ノンメタル治療のQ&A

HOME > 自由診療 > ノンメタル治療 > ノンメタル治療のQ&A

ノンメタル治療に関するよくある質問

Q虫歯治療をしたら銀歯を入れないといけないと言われました。 銀歯を入れることに抵抗があるんですけど他に治療法はないのでしょうか?
A現行の保険制度では、虫歯を治療した後には銀歯かプラスチックでしか治療できないのが現状です。ただし、保険診療ではなく自由診療ですと、銀歯を使わずに治療できるようになります。セラミックと言われる材料を用いると、見た目が自分の歯に近い仕上がりの治療できます。
Q歯科で用いられる銀歯にはどのような成分が含まれているのですか?
A主なものは金、銀、銅、パラジウムとなっており、その他に銅や亜鉛、鉄、アルミニウム、インジウム、ゲルマニウムなどの様々な成分が含まれています。
Q銀歯を入れたら皮膚が赤くなりました。何か関係がありますか?
A歯科で使用される金属によって金属アレルギーを起こしてしまった可能性があります。歯科金属アレルギーの症状として、金属と触れている所に起こる皮膚や粘膜の炎症や痛み、もしくは口から離れた遠隔部位であっても、湿疹様反応や掌蹠膿疱症なとが起こる可能性があります。(※1)特に金属アレルギーが関わる可能性が高い病変として、扁平苔癬というものがあります。扁平苔癬とは、皮膚や粘膜にできる炎症をともなう難治性の病変です。お口の中では頬の粘膜に頻繁に認められますが、舌や唇にも生じます。白い粘膜の角化(かっか)がレース状にみられ、周囲に赤みを伴うのが特徴です。しばしば、びらんや潰瘍を形成し、接触痛を認めたり、食物がしみたりします。まれにがん化することもあります。正確な原因は不明とされていますが、歯科用の金属によるアレルギーが関与するとされているため、治療で使用された金属をとると症状が良くなることがあります。(※2)
ただし、これらの症状が必ず歯科用金属と結びついているとは限らないので、金属アレルギーの症状=必ず歯科用金属が原因、と決めつけずに検査をする必要があります。もし違うと、せっかく費用をかけて金属アレルギーの診断には、どの金属に対するアレルギー反応が出るのかを調べるパッチテストと言われる検査が必要です。皮膚科に受診すると行ってくれるところが多いです。
Qノンメタル治療のメリット、デメリットについて教えてください
A主なものとして

メリット

  • 金属アレルギーの心配がない
  • 見た目が自分の歯に近いものができる
  • セラミックの場合、自由診療になるため性能の良い接着剤を使える
  • セラミックの場合、熱と電気を通しにくいため刺激が伝わりにくい

デメリット

  • 金属に比べ、脆いため割れてしまうリスクがある
  • 自由診療のため、費用が高額になることが多い
などが挙げられます。

※1)歯科金属アレルギーは口腔内の金属補綴修復物に含まれる金属元素をアレルゲンとしてアレルギー反応が感作,惹起され,局所性,全身性の接触皮膚炎を病態とする疾患として理解されている

※2)歯科用金属によるアレルギーが疑われる場合は、原因と思われる充填物(つめもの)や冠(かぶせもの)を除去する必要があります。

タグ: , ,

ノンメタル治療のQ&A | 公開日: 2019/05/07 | 更新日: 2019/05/07 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top