矯正期間の短縮と歯周外科処置「コルチコトミー」手術

HOME > 自由診療 > 歯並び矯正 > 矯正期間の短縮と歯周外科処置「コルチコトミー」手術

矯正で歯の動きを早める方法

当院では長い矯正治療の期間を短縮する方法として、「コルチコトミー」という外科処置があります。矯正治療は、通常ブラケットを着けた歯をワイヤーで引っ張り、徐々に歯を並べていきます。このコルチコトミーは別名「歯槽骨皮質骨切除術」とも言うのですが、外科処置として歯肉を切開し、内部の軟らかい骨組織に切り目を入れることで、ワイヤーで歯をそろえるスピードを早める効果がある他、歯周病におかされた歯周組織の改善も行える方法です。

「手術」というだけで、大掛かりなものと思われがちですが、実際には親知らずの抜糸と同程度の外科的処置だと思っていただいていいかと思います。ただし、適応には限りがあり、歯ぐきや骨の状態など、精密な検査の上でこの術式の可否は診断されます。

コルチコトミーの適応例(歯周外科処置と矯正の期間短縮)

STEP1審査・診断
主に乱ぐい(歯並びがバラバラ)の方に適応される処置です。この方の場合、歯を支える骨が少なく、且つ早く矯正治療を進めるためにコルチコトミーをご提案し、施術しました。
STEP2矯正装置の取り付け
矯正装置の装着は、術前に行います。装置の適用に関しては、当院では矯正認定とセッションした後、歯の動きを充分計算し装着します。
STEP3歯ぐきを剥離し、切れ目を入れる
コルチコトミーと言われる手術です。両側の歯ぐきをめくり、骨の薄い部分を目視で確認していきます。もしこの方のように、歯ぐきの中の骨が薄い状態で矯正を進めると、良い結果が得られないばかりか、矯正治療の為に歯がぐらついてしまうこともあります。この段階で、あらかじめCTやレントゲンによって立てた治療計画に従い、歯をスムーズに動かすための切れ目を入れていきます。
STEP4人工骨による骨盛り
薄い歯茎を強くするために人工骨を盛っていきます。特に歯の根の周りの骨が薄い部分には重点的に人工骨をいれ、骨を作っていきます。
STEP5歯肉の縫合
手術のためにめくった歯ぐきを閉じ、縫合します。これで外科処置は終了です。ここから数ヶ月で歯が動き、同時に骨が出来てきます。

コルチコトミーは外科的な処置ですから、術後の痛みや腫れを伴う事があります。こちらも親知らずの抜歯と同程度ですが、手術後はしっかり歯科医師の指示を聞いてお薬を飲んでください。

※コルチコトミーに治療期間がどれだけ短縮できるか明確にお伝えできる処置ではありません。 ※コルチコトミーは症状により適応が限られてきますので、施術の適応はドクターの判断とさせていただきます。

タグ: , ,

矯正期間の短縮と歯周外科処置「コルチコトミー」手術 | 公開日: 2009/08/19 | 更新日: 2009/08/19 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top