも早期混合歯列においてより効果的であることを示している。

小児矯正(歯列育形成)の適正年齢は、5~12才

アゴの拡大がしやすいのが、この時期です。
(10才を越えると、アゴの拡大が難しくなるために、一般的な矯正治療の適応になるかも知れません。)

反対咬合の場合は、早期に行なう治療もあります

ムーシールド

 今までは本人の協力が望みにくい3~4歳の乳歯列に関しては、積極的に治療は行なっていませんでした。歯の矯正は、適切な時期に短期間で治療するのが理想ですが、反対咬合のお子様は 治療時期が遅くなると、程度がひどくなる傾向もあります。ですからより早期に矯正治療を始めることで、正しい成長発育ラインに乗せることを目的にこの装置を使用します。

小児矯正(歯列育形成)に関するQ&A

Q.大人の矯正とどう違うの?
A.乳歯の時に、歯の生えるスペースを確保するので、健康な永久歯を抜かなくて済みます。
Q.どんな治療をするの?
A.プレートという取り外し可能な装置を夜間、お口の中に入れるだけです。
Q.プレートを嫌がらない?
A小さい子ほど、驚くほど順応性が高いので、プレートにもすぐ慣れます。

小児用トレーニング矯正装置

お子様の歯並びでお悩みの方

マウスピースで歯並び改善

お子様の歯並び、気にりませんか?でも、歯に装置やワイヤーを付ける矯正や顎を広げる装置など、本格的な矯正治療となると、費用の問題や、「子供が耐えれるかどうか」など、尻込みしてしまうことも多いようです。そんな方に一度検討していただきたいのが「マウスピースによる歯並びの改善」です。

  • 装着するのは寝ている間+1時間
  • マウスピースを口に入れるだけなので簡単に出来る
  • 一般的な小児矯正(咬合育形成)に比べて費用が抑えられる

当院では、お子様の歯並び・不正咬合の改善方法の一つとして、トレーニング矯正装置【プレオルソ・マイオブレース(T4K)】による治療を取り入れています。

T4K

           

プレオルソ

           

お子様の歯並び、こんなことで悩んでませんか?

前歯のガタガタや出っ歯、前歯同士が噛んでいないポカン口、下の歯が上の歯より前に出ている受け口、いろんなお悩みがあると思います。では、なぜ歯並びは悪くなると思いますか?元々顎が小さいから?それとも歯自体が大きいから?もちろんそれもありますが、実は習癖(指しゃぶりや舌のクセ)が原因であることも多いのです。

トレーニング矯正装置【プレオルソ・マイオブレース(T4K)】は、そんな習癖によってなってしまった不正咬合を治療するマウスピースです。以下のような症状に効果が期待できます。

叢生 叢生

デコボコの歯並び

前突 上顎前突(出っ歯)

上の歯が前に突出している

下顎前突(受け口)

下の顎が前に突出している。

開咬(ポカン口)

前歯が噛んでいない。

過蓋咬合

咬み合わせ深く下の歯が見えない。

指しゃぶりが歯並びを悪くする?

ある程度大きくなってきたお子様が、指しゃぶりを続けていると歯並びが悪くなる可能性が高くなります。他にも、口呼吸を続けていたり、食べ物や飲み物の飲み込み方が悪いと、歯並びが悪くなる可能性が高くなります。これが歯並びを悪くする「習癖(くせ)」で、間違った呼吸や飲み込み方、指しゃぶりなどの悪い習慣があると、舌や頬、唇の筋肉は異常な動き方をしてしまいます。この状態が続くことで正常な筋肉、顎顔面の発達からどんどん離れていってしまいうため、顎の発達が悪くなり、歯並びが悪くなってしまうのです。

また、舌の位置によっても歯並びは影響を受けてしまいます。舌からの適切な力が歯にかかることで、適切な位置に歯が並ぶのです。こういった理由により子どもの頃に悪い癖があると、歯並びが悪くなるどころか、正しい顎顔面の成長まで妨げられてしまうのです

トレーニング矯正装置による悪習癖の改善【プレオルソ・T4K(マイオブレース)】

ご自身のお子様は指しゃぶりや口呼吸をしていませんか?そもそも正しい飲み込み方とはどういうものか分からないということはありませんか?

小さな頃は、「可愛いと思った仕草」が実はお子様の健康な歯並びを育む邪魔をします。こういう悪い習慣を改善し、適切な発育を育むための装置が“T4K”や“プレオルソ”という、トレーニング矯正装置です。T4K・ぷれ、歯に金属のワイヤーを貼り付けて、、、みたいなイメージがあるのではないでしょうか。プレオルソ、T4Kは、取り外し可能な、大型のマウスピースのような装置です。

以下の文献でもその効果が示されています。

参考文献

Influence of Pre-Orthodontic Trainer treatment on the perioral and masticatory muscles in patients with Class II division(クラス2の患者に対してのT4Kを用いた歯並びの影響)
1 malocclusion European Journal of Orthodontics, January 2011

Application of functional orthodontic appliances to treatment of “mandibular retrusion syndrome”
—Effective use of the TRAINER SystemTM— (Japanese Journal of Clinical Dentistry for Children, Volume 14, No.4, April 2009

トレーニング矯正装置を始める時期とトレーニング内容

年齢としては、だいたい6歳くらいから開始することが多いです。12歳まで(混合歯列期)装置の装着時間は、日中の1時間と就寝中になります。また、装置を装着するだけではなく、トレーニングをしてもらう必要があります。
具体的には

  • 鼻…唇を閉じて鼻をつまんで呼吸を止めたまま歩いて歩数を図る。息切れしたらもう一度する 全部で2分
  • 舌…手鏡を見せながら舌の先を一定の位置に置き鼻呼吸する
  • 嚥下…唇を閉じて奥歯を噛み込まないようにして嚥下
  • 口唇…唇で歯を覆って上を向く

等のトレーニングです

トレーニング矯正装置のメリット・デメリット
メリット
  • 歯並び以前に、正常な顎顔面の発育がはかれる(骨格、顔立ち)
  • 口呼吸が改善する
  • 顎に対して無理なく歯を並べることができる
  • 装置が簡便で、ワイヤー矯正のように外れたりすることがない
  • 取り外しできるので、虫歯になりにくい
  • スペースが広がるので大人の歯を抜かずに矯正ができる可能性が上がる
デメリット
  • 装置が使われなければ矯正力がかからないので子どもに依存する部分が大きく、非協力的な場合矯正が進まない、トレーニングも必要
  • 成長に伴い、再度矯正が必要になる可能性がある(ただし顎顔面が適切に発育していると矯正治療はやりやすくなる)
  • 期間が長い(6歳〜12歳程度)
  • 両親の協力も必要

お子様の歯並びについて、気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。通常の小児矯正(咬合育形成)にも力を入れています。詳しくはこちらをご覧ください。

小児用トレーニング矯正装置に必要な費用

種類 説明 料金

T4K
トレーニングフォーキッズ。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。
Ⅰ期矯正・Ⅱ期矯正に移行が必要な場合は矯正治療費から半額分を差し引きます。
200,000円+税

プレオルソ
就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。 50,000円+税
この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。

お子様の歯並びが悪いと、睡眠時無呼吸症候群の原因となります。

これまでの歩み

睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)は、21世紀の現代病と言われており、日本人でも300万人前後の潜在患者数が認められている病気です。
SASは、主に30代~60代の成人男女に見られる病気ですが、実はお子様の場合でも「小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群」という、小児特有の病気があることはあまり知られていません。

成人の場合、SASの原因は肥満・顎や口腔内の形状・舌の大きさやポジション・喉の形状などが上げられますが、小児の場合はそれに加えて、成長ホルモンの分泌が非常に弱くなるという特徴があります。成長ホルモンの分泌は、通常、夜間の睡眠時にピークを迎えます。つまりSASの影響により成長ホルモンが分泌されないために、脳や体の発育が妨げることになってしまうのです。

患者様のより良いお口の健康を考え、たくさんの笑顔が生まれるよう努力します。

小児のSASの主な特徴(見分け方)

SASの正確な診断には、脳波・眼の動き・心電図・鼻と口の気流の測定、胸腹運動などを記録する終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)という装置を使った診断が必要です。
以下のいずれかの症状が複数当てはまる場合は、PSGのある大規模な病院(小児科・耳鼻咽喉科)でご相談下さい。

上尾中央総合病院 耳鼻咽喉科 原睦子氏らの論文によると、SASの小児に対し、アデノイド切除術、口蓋扁桃腺摘出術を行い、手術前後の体格や体組成、尿中GHの評価を行った結果、術後1ヶ月時の尿中GH上昇に伴い、6ヶ月前後の身長の伸びと体格の改善が認められた」とあります。
これは分かりやすくいうと、SASを改善させることにより成長ホルモンの分泌が回復したという事です。
また、別の研究では、SASの小児患者は正常な咬合群(咬み合せ)と比較して、顎が成長していないことが分かっています。(川島成人氏ら「学童期における閉塞性睡眠時無呼吸症候群患児に関する歯科学的研究」参照)
つまり顎の成長を正しく促してあげれば、成長ホルモンが分泌され、SASの改善だけでなく、子供の成長そのものを促す事にもなるということです。
そして同じ研究では、SAS患者は、幼児期から耳鼻咽喉科及び小児歯科医が協力して管理や治療を行うことが必要であると締められています。

小児のSASの予防や治療にも、小児矯正が有効です

小児矯正は大人の矯正とは違い、顎を広げて歯を並べる方法です。
歯を並べることによって、SASの予防・治療が可能であるということですから、お子様の将来にとっても良い選択であると考えられます。
特に両親のどちらか(もしくはいずれも)がSASかもしれないという疑いをもたれておられる方。SAS自体は遺伝はしませんが、骨格や体質は遺伝によることが多いです。
お子様のきちんとした成長を促すために、もしくは将来的なSASから守るためにも、一度小児矯正をご検討下さい。

SAS患者のお子様にメスを使わない治療を望むなら

小児のSASの治療には医科ではアデノイド肥大に対する薬物療法やアデノイド切除術、口蓋扁桃腺摘出などの外科処置などが挙げられています。
つまり薬を使うか、外科的な手術を行うことが多いということです。
しかし、お子様に対する歯科的なアプローチとしては「歯列育形成」という顎を広げる矯正です。成人矯正のように便宜的に歯を抜く事もありません。
即ち歯列育形成はデメリットの少ない矯正と考えて良いと思います。身体も心も脳も活発になるため、お子様のQOLも高まり、本来の子供らしい姿を見られます。
ただしSASは医科の診断が必要な病気です。SASの治療に「歯列育形成」をご希望される場合は、医科の病院にて診断の後、担当医とご相談の上お越し下さい。

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top