ノンメタル治療について

HOME > 自由診療 > ノンメタル治療 > ノンメタル治療について

金属を使わない治療

お口の中にある金属は、時に見た目の弊害やアレルギーの原因となることがあります。

それらの原因となる金属を取り除き、ノンメタルの歯を入れることにより見た目を良くしたり、金属アレルギーによる症状を軽減できる可能性があります。

金属を用いた治療

金属を用いない医療

銀歯の除去と金属を使用しない補綴治療

治療の内容:銀の詰め物をセラミック13本をにやり変え、銀の被せ物(臼歯)を2本と前歯2本のやり変え
期間:1年4ヶ月
費用:1,128,600円(税込み)※自由診療
リスク:セラミックは陶材であるため、割れることがあります。

金属の害について

「金属アレルギー」といえば、多くの方が、発症頻度の高いピアスやネックレスによるアレルギーを連想されますが、ニッケル、クロム、コバルトなどはチョコレート、ココア、豆類、香辛料、貝類、胚芽などに多く含まれています。一方歯科金属はパラジウム、金、水銀、錫などを含有することが多く、時にニッケル、クロム、コバルトなども含むこともあります。これらの金属は皮膚、粘膜、腸管、気道の粘膜で吸収され、汗、乳汁、涙、尿そして糞便中に排泄されます。その金属が生体内に吸収されることにより、掌蹠膿疱症(手足に膿がでる病気)、汗疱状湿疹(手足に水ぶくれができる病気)、扁平苔癬(口の中にレース状の白色の苔のようなものや手背などに多角形の紫紅色のブツブツが出来る病気)、貨幣状湿疹(丸いジクジクした湿疹)、痒疹(虫刺されのようなものが全身にできる病気)、紅皮症(全身が真っ赤になる病気)などを発症もしくは増悪し、その摂取の制限により軽快することがあります。このような病気を全身性金属皮膚炎といいます。

以下の文献を参考に記しています:公益社団法人日本皮膚科学会 全身性金属皮膚炎(全身型金属アレルギー)はどのようなものですか?

金属アレルギーの症状
皮膚症状(アレルギー反応)
手足のかぶれ・シミ・シワ・肌荒れ・老化
ガルバニ電流
肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒・重金属毒)・ うつ・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調症
その他
癌・糖尿病・心筋梗塞など全身的な症状

アマルガムの現実

アマルガムの欠点は、1)金属色をしている、2)歯には接着しない、3)水銀が使用されることです。最近、歯の色をし、歯に接着し、水銀を使用しないプラスチックやセメントなど優秀な材料が、しかも改良を重ねて幅広く使用されています。したがって、当然ながらアマルガムの使用は、全世界的に減ってきているのが実情です。
参考文献:日本歯科保存学会 歯科用アマルガム(に含まれる水銀)に関する Q & A 集

タグ: , ,

ノンメタル治療について | 公開日: 2009/09/02 | 更新日: 2009/09/02 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top