明石アップル歯科HOME > 自由診療
アップル歯科の自由診療

インプラントってどんな治療?成功率と10年予後が最も長い欠損補綴

インプラント

簡単にいうと、簡単にいうと、歯の根の代わりに金属を使った人工の歯です。

右の図のように、天然の歯の根にあたる部分を、チタンという親和性(人の体に馴染みやすい)の高い金属を代用に用いる治療方法です。

ブリッジや入れ歯と違い、他の残っている歯に依存せず、天然の歯と同じように単体で歯を保つ事ができるため、最も天然歯に近い治療法と言えます

 

歯が抜けた後の治療法

インプラント
インプラント
インプラント

歯が抜けた後の治療法には、移植等の特殊な要件を満たした治療をのぞくと、インプラント・ブリッジ・入れ歯の三つに分かれます。

予算や本人の意向、その時の状態によって各々治療可能な場合と不可能な場合がありますが、
選択肢として最も多く用いられるのがこの3つです。

インプラント

歯が抜けた後の治療法インプラント

メリット
・噛み心地や機能、見た目が天然歯とほぼ同じ
・周囲の歯に負担がかからない
・長期使用が可能で他の歯の長持ちにも良い

デメリット
・費用がかかる(保険が効かない)
・抜歯と同程度のリスクを伴う手術が必要
・術前、術後の手入れが必要

ブリッジ

歯が抜けた後の治療法 ブリッジ

メリット
・固定式なので違和感が少ない
・つけっぱなしにできる
・保険が適応される(適応外のものある)

デメリット
・健康な歯を削るため両隣の歯が弱くなる
・ブリッジを支える歯にストレスがかかり弱る
・歯と歯ぐきの間に食物が入りやすく不潔
・10年予後は70%程度

入れ歯(義歯)

歯が抜けた後の治療法 入れ歯

メリット
・歯を削らずにすむことが多い
・治療が簡単
・保険が適応される(適応外のものもある)

デメリット
・強い違和感があり、中断者が多い
・歯や歯ぐきが痛みやすく周りの歯の寿命が縮む
・見た目が悪く、精神的なダメージもある
・安定感がなく、そしゃく能力が低い




歯の治療による金属アレルギー

アレルギーとは、ある特定の物質に過敏に反応する状態で、免疫反応が関係するものをいいます。花粉症や、アトピー性皮膚炎などが代表的な例で、日本人の約3人に1人が何らかのアレルギーを持っているといわれています。そして歯医者で関係してくるのが金属アレルギーです。金属アレルギーは歯の詰め物や被せ物などに使われる合金が原因となるもので、主に皮膚にその症状は現れやすいと言われており、予備軍も含めその数は1000万人にも上り、日本人の12人に1人が金属アレルギーを持っていることになります。
アレルギー自体の症状も問題ですが、もっと深刻な問題は、歯に金属を使われてからすぐに症状がでず、数年後に金属が溶け出し、アレルギーの症状が出始めることにあります。
歯の補綴物によって金属アレルギーになった場合、特に症状が出やすいのが「手」と言われており、これらの治療には皮膚科によるアレルギーパッチテスト(保険で約3000円前後、自由診療の場合1万円前後が平均的な費用です)で原因を特定した上で、金属を使わない「ノンメタル治療」が有効的です。

金属アレルギーの症状

ノンメタル治療による改善後

金属アレルギーの症状
金属アレルギーの症状
保険治療で使用する金属 パラジウム合金
保険治療で使用が認められている銀色の金属です。
ニッケルクロム合金
パラジウムよりもアレルギーリスクが高い合金です。
アマルガム
ひと昔前の歯科治療で多く使われたアレルギーリスクの高い水銀です。
銀合金
銀のアレルギーは低いとされますが、合金にアレルゲンが含まれます。

ノンメタルと銀歯の違い

ノンメタル治療を行なうことで、メタルタトゥーという歯ぐきの黒ずみの除去も可能です。ノンメタル治療はアレルゲンを排除し、審美的に治療することが可能です。




アップル歯科クリニックの矯正治療について

矯正治療は、専門医の楊先生と院長が担当します。

アップル歯科 矯正治療実績 2011年8月現在
成人矯正 174件 小児矯正 121件

矯正治療という言葉を、最近ではよく耳にする事と思います。
昔は「痛くなければいい、噛めればいい」との認識から、 いまや時代も変わり

  • より綺麗で、しっかりした歯並びの方が、いい笑顔 いい印象を与える事ができる
  • 虫歯や歯周病などにならないために、歯磨きがしっかり出来たほうがいい
  • 歯を長持ちさせる為にはしっかりとした歯並びのほうが、丈夫で長持ちする

といったように、「よりよい健康な状態をしっかり作っていく」といった認識も増えてきているかと思います。

そんな悩みを直してくれるのが、矯正治療です。

昔からの矯正では、

メタルブラケット

  • 矯正装置が目立つ
  • 装置を長くつけなければならない
  • 歯を抜かなければいけない

等、いろいろデメリットがありましたが、

 

最新の矯正では、

クリアブラケット● 今までより目立たない装置を使用

リンガルブラケット● 歯の裏側につける装置を使用

デーモンブラケット● 従来より歯が動くスピードが速い装置を使用

 

ミニインプラント● インプラントアンカーにより期間短縮が可能

マウスピース● 装置をつけずマウスピースを使った方法

歯の移動もよりスムースに動く方法が注目され、より痛くなく、早くといったご要望にもお答えできるようになり、以前は抜歯が必要なケースでも回避できる可能性も増えてきました。

いままで歯並びで悩んでいたり、コンプレックスで人前で大きなお口で笑えないとお考えのあなた、ほんの少し勇気を振り絞って、ご相談下さい。

私自身も、23歳のときに矯正治療を行った経験があるので、矯正の悩みや苦労・終わった後の満足感も理解していますし、説明も体験談を交えて、お答えできるかと思います。

一緒に、大きく笑える綺麗な歯を目指していきましょう!




アップル歯科のホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニング

みなさんは、「白い歯」についてどんなイメージをお持ちでしょうか?

  • 清潔
  • さわやか
  • 清楚・・・

悪いイメージを浮かべた方は少ないのではないでしょうか?
「白」という色は、見る人・触れる人に対して、よい印象を与えます。
みなさんの笑顔からのぞく歯が、輝く白さだったなら、いっそう素敵な笑顔になれると思いませんか?

当院では、ホワイトニングご希望の患者様お一人お一人とのカウンセリングを大切にし、ご相談の上で、患者様にあった白い歯をご提案してまいります。
ご興味のある方は遠慮なく、医師・衛生士にお尋ね下さい。

ホワイトニングとは、歯を削ったり人工物をつけたりせずに、薬剤(ホワイトナー)を塗って光を当てるだけで、歯の色を白くする方法です。

こんな方にお勧めです!

ホワイトニングをおススメする方

  • 歯を白くしたい
  • 歯の色が悪いので人前で思い切り笑えない
  • 白い歯にしたいけど.痛いのは嫌
  • 仕事上人前で話をしなければならない
  • 年齢によって歯が変色してきた

ホワイトニング治療に関してのお願い

ホワイトニングの効果については個人差があり、必ずしもご希望通りの「白さ」になりにくいこともあります。治療前に担当医とよくご相談をしてください。




アップル歯科クリニックのインプラント治療について

アップル歯科クリニックは、これまで3000本以上のインプラント治療経験・実績をもとに、より良い治療環境でインプラント治療に取り組むため、
県内でも指折りの設備を整えたインプラントルームを開設いたしました。また、光機能化UV装置「セラビーム」(兵庫県で2台※2011年10月現在)や、
インプラント治療に欠かせない歯科用CT診断装置、クリーンルームや滅菌システムに加え、術前のお話や術後の休憩ができるリラックスルームも完備し、全国でも有数の大学病院並みの設備を整えております。

また、全ての歯科医師が世界水準の治療を行えるよう、それぞれがセミナーに参加し、院内でその技術や知識をシェアしています。

手術室
CT
リカバリールーム

 

アップル歯科の設備をもっと見る

アップル歯科クリニック詳しい実績

ICOI国際口腔インプラント学会専門医がカウンセリングからオペの執刀まで、責任を持って対応いたします。※他のドクターの場合でも、必ず院長を含めた全員で症例検討を行い、万全の体制で治療に望みます。

「ICOI(International Congress of Oral Implantologists)」とは、アメリカを中心に全世界で活動しているインプラントの専門学会で日本には約200人の認定医が存在します。

 

アップル歯科インプラント症例実績

年月 ~2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
全症例数 446名 197名 186名 156名 179名 163名 163名
インプラント本数 1150本 558本 426本 319本 389本 357本 344本
合計 3543本

アップル歯科クリニック 理事長 吉見哲朗

インプラントドクター吉見哲朗

■1999年徳島大学卒(歯科医師歴13年目)
■ICOI インプラント学会 専門医
■ICOI インプラント学会 指導医
■IPOI インプラント学会 認定医
■日本顎咬合学会 咬み合せ認定医取得
■JMM臨床マイスター
その他詳しいプロフィールを見る

 

入れ歯で悩む時代は終わりにしました。快適に、そして美しく
  • 「歯なんて年齢を重ねると抜けていくのはしょうがないよ。」
  • 「両親も総義歯なもので、自分もいつかは歯が抜けていってしまうのはしょうがない。」
  • 「1本や2本歯が抜けたところで、痛くもないし今までどおりに食事できるから、そのままで放ってあるよ。別に痛くもないし。」
  • 「入れ歯作ってしっかり入れているから、私はまだまだ大丈夫。」

こう思われている方は、治療していると非常に多くおられます。

果たして本当にそうなのでしょうか?
昨今の歯科医療の現場ではいろいろなことが 判明してその対策もわかってきつつあります。

わかってきたこと

インプラント治療が望ましい理由

  1. 歯が抜ける原因の第1位は歯周病と、かみ合わせの負担による歯のぐらつきからきます。
    歯を支える骨や歯茎が弱って抜けてしまいます。全体の6-7割程度と言われています。
  2. 第2位は、虫歯で歯がなくなって抜歯にいたるケースです。全体の2-3割程です。
  3. 残りが、噛む力によって歯が割れたり、外傷で歯をなくしたりするケースで、1割程度を占めます。

ほとんどの方が50歳以降に歯がぐらぐらして抜けてしまうと、言われています。

更にもともと28本ある歯のうち20本以下に減ってしまったり、奥歯の噛み合わせがなくなった頃から途端に、抜ける頻度・ スピードが上がることも、よく臨床の現場では目の当たりにします。

さてこれらの原因をどれだけの方がご存知で、どれだけの方が実際に対策をされているのでしょうか?

実際にはほとんどおられないと思います。

昨今の歯科医療では、予防歯科の分野が非常に注目されており、歯周病でも予防が1番と言われています。

不幸にしてなくなってしまった歯。それを出来るだけ被害の少ないうちに、元の状態にもどしていく治療がインプラント治療です。
インプラント治療をすることにより、かみ合わせ全体の支える力が増えていきます。
それによりお口の崩壊を食い止めることができます。

私どもアップル歯科クリニックにおきましても、インプラント治療をするようになってから、かなり幅広いケースに対応することが出来るようになりました。

今最も力を入れている分野、それがインプラントです。

インプラントとの出会い

インプラント治療に取り組んだ理由小学3年生のとき、ずっと可愛がってもらっていたお婆ちゃんが突然入院しました。当時お婆ちゃんは歯が悪く、取り外し式の小さな入れ歯をしていました。ある時ご飯を食べていると、お婆ちゃんは誤って入れ歯を飲み込んでしまったのです。飲み込まれた入れ歯は食道にひっかかり、窒息しかけて緊急手術、そして約2週間ほど入院しました。

当時小さかった私は、そのときのことは詳しく理解はしていませんでしたが、お見舞いに行ったとき「大変な思いをしたね」と声をかけると、入れ歯は怖いから嫌だということを、目に涙を浮かべながら言っていたお婆ちゃんの顔を、今でも鮮明に覚えています。そういう昔の記憶があって、歯医者になってからも取り外しの義歯は良くないという思いが漠然とありました。そして取り外しの必要ない治療ということで出会ったのが、今のインプラント治療です。

このインプラント治療なら、入れ歯で苦労されている方を少しでも減らすことができると、一筋の光明を見つけたのです。

昔お婆ちゃんが入れ歯で苦労していたという思いは、私がこの治療に取り組んでいく大きなきっかけとなりました。

今、お婆ちゃんは元気に暮らしています。インプラント治療は高齢のためできていないのが残念ですが、なるべく取り外しの必要がない義歯を選択しています。当然、自分の両親が歯が悪くなっているのを診たときは、入れ歯のような不自由さや身の危険に及ぶようなことはないように、すぐにインプラントを行ないました。

私にとってインプラント治療とは、単に抜けた歯の代わりというだけのものではなく、安心して不自由なく生活していくための手段として、現在の歯科医が持てる最良の技術だと思います。

アップル歯科のスマートインプラント

スマートコンセプト

アップル歯科クリニックでは、患者様に負担が少なく、喜んでいただける治療のために、スマートコンセプトを掲げています。

アップル歯科クリニックがいうスマートコンセプトとは

痛くなく、早い、丁寧な治療

を指します。アップル歯科では、このスマートコンセプトを実現させるために、歯科医師全員で治療計画を検討し、綿密な計画と効率の良い手術ができる体制を整えています。
また、患者さんへの身体の負担を考えると、手術はスピードが速いに越したことはありません。もちろん術者の経験と手先の技術が求められますが、当院ではカウンセリングや治療計画、手術の設計段階に力と時間を注ぐことにより、手際の良い手術を行うための万全の準備も重要だと考えています。

アップル歯科のインプラントが早く強力な理由

セラビーム

2010年7月、院長の吉見は700名あまりの歯科医師の前で、発表をさせていていただくという機会を頂きました。
その際、お会いしたUCLA准教授 小川隆広先生のお話を聞き、インプラントの新しい時代を感じました。それが光機能化インプラントです。
詳しくは「なぜ、アップル歯科のインプラントは早く強力にくっつくのか?」に記してはいますが、噛み砕いていうと、インプラント自体の鮮度を
作りたての状態に戻す事により、骨との相性が良くなる性質を利用するという技術です。

この技術は、これ以降インプラント医達の話題のトピックスとなり、たくさんのインプラント医が今後の導入を検討しています。
アップル歯科クリニックでは、直接小川先生のお話を聞き、いち早くこの光機能化UV装置を導入することができました(兵庫県では現在2件)。
アップル歯科クリニックで行う全てのインプラント治療は、この光機能化技術を用いています。

研究レベルでの発表は、接着力が2倍・接着期間が3倍短縮されると言われています。アップル歯科クリニックのインプラントの成功率が高いのも、
この光機能化技術が導入されていることも要因の一つといます。

※アップル歯科クリニックは光機能化バイオマテリアル研究会が認める正規光機能化導入医院です。

詳しい説明と、豊富な資料

インプラントカウンセリング

アップル歯科クリニックでは、インプラントを含めて全ての治療において、カウンセリングが第一だと考えています。
まずは患者様の状態をうかがって、どのような治療があって、どれだけ選択肢があるのか、今自分の歯がどういう状態なのかなど、詳しくお話しします。
また、費用や支払い方法など、お話ししにくい内容も、気兼ねなくご相談いただけるよう、専門のコーディネーターがお話しを伺う機会も設けています。

さらに、いくらカウンセリングでは理解できても、家に帰ったら忘れてしうこともありますし、ご家族に説明するのも難しいかもしれません。
特にインプラントは、自分が希望する治療であってもご家族のご反対により諦められるという方も少なくない治療です。(確かに数十年前のインプラント治療は
確かなものとはいえなかったかもしれません)

ですから、アップル歯科クリニックでは、患者様ごとにたくさんの資料を用意しています。また、一般的な見解ではなく、
アップル歯科としての見解をご理解いただくため、ほとんどを医院独自で用意しているツールです。
カウンセリングにお越しの際は、あなたに合った資料をお渡ししますので、じっくり考え、あなたにとって一番良い治療を一緒に探していきましょう。

アップル歯科の豊富な資料


カテゴリー:インプラント

ブリッジや入れ歯との違い

入れ歯

インプラントと入れ歯の違い

入れ歯の長所

  • 比較的簡単に治療が受けられます。

入れ歯の短所

《治療回数2~5回》

  • 食事の度に、取り外して掃除が必要。
  • 噛み心地が悪く、固い食べ物では咀嚼に苦労します。
  • 違和感を感じます。
  • 発音が上手く出来ません。
  • バネがつくため、見た目も良くありません。
    (特に女性は、精神的な負担が大きいでしょう。)

治療回数

  • 2~5回

 

ブリッジ

インプラントとブリッジの違い

ブリッジの長所

  • 両サイドの歯がしっかりしていれば、確実な治療が出来る。
  • 固定式のため違和感がありません。
  • 1~2ヶ月程度で、歯がはいります。

ブリッジの短所

  • ブリッジを固定するために健康な周りの歯を削る必要があります。
  • 周りの歯に負荷がかかるため、長い目で見ると歯の寿命が短くなります。
  • 発音に問題が生じる場合があります。

治療回数

  • 4~7回

 

インプラント

インプラントの長所短所

インプラントの長所

  • 自分の歯と同じような感覚で噛む事が出来、食べ物の感触がよくわかります。
  • 周りの歯を傷つけません。
  • 見た目は自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります。
  • インプラントが顎の骨に力を加えるので骨が痩せるのを防ぎます。

インプラントの短所

  • 保険が適応されません。
  • 歯を抜くのと同程度の処置が必要です。
  • 入れ歯やブリッジより、治療に時間がかかります。(2~6ヶ月)

治療回数

  • 3~7回

 




フラップレス手術

骨量が十分な方に可能なフラップレス手術です。インプラント埋入部位の肉に小さな穴を開け、歯肉の切開剥離なしにインプラントを埋入します。
短時間で終わる上、術後の腫張と疼痛がほとんどありません。

動画はフラップレスの手術風景です。激しい出血はありませんが、苦手な方はご遠慮下さい。



カテゴリー:インプラント

インプラントって?

インプラントとはインプラントとは、歯が抜けてしまった部分の顎 (あご)の骨にチタン製の人工歯根(しこん)を埋め込み、その上から人工の歯を装着する治療方法です。
人工歯根は顎の骨としっかり結合しますので、自分のように良く噛むことが出来ます。

 

どうやって埋め込むの?

インプラント手術、その1
ドリルでインプラントを埋入する為の穴をあけます。

 

インプラント手術、その2インプラントを埋め込みます。

 

インプラント手術、その3キャップで覆い、固定されるまで2~5ヶ月待ちます。

 

上部構造物(人工の歯)の作製

インプラント手術、その4骨とインプラントの安定を確認します。

 

インプラント手術、その5キャップを外しアバットメントを装着し、被せものの型をとります。

 

インプラント手術、その6土台の上に人工の歯を装着すれば完成です。

 

完了後は

インプラント手術の完了後インプラントを長持ちさせるには、自分の歯と同じような手入れが必要です。ブラッシングはもちろん、4ヶ月に一度の定期検診を受けてください。




インプラント治療、成功の秘訣

インプラント治療の成功は病院選びから

インプラント治療は、1950年代に、スウェーデンゲッツバーグ大学の整形外科教授のブローネマクル先生が、チタンが骨と直接結合するという、オッセオインテグレーションという現象を発見したことに始まりました。

それ以来、インプラント治療はさまざまな問題点を克服し、また、さらなる進歩をとげ、現在では非常に高い確実性と安定性を確立しています。

こちらでは、インプラント治療を受ける医院を選択する際の目安をご説明いたします。

よく勉強しているドクターか?

よく勉強しているドクター

インプラント治療の経験はもちろん、学会、勉強会、講習会等へ積極的に参加しているか、あるいは、世界最先端の技術を学ぼうとする意欲が強いかどうかが大事です。そういう意欲の強いドクターが施術をすれば、まず間違いはないでしょう。当アップル歯科クリニックでは、全ドクターと常に勉強会を行い、技術の研鑽に努めております。

 

手術器具が滅菌されているか?

手術器具の滅菌

インプラント治療の失敗の原因のひとつとして、手術中の感染が考えられます。
当院では、手術中に使う器具はもちろん完全滅菌しており、また、ドクター、アシスタントは滅菌された手術衣を身に付けて手術を行います。

 

インフォームドコンセント(説明と同意)がきちんとなされているか?

インフォームドコンセント(説明と同意)がきちんと行う

患者様に、しっかり納得のいくまで十分な説明ができているか。また、その説明に患者様が本当に納得され、患者様がそのドクターのことを信頼されたかどうかが重要です。手術の技術や知識だけが豊富でもだめだと考えております。何でも気さくに相談できるドクターが理想です。また、担当医以外のドクターの話を聞くセカンドオピニオンも大事だと考えております。アップル歯科クリニックでは、インフォームドコンセントを全ドクターに徹底しております。

 

他科の知識があるか?

他科の知識も持っている

患者様の全身状態の把握、特に高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、喫煙、心臓病、脳血管障害等に注意し、内科医との連携も大事だと考えております。アップル歯科クリニックでは、内科・口腔外科・矯正科との連携の上で治療を行っております。

 

手術の手際がよいか?

手術の手際が良い

手術時間が長くなると、患者様もしんどいですが、手術部位への侵襲も大きくなります。手術はなるべく簡単にすばやく行うことが大事です。

 

メンテナンス(定期検診)を行っているか?

メンテナンス、定期検診を行う

インプラント治療は、噛めるようになったら終わりではありません。インプラントの10年後の生存率は全国平均で95%ですが、それを高めるためには、メンテナンスが必要です。インプラント撤去にいたる原因としては、インプラント自体の歯周病や、天然歯の崩壊による負担過重などにあります。インプラントはもちろん、ご自身の天然歯を守るためにも、メンテナンスは非常に重要です。
アップル歯科クリニックでは治療後、3~4ヶ月に一度来院していただき、歯周病予防(PMTC)を主体としたメンテナンスを行っております。

 




【無料相談】インプラントについて何でもご相談下さい。笑顔でお答えします。

インプラントの無料カウンセリング

  • 「インプラントってどんなもの?」
  • 「自分にも出来るの?」、「費用 は?」、「痛いの?」
  • 興味はあるけど、よく分からない。

など、インプラントに関して、いろいろな悩みや疑問がある方、ご相談下さい。

簡単なレントゲンのチェック後、出来る限りわかりやすく、図を用いて説明します。

無料カウンセリングを受けて頂いたからといって、必ず治療をしなければならないということはありません。
まずは、お気軽にご相談下さい。




アップル歯科のカウンセリング

トリートメント・コーディネーターと担当医によるカウンセリング

カウンセリング専用ルーム

アップル歯科クリニックでは、トリートメント・コーディネーターと担当医によるカウンセリングを実施しております。

また、専用のカウンセリング・ルームをご用意し、他の患者様にお話が聞こえることがないようにいたしております。安心して、トリートメント・コーディネーター、担当医にあなたの想いをお話し下さい。

カウンセリング専門スタッフ(トリートメント・コーディネーター=TC)によるカウンセリング

カウンセリングでは、患者様のお口の状態を確認し、今後の治療内容や治療の提案などを、お話させていただきます。

<ファースト・カウンセリング>

  • 今悩んでいること、どういった方法での治療をご希望なのか?
  • 特に気を付けてほしいことは何か?

など、はじめの不安を和らげるためのカウンセリングです。

<セカンド・カウンセリング>

症状がおちついてから、必要のある方に、今のお口の状況をご説明し、おおよその治療方針・回数などを決めていきます。
(主に、TCが担当させて頂きます。)

担当医によるカウンセリング

通常の治療時間内でのカウンセリングでは、時間が限られておりますので、 診療時間の後に行っております。

なぜカウンセリングが必要なのでしょう?

カウンセリングで、あなたのお口の現在、過去、未来をお話しします

カウンセリングとは、検査の結果から

  • あなたのお口の中の状態(現在)
  • なぜそうなってしまったのか(過去)
  • これからどんな治療方法があるのか(未来)

について詳しくご説明させていただき、患者様と担当医がご一緒に治療計画を相談することです。

これまでの歯科治療は応急処置の繰り返しでした。「歯が痛くなると、その痛みだけを取って終わり」といった治療では、本質的に何が悪いのか把握できません。

私達は、歯1本だけを見て治療していくわけではありません。例えば、家を建てる際に1本の柱のことだけ考えて家を建てる建築家はいません。当然、壁や屋根だけでなく、地盤や基礎工事も考える必要があります。そして、家は建築に掛かる費用や時間もしっかりと決めてから、初めて建て始められます。歯科治療も同じです。

カウンセリングは、私達が一方的に治療方法を説明するのではありません。カウンセリングは、10年後、20年後の長期的な予後を考慮した上で、どんな治療方法があり、どのくらいの期間、費用、回数で治療ができるのかを説明した上で、最善の治療方法を患者様と一緒に相談する、大切な打合せの時間なのです。

ただ、家を建てるのと違い、大人の歯は一生に一度しか生えてきません。そんな大切な歯を守り、一緒にお口の健康について考えていただくためにカウンセリングは必要なのです。

お願い

担当医によるカウンセリングは、患者様にゆっくりとご自身の治療について考えて頂くために、担当医1人が患者様1人のためだけに診療後の予約時間をとっています。キャンセルは極力控えて頂きますよう、宜しくお願いいたします。




痛みが怖い、時間がない、今まで治療できなかった方【短期集中歯科治療】

短期集中歯科治療~眠っている間にほとんどの治療を終らせます【自由診療】~

短期間で治療を終らせるため、歯科領域でよく使われる静脈内鎮静法を用いた治療法です。

  • 一度に主要な治療を終らせるので、一般に短期集中で快適に治療を受けたい方に。
  • 歯科恐怖症の(局所麻酔が苦手、治療の音が苦手など)ある方も治療が行えます。
  • 歯医者が嫌いで歯科治療を敬遠されておられる方も安心して治療を受けられます。

眠っているような状態で治療を行うため、あっという間に終ったと思えます。通常の治療が行えない方に、快適さと満足を提供するための治療です。

治療や音が嫌いな方も安心して受けられます
治療時間が短く感じられ快適に治療できます。
治療全体の回数や期間を大幅に短縮できます。
今まで歯科治療を受けられなかった方、お気軽にご相談下さい。



アップル歯科クリニックの義歯・入れ歯

義歯治療とは?

義歯治療は、加齢や虫歯、歯周病などにより歯が失われたとき、その機能や顔だちを義歯(入れ歯)により回復する治療です。

義歯には、失った歯の数や場所により、大きく2種類に分けられます。

全部床義歯

全部床義歯

全ての歯を失った場合に用いられます。

部分床義歯

部分床義歯

部分的に歯を失った場合に用いられます。残った歯に針金をひっかけて固定します。

義歯の心構え

義歯は、長い付き合いになるとの心構えが必要です

義歯を作られる際、「義歯を入れればすぐに噛める!」といったお考えは、 少し危険な考えかもしれません。 新しく作られた義歯は、新しい靴のようなもので、 初めは違和感や発音のしづらさとの戦いになります。サイズのあった靴を購入した場合も、靴擦れを起こしたりするのと同様に、義歯も粘膜に痛いところが出てきたりすることがあります。

患者様に、義歯に慣れる覚悟をしていただき、できるだけ不快な症状を取り除いていくことで、おいしくものを食べることのできる義歯の完成となります。

アップル歯科クリニックでは、義歯の違和感を解消するための義歯の種類をそろえております。

あなたににぴったりの義歯を一緒に考えていきましょう。




良くない歯並びの代表的なパターン

出っ歯・受け口・乱ぐい歯・八重歯etc…

出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱ぐい歯)などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
矯正治療をすることにより、キレイな歯並びになる事はもちろん、それ以外にも、より噛める。発音障害が改善される、調和の取れた顔立ちになる等さまざまな効用があります。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

上の歯が大きく前に突き出したり、上あごの骨から出ている場合もあります。

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)

下の前歯が上の前歯より、前に出ている状態。横顔も下あごが出ているように見える。

乱ぐい歯・八重歯

乱ぐい歯・八重歯

前歯の並びがボコボコ。八重歯とは、 犬歯が飛び出している状態。
あごに対して、歯が大きい場合や、乳歯の生え変わりが上手くいかなかった場合に起きる。歯ブラシが隅々まで行き届かないので、虫歯・歯周病の原因になることもある。

 

開咬

開咬

噛んだときに、上下の歯がかみ合わず、前歯の間があいている状態。
奥歯だけ噛んでいるので、奥歯に負担がかかる。

過蓋咬合

過蓋咬合

上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている状態。下の歯が上の前歯の裏の歯茎を噛んでしまい、歯茎を傷つけたりする場合もあります。

交叉咬合

交叉咬合

本来、上の歯が外にあるべきなのが、下の歯が外側に出ている状態。
かみ合わせが左右にずれていて、あごや顔が左右に曲がっている場合もあります。また、正中線(真ん中)がずれている場合もあります。

 




義歯の特徴比較

保険の義歯

保険の義歯
メリット

◎ほとんどの症例で使用することができる。
◎保険が適用されるので安価。

デメリット

◎噛む力が低い。(天然の歯の約10~20%)
◎何度も調整が必要。
◎装着時に落ちたり外れたりしやすい。
◎耐用年数が短い(3年程度)。

 

コバルト床 デンチャー

コバルト床デンチャー
メリット

◎スタンダードで症例が多い。
◎レジン床と比べて強度があり壊れにくい。
◎金属床の中では比較的安価。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎チタン床義歯と比べてやや重い。
◎プラチナと比べて温度の伝わりが若干遅い。
◎金属アレルギーが起こることがある。

 

チタン床 デンチャー

チタン床 デンチャー
メリット

◎様々な症例で対応が可能。(適応が広い)
◎親和性が高くアレルギーが少ない。
◎金属床義歯の中でも最も丈夫で強い。
◎発音しやすく会話も容易。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎他の金属床義歯より費用がかかる。

 

プラチナ床 デンチャー

プラチナ床 デンチャー
メリット

◎金属の中でもアレルギーが起こりにくい。
◎金属味が少なく味覚への影響が少ない。
◎食べ物の温度を感じる事ができる。
◎強度・弾性があり壊れにくくたわみにくい。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎変形しにくいため修理がやや困難。
◎他の金属に比べるとやや重い。

 

BPSデンチャー

BPSデンチャー
メリット

◎金属味がなく味覚に影響しにくい。
◎修理や調整が金属に比べて容易。
◎自分の歯ぐきに近い審美性。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎金属と比べるとやや強度が落ちる。

 

コンフォート デンチャー

コンフォート デンチャー
メリット

◎生体用シリコーンという柔らかい素材で痛みが少ない。
◎吸着性が強く落ちたり外れにくい。
◎様々な症例で対応が可能。(適応が広い)

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎柔らかい分噛む力が少し落ちる。
◎定期的な調整が必要。

 

ノンクラスプ デンチャー

ノンクラスプ デンチャー
メリット

◎装着や取り外しが簡単で手入れが楽。
◎義歯が落ちたりせず食事や会話が楽しめる。
◎メンテナンス性に優れている。

デメリット

◎装着前に神経を便宜的に取ることがある。
◎MRI等の検査で義歯を外す必要がある。
◎心臓ペースメーカー使用者は使えない。

 

コーヌスクローネ デンチャー

コーヌスクローネ デンチャー
メリット

◎コンパクトで薄く、装着・着脱が容易。
◎雑菌もつきにくく、口腔ケアも容易。
◎フィット感・装着感が良く破損しにくい。
◎他の義歯に比べて発音も容易。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎適用ケースが限られる
◎残っている歯を削る必要がある
◎治療技術や手間がかかる

 





明石アップル歯科へのお問い合わせ 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療時間

診療時間
月火木金:9:30~19:00
水曜:9:30~13:00
土日祝は9:30~17:00迄
※日、祝日診療は医院カレンダーによる
休診日
水曜日午後・日曜日

明石アップル歯科のプレミアムフラデー

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0
クリニッククラーク PEPPER 笑顔を作るプロになろう
加古川院のご案内 グループ医院 歯科 加古川 加古川アップル歯科 加古川でも世界水準の治療を

兵庫県加古川市平岡町土山909-33
TEL 078-942-4185

三宮 歯科・三宮アップル歯科のご案内 グループ医院 歯科 三宮 三宮アップル歯科 神戸でも世界水準の治療を

兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2
TEL 078-200-6802

アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 ブランク衛生士復職プロジェクト


このページのトップへ