歯並び矯正

アップル歯科クリニックの矯正治療について

矯正治療は、専門医の楊先生と院長が担当します。

アップル歯科 矯正治療実績 2011年8月現在
成人矯正 174件 小児矯正 121件

矯正治療という言葉を、最近ではよく耳にする事と思います。
昔は「痛くなければいい、噛めればいい」との認識から、 いまや時代も変わり

  • より綺麗で、しっかりした歯並びの方が、いい笑顔 いい印象を与える事ができる
  • 虫歯や歯周病などにならないために、歯磨きがしっかり出来たほうがいい
  • 歯を長持ちさせる為にはしっかりとした歯並びのほうが、丈夫で長持ちする

といったように、「よりよい健康な状態をしっかり作っていく」といった認識も増えてきているかと思います。

そんな悩みを直してくれるのが、矯正治療です。

昔からの矯正では、

メタルブラケット
  • 矯正装置が目立つ
  • 装置を長くつけなければならない
  • 歯を抜かなければいけない

等、いろいろデメリットがありましたが、


最新の矯正では、

クリアブラケット

● 今までより目立たない装置を使用

リンガルブラケット

● 歯の裏側につける装置を使用

デーモンブラケット

● 従来より歯が動くスピードが速い装置を使用


ミニインプラント

● インプラントアンカーにより期間短縮が可能

マウスピース

● 装置をつけずマウスピースを使った方法

歯の移動もよりスムースに動く方法が注目され、より痛くなく、早くといったご要望にもお答えできるようになり、以前は抜歯が必要なケースでも回避できる可能性も増えてきました。

いままで歯並びで悩んでいたり、コンプレックスで人前で大きなお口で笑えないとお考えのあなた、ほんの少し勇気を振り絞って、ご相談下さい。

私自身も、23歳のときに矯正治療を行った経験があるので、矯正の悩みや苦労・終わった後の満足感も理解していますし、説明も体験談を交えて、お答えできるかと思います。

一緒に、大きく笑える綺麗な歯を目指していきましょう!




良くない歯並びの代表的なパターン

出っ歯・受け口・乱ぐい歯・八重歯etc…

出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱ぐい歯)などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
矯正治療をすることにより、キレイな歯並びになる事はもちろん、それ以外にも、より噛める。発音障害が改善される、調和の取れた顔立ちになる等さまざまな効用があります。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

上の歯が大きく前に突き出したり、上あごの骨から出ている場合もあります。

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)

下の前歯が上の前歯より、前に出ている状態。横顔も下あごが出ているように見える。

乱ぐい歯・八重歯

乱ぐい歯・八重歯

前歯の並びがボコボコ。八重歯とは、 犬歯が飛び出している状態。
あごに対して、歯が大きい場合や、乳歯の生え変わりが上手くいかなかった場合に起きる。歯ブラシが隅々まで行き届かないので、虫歯・歯周病の原因になることもある。


開咬

開咬

噛んだときに、上下の歯がかみ合わず、前歯の間があいている状態。
奥歯だけ噛んでいるので、奥歯に負担がかかる。

過蓋咬合

過蓋咬合

上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている状態。下の歯が上の前歯の裏の歯茎を噛んでしまい、歯茎を傷つけたりする場合もあります。

交叉咬合

交叉咬合

本来、上の歯が外にあるべきなのが、下の歯が外側に出ている状態。
かみ合わせが左右にずれていて、あごや顔が左右に曲がっている場合もあります。また、正中線(真ん中)がずれている場合もあります。





歯並びが悪いと

歯並びが悪いと・・・

歯並びが悪いと

問題のある噛み合わせは、心と体にいろいろと影響を及ぼします。

もちろん、この中の内容、すべてに当てはまるとは限らないし、人間には順応性があるので、ある程度噛み合わせが悪くても、体がそれに適応して、支障のない程度に生活をすることは出来ます。

しかしながら、そうした無理が長く続けば、やがてどこかに歪みが出てきてもおかしくありません。人前で思いっきり笑えなかったり、笑顔に自信が持てないなど、対人面でも問題が出てくる可能性も考えられます。

  • 歯磨きが行き届かず、虫歯や歯周病になりやすい。
  • 良く噛まずに飲み込むことで、胃腸障害が起こりやすい。
  • 良く噛まずに飲み込むことで、肥満になりやすいこともある。
  • 歯を食いしばることが出来ないので、運動能力も低下しがちになる。
  • 物をしっかりと噛みづらいため、あごの発達に影響を及ぼしやすい。
  • あごの間接に負担がかかり、あご関節症の原因になる可能性がある。
  • ストレスが貯まりやすく、集中力が低下しがちになる。
  • 話すときに息が漏れると、発音が悪くなる。
  • 歯に対する劣等感から、人間関係に消極的になりやすい。

このように、歯並びが悪くて良いことは、1つもありません。

 

良い歯並びとは

良い歯並びとは

ただ綺麗に並んでるだけでは、「良い歯並び」とは言えません。

見た目の綺麗さだけでなく、歯の機能面も良くて初めて「良い歯並び」と言えます。

歯並びの善し悪しは、歯のレベルで問題がある場合と、あごの骨に問題がある場合、そしてその両方が問題になっている場合があります。

 




小児矯正(歯列育形成)

小児矯正(歯列育形成)とは

小児矯正、歯列育形成とは

歯並びが悪くなる原因は、アゴが小さく、すべての歯が、きちんと生えることが出来ないためです。
例)乱ぐい歯、八重歯 など

より早い時期に、歯並びが悪くなる原因を取り除き、よりよいかみ合わせが出来るトレーニングを行うことで、より効果的な歯並びを作ります。

少ない労力で、大きな成果を生む方法として、注目されています。

  • 脳の働きが、活発になります。
    よく噛んで食べることによることによる刺激で、脳の働きが活発になり、知能の発達が促されます。
  • 性格が明るくなります。
    歯並びが悪いことを気にして、消極的にだったお子様が自分に自信を持ち、元気に笑えるようになります。

小児矯正(歯列育形成)の適正年齢は、5~12才です。

小児矯正、歯列育形成の適正年齢

アゴの拡大がしやすいのが、この時期です。
(10才を越えると、アゴの拡大が難しくなるために、一般的な矯正治療の適応になるかも知れません。)


反対咬合の場合は、早期に行なう治療もあります

ムーシールド ムーシールド

今までは本人の協力が望みにくい3~4歳の乳歯列に関しては、積極的に治療は行なっていませんでした。歯の矯正は、適切な時期に短期間で治療するのが理想ですが、反対咬合のお子様は 治療時期が遅くなると、程度がひどくなる傾向もあります。ですからより早期に矯正治療を始めることで、正しい成長発育ラインに乗せることを目的にこの装置を使用します。


小児矯正(歯列育形成)に関するQ&A

大人の矯正とどう違うの?

乳歯の時に、歯の生えるスペースを確保するので、健康な永久歯を抜かなくて済みます。

小児矯正、歯列育形成の適正年齢

どんな治療をするの?

プレートという取り外し可能な装置を夜間、お口の中に入れるだけです。

プレートを嫌がらない?

小さい子ほど、驚くほど順応性が高いので、プレートにもすぐ慣れます。





お子様の歯並びが悪いと、睡眠時無呼吸症候群の原因となります。

小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)は、21世紀の現代病と言われており、日本人でも300万人前後の潜在患者数が認められている病気です。
SASは、主に30代~60代の成人男女に見られる病気ですが、実はお子様の場合でも「小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群」という、小児特有の病気があることはあまり知られていません。

成人の場合、SASの原因は肥満・顎や口腔内の形状・舌の大きさやポジション・喉の形状などが上げられますが、小児の場合はそれに加えて、成長ホルモンの分泌が非常に弱くなるという特徴があります。成長ホルモンの分泌は、通常、夜間の睡眠時にピークを迎えます。つまりSASの影響により成長ホルモンが分泌されないために、脳や体の発育が妨げることになってしまうのです。

小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群

小児のSASの主な特徴(見分け方)

SASの正確な診断には、脳波・眼の動き・心電図・鼻と口の気流の測定、胸腹運動などを記録する終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)という装置を使った診断が必要です。
以下のいずれかの症状が複数当てはまる場合は、PSGのある大規模な病院(小児科・耳鼻咽喉科)でご相談下さい。

SASの見分け方

上尾中央総合病院 耳鼻咽喉科 原睦子氏らの論文によると、SASの小児に対し、アデノイド切除術、口蓋扁桃腺摘出術を行い、手術前後の体格や体組成、尿中GHの評価を行った結果、術後1ヶ月時の尿中GH上昇に伴い、6ヶ月前後の身長の伸びと体格の改善が認められた」とあります。
これは分かりやすくいうと、SASを改善させることにより成長ホルモンの分泌が回復したという事です。
また、別の研究では、SASの小児患者は正常な咬合群(咬み合せ)と比較して、顎が成長していないことが分かっています。(川島成人氏ら「学童期における閉塞性睡眠時無呼吸症候群患児に関する歯科学的研究」参照)
つまり顎の成長を正しく促してあげれば、成長ホルモンが分泌され、SASの改善だけでなく、子供の成長そのものを促す事にもなるということです。
そして同じ研究では、SAS患者は、幼児期から耳鼻咽喉科及び小児歯科医が協力して管理や治療を行うことが必要であると締められています。

小児のSASの予防や治療にも、小児矯正が有効です

歯列育形成

小児矯正は大人の矯正とは違い、顎を広げて歯を並べる方法です。
歯を並べることによって、SASの予防・治療が可能であるということですから、お子様の将来にとっても良い選択であると考えられます。
特に両親のどちらか(もしくはいずれも)がSASかもしれないという疑いをもたれておられる方。SAS自体は遺伝はしませんが、骨格や体質は遺伝によることが多いです。
お子様のきちんとした成長を促すために、もしくは将来的なSASから守るためにも、一度小児矯正をご検討下さい。

 

SAS患者のお子様にメスを使わない治療を望むなら

歯列育形成装置

小児のSASの治療には医科ではアデノイド肥大に対する薬物療法やアデノイド切除術、口蓋扁桃腺摘出などの外科処置などが挙げられています。
つまり薬を使うか、外科的な手術を行うことが多いということです。
しかし、お子様に対する歯科的なアプローチとしては「歯列育形成」という顎を広げる矯正です。成人矯正のように便宜的に歯を抜く事もありません。
即ち歯列育形成はデメリットの少ない矯正と考えて良いと思います。身体も心も脳も活発になるため、お子様のQOLも高まり、本来の子供らしい姿を見られます。
ただしSASは医科の診断が必要な病気です。SASの治療に「歯列育形成」をご希望される場合は、医科の病院にて診断の後、担当医とご相談の上お越し下さい。



カテゴリー:歯並び矯正 |

あなたの歯並び、チェックしてみませんか?

セルフチェックしてみましょう

チェックがいくつかあれば、かみ合わせに問題があるおそれがあり、一度相談されることをオススメします。


顔の左右が非対称
上下の歯の中心がズレている。
“イーッ”と口を大きく開けたとき、上下の歯の間に隙間がある。
口を一番大きく開けても、自分の指が縦に2本以上は入らない。
上下の唇が閉じにくい。閉じたときに、あごの先に梅干しのようなシワが出来る。
口を開閉するときに、あごが”カクカク”と音がする。
前歯が出ている。
下あごが前に出ている。
下あごが後ろに下がっている。
口元が全体的に出ている。

0~3: 気になる点があれば、治療を。
3~7: 要注意 一度相談されることを、オススメします。
7~ : 警戒 歯を長持ちさせるには、矯正治療をされることを、強くオススメします。




インコグニート(目立たない舌側矯正)

周りに気付かれない矯正「インコグニート(アイブレイス)」を導入しています。詳しくは担当医にご相談下さい。
インコグニート(アイブレイス)について

インコグニート

インコグニート(アイブレイス)は、歯の裏に着ける舌側矯正という種類の、装置をしていることが非常に気づかれにくい矯正です。




舌側矯正 ハーモニー矯正

ハーモニー矯正

ハーモニー矯正

CAD/CAMシステムにより患者様個人に合わせて作られる歯の裏側に付ける矯正装置です。

ハーモニー矯正の特徴は、ブラケットがデーモンシステムのブラケットのように、開閉する仕組みになっており、ワイヤーを装置に止めるゴムや細いワイヤーをする必要がありませんので、他の裏側矯正よりも
ワイヤーに対する違和感を少なくし、清掃を簡単にすることが可能です。

ハーモニー矯正の動画




目立たない・ワイヤーを使わないマウスピース矯正 インビザライン

マウスピース矯正インビザラインとは

インビザライン

インビザラインは、米国「アラインテクノロジー社」が開発した、薄くて目立ちにくいマウスピース型の矯正装置です。すでに世界では140万人の患者様がこの装置による歯列矯正を行っており、実績にも優れたマウスピース矯正です。

自分の歯型に合わせてカスタムメイドされたマウスピースを2週間に1度交換しながら、歯を徐々に移動していきます。従来の矯正装置のようなワイヤーを使用しないため、見た目には矯正装置をつけている事は容易に分かりません。

インビザラインは、自宅で治療を進めて行くことができるので、1.5~3ヶ月の間隔の通院で治療が可能になります。

インビザライン認定証

  • 1.痛みが少ない
    従来の矯正装置のような、ブラケットやワイヤーを使用しないため装置が粘膜や舌にあたる痛み、それによる口内炎を生じることはほとんどありません。新しいインビザラインに交換した直後はしめつけられるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)がありますが、数分から数時間で消失します。
  • 2.取り外しができるので衛生的
    アライナーは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。従来型の矯正装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないので矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。
  • 3.ワイヤーがないので金属アレルギーや煩わしさがない
    インビザラインはプラスティック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。重篤な金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。
  • 4.透明の薄いマウスピースなので目立たない
    アライナーは薄く透明なので、歯につけていても目立たないのが大きな特長です。
  • 6.会話への影響が少ない
    装置自体の厚みが薄いので、会話に影響が出にくいのも特徴です。万が一の場合でも、取り外しができるので、 必要に応じて外してお話することも可能です。



矯正期間の短縮と歯周外科処置「コルチコトミー」手術

長い矯正治療の期間を短縮する方法として、「コルチコトミー」という外科処置があります。矯正治療は、通常ブラケットを着けた歯をワイヤーで引っ張り、徐々に歯を並べていきます。このコルチコトミーは別名「歯槽骨皮質骨切除術」とも言うのですが、外科処置として歯肉を切開し、内部の軟らかい骨組織に切り目を入れることで、ワイヤーで歯をそろえるスピードを早める効果がある他、歯周病におかされた歯周組織の改善も行える方法です。

「手術」というだけで、大掛かりなものと思われがちですが、実際には親知らずの抜糸と同程度の外科的処置だと思っていただいていいかと思います。ただし、適応には限りがあり、歯ぐきや骨の状態など、精密な検査の上でこの術式の可否は診断されます。

コルチコトミーの適応例(歯周外科処置と矯正の期間短縮)

1.審査・診断

主に乱ぐい(歯並びがバラバラ)の方に適応される処置です。この方の場合、歯を支える骨が少なく、且つ早く矯正治療を進めるためにコルチコトミーをご提案し、施術しました。


2.矯正装置の取り付け

矯正装置の装着は、術前に行います。装置の適用に関しては、当院では矯正認定とセッションした後、歯の動きを充分計算し装着します。


3.歯ぐきを剥離し、切れ目を入れる

コルチコトミーと言われる手術です。両側の歯ぐきをめくり、骨の薄い部分を目視で確認していきます。もしこの方のように、歯ぐきの中の骨が薄い状態で矯正を進めると、良い結果が得られないばかりか、矯正治療の為に歯がぐらついてしまうこともあります。この段階で、あらかじめCTやレントゲンによって立てた治療計画に従い、歯をスムーズに動かすための切れ目を入れていきます。


4.人工骨による骨盛り

薄い歯茎を強くするために人工骨を盛っていきます。特に歯の根の周りの骨が薄い部分には重点的に人工骨をいれ、骨を作っていきます。


5.歯肉の縫合

手術のためにめくった歯ぐきを閉じ、縫合します。これで外科処置は終了です。ここから数ヶ月で歯が動き、同時に骨が出来てきます。

 

コルチコトミーは外科的な処置ですから、術後の痛みや腫れを伴う事があります。こちらも親知らずの抜歯と同程度ですが、手術後はしっかり歯科医師の指示を聞いてお薬を飲んでください。

※コルチコトミーに治療期間がどれだけ短縮できるか明確にお伝えできる処置ではありません。 ※コルチコトミーは症状により適応が限られてきますので、施術の適応はドクターの判断とさせていただきます。




矯正カウンセリング

矯正カウンセリングの流れ

問診

問診

  • 現在の歯並びはどうなっているのか
  • はえかわりがうまくいっていない

などの確認し、現状の歯並びで、今後どのようになるか、矯正が必要かどうかを、専門医が診察いたします。

 

資料収集

資料収集

詳細なカウンセリングのために、現在の歯形を取り、かみ合わせやレントゲン写真を撮ります。

 

カウンセリング

カウンセリング

矯正のスペシャリストから、今後の状態・治療内容や、治療方法の詳細・治療期間や費用など、詳しくに説明をさせていただきます。

 

日本矯正歯科学会認定医によるカウンセリング

矯正専門医の楊先生

月に一度(毎月第1週目の金曜日)日本矯正歯科学会認定医である アキラ矯正歯科クリニック 楊 浩彰 院長 による、矯正相談を実施しております。 歯並びや噛み合わせでお悩みの方や、お子様の歯並びが気になっている方の ご相談にあらゆる方法をご提案させていただきます。

※ 日本矯正歯科学会認定医による診察は、診察料として2,100円が必要です。

 




成人矯正の症例写真【大人の矯正】

《叢生》《前突》ブラケット矯正による顔貌の変化

  • Before

    before
  • After

    after
  • 前歯の前突感を気にされ、部分矯正を希望で矯正の無料相談にお越し頂いた患者様です。前医でも部分矯正の相談をされたそうですが、全体矯正が必要と言われたそうで、他の歯科での診断も気になるということで来られたそうです。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    《空隙歯列》1年8ヶ月で治療を終えた叢生の成人矯正

  • Before

    before
  • After

    after
  • 歯がしみるということでご相談に来られた患者様ですが、カウンセリングを進める中で、前歯のすき間が気になられておられるとのことでした。子供の頃に舌癖の指摘を受けたことがあるとのことでしたので、おそらく幼い頃の習癖が問題で少し歯と歯の間が広がってしまったものと考えられます。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    《叢生》1年8ヶ月で治療を終えた叢生の成人矯正

  • Before

    before
  • After

    after
  • ホームページをご覧になり、かなり遠方から矯正相談に来て頂いた患者様です。小さい頃から咬み合わせと叢生(ガタガタの歯並び)が気になり矯正治療をしたいというご希望でした。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    《叢生》MTM(部分矯正)と補綴による前歯の審美治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • 検診で来られた患者様です。数年前に他院で入れらた前歯が色味や形が気になるというご相談がありました。経年劣化とは思いますが若干の不適合があり、もともとの軽い叢生も伴っていましたので、前歯にすき間ができており、MTM(部分矯正)と補綴(前歯の被せ物)のやりかえを行っていきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    《上顎前突》《正中離開》《叢生》上顎前突と正中離開の抜歯を伴う矯正

  • Before

    before
  • After

    after
  • 上顎前突(出っ歯)が気になってご来院された患者様です。咬み合わせが深く、奥しか噛んでいないということと、前歯のすき間が広いことがお悩みでした。また、矮小歯(小さな歯)も審美的に気になるということで、全体的な治療がご希望でした。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    《開咬》《叢生》《上下顎前突》32歳女性、開咬と叢生の矯正治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • 歯並びが気になるということで、矯正相談に来られた患者様です。ご主人様がホームページで当院を探して下さり、お越し頂いたとのことでした。咬み合せの診断としては、開咬と叢生、上下顎前突の3つの傾向が見られました。特に開咬は治療が困難とされ、外科矯正の適応となることもある咬み合わせです。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    《叢生》マウスピース矯正による前歯の隙間の審美回復

  • Before

    before
  • After

    after
  • 歯並びが気になるということで、矯正相談に来られた患者様です。ご主人様がホームページで当院を探して下さり、お越し頂いたとのことでした。咬み合せの診断としては、開咬と叢生、上下顎前突の3つの傾向が見られました。特に開咬は治療が困難とされ、外科矯正の適応となることもある咬み合わせです。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    《叢生》《上顎前突》36歳女性、叢生のブラケット矯正

  • Before

    before
  • After

    after
  • 歯並びが気になるということで無料相談に来られた患者様です。当初別の医院で非抜歯矯正も検討されていたそうですが、治療計画・費用・期間を説明し、相談した結果当院での矯正治療をすすめることを決められました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    《叢生》《開咬》32歳女性、叢生の非抜歯矯正

  • Before

    before
  • After

    after
  • 時々全体的にお痛みがあるということでご来院された患者様です。原因は歯肉炎症による歯肉膨張よるものでしたが、一日3回の歯磨きをしているにも関わらず罹患されたことで、磨き方などを気にされておられました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る
    もっと見る


    小児矯正の症例写真

    拡大装置と抜歯矯正による歯並びの改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 子どもの頃に、虫歯でこられた患者様です。歯並びが気になっておられたので12歳の頃に矯正治療を開始しました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    Ⅰ期治療(拡大床による骨格矯正)による叢生の小児矯正

  • Before

    before
  • After

    after
  • 小さい頃から通って頂いている患者様です。大きくなるに連れ、前歯の歯並びが特に気になりだしたということで、ご両親ともカウンセリングにお越しいただき、現状と今後についてしっかりお話させて頂いた結果、矯正治療をスタートすることになりました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    癒合歯や叢生、将来的なリスクを回避する為の拡大装置による小児矯正

  • Before

    before
  • After

    after
  • 子どもの頃から、癒合歯の経過観察と予防でご来院頂いていた患者様です。フッ素や予防に抵抗がなく、虫歯や歯周病に関しては問題なかったのですが、若干叢生ぎみで、上顎前突の傾向がありました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    癒合歯や叢生、将来的なリスクを回避する為の拡大装置による小児矯正

  • Before

    before
  • After

    after
  • 癒合歯や叢生、将来的なリスクを回避する為の拡大装置による小児矯正

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    埋伏過剰歯の抜歯による歯並びの改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 埋伏過剰歯の抜歯症例です。前歯の開きが大きく、歯並びが気になるということで来院されました。 レントゲンとCTで確認したところ、埋伏歯がわかりましたので、抜歯術を行なうことになりました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る
    もっと見る


    自由診療 料金【矯正治療】

    種類 説明 料金
    診断料
    診断料
    パノラマレントゲン・顔面写真・口腔内写真・拇指尺側種子骨写真・咬合模型等、歯列矯正のための診断資料を採取します。 30,000円+税
    mtm
    MTM
    1本~数本に限定した矯正治療を行う方法です。 100,000円~300,000円+税
    ブラケット矯正
    ブラケット矯正
    ブラケットと言う一般的な装置を使った歯列矯正です。ブラケットには種類があり、種類ごとに費用は異なります。 片顎300,000円+税
    両顎600,000~700,000円+税
    メタルブラケット
    メタルブラケット
    メタルブラケットと呼ばれる金属のブラケットを使用する歯列矯正です。一般的な矯正ですが、金属が目立つデメリットがあります。 600,000円+税
    クリアブラケット
    クリアブラケット
    クリアブラケットという透明のブラケットを使用する歯列矯正です。ブラケットが透明なため目立ちにくくなっています。 650,000円+税

    デーモンシステム
    デーモンブラケットと言う特殊なブラケットで、弱い力で無理なく歯を動かす方法です。 700,000円+税
    アイブレイス
    アイブレイス
    歯の舌側に着けるため、非常に目立ちにくいオーダーメイドのブラケット装置です。 (両顎)1,400,000 円+税
    (コンビネーション)1,100,000 円+税
    プチ矯正
    プチ矯正
    部分的な矯正治療を行う方法です。適用には限りがあり、状態によって費用は異なります。 応相談
    難加算 矯正治療の隔たりとなる問題があるなど、難しい症例の場合には加算があります。 100,000円~300,000円+税
    挺出
    挺出
    矯正力を使い、歯の根を少し引っ張り出す方法です。 50,000円+税
    ムーシールド
    ムーシールド
    お子様の反対咬合の早期治療です。 1装置80,000円+税

    調整料
    月に1度程度の矯正の調整の費用です。歯周病予防等も行うこともあります。 3,000円~5,000円+税
    mtm
    咬合育形成
    お子様の矯正で、成人矯正(歯を抜いてスペースをあける矯正)とは異なり、アゴを広げる方法です。 400,000円~500,000円+税
    ミニインプラント
    矯正用ミニインプラント
    小さなインプラントを土台にしてワイヤーをかける方法です。通常ではかけられない場所にワイヤーをかけられますので、歯の動きが早くなります。
    (床矯正あるいはムーシールド終了後に全体矯正をする場合は1装置分の費用は全体矯正の費用の一部とします)
    20,000円+税
    リテーナー
    リテーナー
    矯正治療が終った後に、しばらくの間後戻りを防ぐために着ける装置です。 片顎10,000円+税
    MFT
    MFT(筋機能療法)指導
    口腔習癖(お口の癖)を治すためのトレーニングの指導と、ドクターによるチェックとアドバイスを行います。 30分/3,000円+税
    コルチコトミー
    コルチコトミー
    歯肉を切開し、歯槽骨に切れ目を入れることにより、矯正のスピードを速め、同時に歯周病の改善も行う小手術です。 1ブロック100,000円+税
    フルブロック600,000円+税



    神戸・明石の歯医者 アップル歯科クリニックの矯正治療について。アップル歯科クリニックでは見た目はもちろん、将来のお口の健康を考えた歯列矯正治療をご提案いたします。

    明石市の歯医者で歯科治療を受けるならこちらへ相談。

    明石アップル歯科の診療について 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
    駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
    明石アップル歯科の診療時間

    電話番号
    078-935-4182(ヨイハニ)
    急患・新患受け入れ可能
    所在地
    兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

    アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 クリニッククラーク PEPPER 明石アップル歯科のプレミアムフラデー
    神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0


    このページのトップへ