歯周病(歯槽膿漏)

歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病が起因する全身の病気

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされており、ギネス・ブックにも掲載されいる、非常に羅漢率の高い病気です。また、この感染症は、感染者数が多いだけでなく、歯が抜ける原因の第一位を占めるほど感染によるリスクの高い病気でもあります。

  • 歯周病(歯槽膿漏)は歯を支える周りの組織に起こる病気です。
  • 日本人の場合、30歳代の8割、40歳代以上の方の9割がかかっています。
  • 歯周病(歯槽膿漏)は、歯を失う大きな原因のひとつです。

歯を失う最大の原因は、歯周病(歯槽膿漏)です。

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯の歯茎に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる、細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢から歯の根元にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。そのままにしておくと、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病(歯槽膿漏)が進行すると、歯茎が退縮したり、歯がグラグラしたり、痛くて上手く噛めなくなったりします。

歯の周りには、歯を支える色々な組織があり、歯周病にはこれらの組織が最近に感染して起こります。

また、歯の周りだけでなく、歯周病原菌が血液中に入ったりすると、以下のように全身的な病気の原因となる可能性があります。

  • 動脈硬化
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 早産や超低体重児出産
  • がん
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • 高血圧


正常な歯周組織

正常な歯の周りの組織


歯肉炎

歯肉炎

歯肉ポケット:2~6mm

歯と歯茎の間の溝に歯垢(=細菌)がたまり、歯茎が炎症で腫れて、歯肉ポケットができています。


軽度歯周病

軽度歯周病

歯周ポケット:3~5mm

歯茎の晴れが大きくなり、歯周病菌が歯の周りの組織に侵入し、歯を支えている土台となる骨が破壊され始めました。


中等度の歯周病

中等度の歯周病

歯周ポケット:4~7mm

炎症がさらに拡大して、歯の周り骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつき始めました。歯周ポケットもさらに深くなっています。


重度歯周病

重度歯周病

歯周ポケット:6mm以上

歯の周りの骨が半分以上破壊され、歯はグラグラです。

 




~歯科衛生士による歯周病治療の開始~

歯周病の治療

歯周病で侵される骨や歯茎は、家を支える基礎です。
シロアリ(=細菌)が棲み付いた家であっては、リフォーム(=詰め物、被せ物など)もできません。
急を要する場合以外は、歯周病治療から開始いたします。
ここからは、私たち歯科衛生士にお任せください。


口腔内細菌の顕微鏡検査

顕微鏡検査

お口の中に棲んでいる細菌を、映像で見ていただきます。細菌の種類や動き方、数、大きさなどを見ることで、大体のリスク判断ができます。


歯周病菌の繁殖した口腔内

正常な口腔内


歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

歯と歯茎の間にある溝(ポケット)の深さを測定します。歯茎の腫れや骨の溶け具合、歯石の有無などが分かります。


歯周ポケット検査

歯ブラシ指導

私たちが細菌をコントロールするには限度があります。自宅での正しい歯磨きがあってこその、健康な歯と歯茎です。
いい状態をできるだけ長くキープできるように、正しい歯磨きの方法をマスターしてください。



歯周病治療の実施 2~7回

歯周病治療の実施 2~7回

コミュニケーションを重視し、全ての情報を加味して、あなたに最適な治療を進めていきます。
歯周病の進行具合により回数が異なるのは、歯磨きをする(=見えている)部分でなく、歯茎に隠れている歯石を取り除く為、数ミリ程度の細かい作業で慎重に行わなくてはならないからです。
もちろん、治療方法や回数などは貴方様と相談しながら治療していきますのでご安心ください。痛がりや怖がりな方でも、安心してくださいね。




カテゴリー:歯周病(歯槽膿漏) |

歯周病の予防

毎日のケアで歯周病(歯槽膿漏)を予防、撃退しよう!


毎日のブラッシング

毎日のブラッシング

毎日、きちんとしたブラッシングをして、丁寧に歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。


定期検診

定期検診

歯垢(プラーク)を放っておくと、石のように固い歯石となります。歯石に変わってしまうと、日常のブラッシングで取ることはできません。
少なくとも半年に1回は定期検診を受け、歯石除去と歯の健康チェックを行いましょう。


早めの診療

早めの診療

歯周病は、初期のうちなら完治することができる病気です。
また、かなり悪化していても現在は治療法の進歩により、適切な治療とセルフケアで歯を抜かなくてもよいケースが増えてきました。
少しでも自覚症状を感じたら、痛みを感じなくても、積極的に歯科医院で診察を受けましょう。


自分のお口の中の状態を知ろう!

ペリオテスト(歯周病リスクテスト)

ぺリオテスト

口の中の歯垢(プラーク)を調べて、歯周病であるか、バナペリオテストで、歯周病になる可能性があるかどうかを調べます。

口の中の細菌は約500種類と言われています。
その中で歯周病の原因となっているのは10種類で、そのうちの3種類が歯周病の重症化の原となっていると言われています。
バナペリオ検査は、重症化を招く3種の細菌の有無を5分間で判定することができます。
菌が存在した場合には、特定の抗生剤を処方し菌の減少を図ります。




カテゴリー:歯周病(歯槽膿漏) |

歯周病(歯槽膿漏)度をチェック!

歯周病は全身疾患にもつながる、恐ろしい病気です

歯周病(歯槽膿漏)は、全身の健康に大きな影響を及ぼす病気です。
以下のような症状があれば、要注意となりますので、歯科医院の受診をオススメいたします。

歯を磨くとき血が出る
歯と歯の間に隙間が出てきた
歯茎が赤く腫れている
歯茎が減ってきた(退縮してきた)感じがする
口臭がある
歯ぐきに痛みやかゆみがある
歯がぐらつく
タバコを吸う
歯茎から膿が出る
噛むと痛い
歯が浮いた感じがする

2つ以上あれば、要注意!
5つ以上は、危険な状態と言えます。
できるだけ早く対策をしていきましょう!



カテゴリー:歯周病(歯槽膿漏) |

痛くない歯周病治療【ペリソルブ】(自由診療)

ペリソルブ

痛みが苦手・怖い人の歯周病治療・予防として、痛みの少ない「ペリソルブ」という薬剤を使った治療があります。

これは、歯周病の原因となる歯垢や歯石を薬剤で融解・殺菌して病巣を取り除くという方法です。これを使うことにより、より痛くなく・低リスクでの歯周病治療や予防が可能です。

痛みが少ない

ペリソルブは、歯垢や歯石を薬剤が作用し、融解させた上で掻き出すという新しい歯周病治療です。歯周病治療にはスケーリング(歯や歯根の表面の歯垢と歯石を除去)、SRP(歯周ポケット内のプラークや歯石の除去)、PMTC(歯石・歯垢・バイオフィルムの専門的な除去)などがありますが、これらは機械やスケーラーと行った道具を使い、歯垢や歯石に物理的にアプローチする方法です。つまり、機械の振動や刃物のようなもので歯石を取り除くわけですから、多少なりとも痛みを感ることがあります。しかし、ペリソルブを使うことでその硬い歯石を融解するので、歯肉を傷つけることない歯周治療が可能です。更に歯肉を傷つけないことから治りも早く、歯肉炎の腫れなども早く引きます。

出血を少なく感染のリスクを低くします

歯周病治療は、歯ぐきの中の歯石を取る際に出血を伴うことが多々あります。出血があると歯石を除去する際に歯石や歯垢内の細菌が飛散し、歯肉から雑菌が血管に侵入すると全身疾患に繋がったり、細菌を吸い込むことで誤嚥性肺炎の発症の原因となることもあります。ペリソルブを使うことで痛みと共に出血を防ぐことが出来るので、当然ながら感染のリスクも下がります。さらに、ペリソルブは殺菌性が高い薬剤ですので歯石自体も塗布することで殺菌してくれます。口腔内や体内への感染を最小限に低くしてくれる治療です。

ペリソルブの治療手順

ペリソルブの塗布

ペリソルブの塗布

軟化した歯石の除去

軟化した歯石の除去

歯肉の回復

歯肉の回復




歯周病(歯槽膿漏)の症例

症例1(37歳、男性、喫煙者)

before

after

症例2

before

after

症例3(31歳、男性、過去に喫煙歴あり)

before

after

歯科衛生士コメント

歯に対する意識の高い方で、半年に1度は歯石取りをされていました。
当初は、全体的に歯肉の腫れと出血が見られ、歯周ポケットは5~8mm(正常で2~3mm)という状態でした。
歯周病予防を実施する中、理想的なホームケアを見事に習慣化され、現在はご本人様の希望で、3ヶ月毎に定期健診を行い、とても良い歯肉の状態を保たれています。

症例4(56歳、男性、喫煙者)

before

after

歯科衛生士コメント

詰め物が脱離され来院。過去に歯周病予防の経験がありませんでした。全体にタバコによる着色があり、ご本人様は、気にされていない様子でした。4回にかけて歯周病治療を実施した後、3ヶ月毎の予防を希望されています。

症例5(20歳、女性)

before

after

歯科衛生士コメント

歯肉の異常、口臭をお母様に指摘され来院。朝、晩のブラッシングをされていましたが、出血する為、磨くのが怖かったようです。慢性的な鼻炎で口呼吸の為、前歯の歯肉の炎症がとても強く、歯肉の深い部分まで、大量の歯石がついていました。歯周病予防に入る前に、正しいブラッシングを覚えて頂き、歯肉の回復後、歯を見せて笑えるようになったと、大変喜ばれています。

症例6(19歳、女性)

before

after

歯科衛生士コメント

約10年歯科にかからす、虫歯による痛みで来院。毎日、朝・晩2回のブラッシングをされていましたが、10代とは思えない歯石と歯垢の量で、全体的な歯肉の腫れと出血が認められ、歯磨き指導から始め、歯周病予防を実施しました。当初、ご本人様は歯肉の状態を気にされたことがなかったようですが、日頃のお手入れがいかに大切かを理解して歯磨きして頂けたので、2ヶ月後には健康な状態へ改善されました。別人のような口元になったと、喜ばれています。



カテゴリー:歯周病(歯槽膿漏) |

歯周病・歯槽膿漏治療の症例写真

被せ物のやりかえと、歯周病治療のケース

  • Before

    before
  • After

    after
  • 古い被せ物のやりかえと、歯周病治療を行いました。若い頃に抜歯になった歯が、そのままになっていたので、インプラントで欠損部分の修復も行いました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    歯周病のSRP・歯周内科(投薬)・メインテナンスによる改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 歯茎の腫れで来られた患者様です。全体的なプラークコントロール不良により、歯周病のため歯肉が膨張し、出血まで見られました。位相差顕微鏡により、歯周病の原因となる菌も多く見られたため、歯周内科(投薬による治療)と、SRPによるブロックごとの治療を計画していきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    欠損補綴(インプラント)治療に伴う歯周病の改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 欠損補綴(歯が抜けた後の治療)についてのご相談でご来院されました。 見た目が一番困っているという事で、インプラントとブリッジのご説明をさせていただくと共に、歯科は30年ぶりということで歯石もかなりたまっており、歯周病や歯石除去のお話もさせていただきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    歯並びが悪い方の歯周病と口臭治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • 1年前から全体的に歯ぐきが痛み出し、歯も動揺し始めたので歯周病を自覚されたそうです。 仕事で時間をとることができず、放置した結果痛みが強くなり、意を決してご来院いただきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    重度の歯周病に対する歯科医師・衛生士・患者様の連携による治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • 下あごの奥歯のインプラント相談で来られました。歯医者がとても苦手で、何年も放置されていたそうですが、歯磨きのときに毎回血がで始めたのと、口元が気になって人と目を合わして会話する事苦手になってしまい、意を決してご来院いただきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    急速進行性の可能性のあった患者様の歯周病治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • リンパが痛くなり、その後前歯が痛み出したということで、歯周病を懸念されてご来院されました。 来院時には、全体的に歯肉も晴腫れ、首も腫れている状態でした。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    歯周病治療から予防歯科による口腔衛生の改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 左上の奥歯が痛いということで、応急処置でご来院された患者様です。冷たいものがしみたり、物が挟まるという事でしたが、歯周病がかなり進んできていることをお伝えし、後日より歯周病治療を開始しました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る
    もっと見る


    自由診療 料金【歯周病】

    歯周病治療に必要な費用

    種類 説明 料金
    歯磨き指導
    ブラッシング指導
    日常のセルフケアのための、プロ(歯科衛生士)によるブラッシング指導です。磨けていないところの指摘や磨き方、全体的なケアの方法などを指導いたします。 30分/3,000円+税
    スケーリング
    スケーリング
    歯科衛生士がスケーラーという器具を使って、歯面に沈着したプラークや歯石をはじめとした歯面に沈着したものを除去していく処置です。 30分/5,000円+税
    SRP
    ルートプレーニング
    歯科衛生士が目視できない歯石の除去を行い、更に歯面を滑らかにし、歯石の再付着を予防すると共に歯肉の再付着を促します。 60分/8,000円+税
    PMTC
    PMTC
    Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロ(歯科衛生士・歯科医師)による専門的機械歯面清掃です。専用の機器やフッ化物入りの研磨剤などを使い、磨き残しや歯面の汚れを全て落とし、むし歯や歯周病になりにくい口腔内環境を作ります。 30分/5,000円+税
    60分/8,000円+税
    メインテナンス
    メインテナンス
    歯科医師や歯科衛生士による治療箇所の経過観察、歯周病予防、咬合チェック、虫歯チェックを行います。 60分/8,000円+税
    3DS
    3DS
    薬剤を局所的に作用させることによって、虫歯や歯周病を効果的に予防する方法です。 10,000円+税
    クラウンレングス
    クラウンレングス
    歯冠延長術とも言い、歯肉や歯槽骨を削ることにより、虫歯や歯が割れている部分を歯肉の上に出すことにより、抜歯を免れるための保存法です。 30,000円+税
    fop
    FOP
    歯肉剥離掻爬術とも言い、麻酔下で歯肉を剥離して目視できる状態で縁下(歯ぐきの深層)に溜まった歯石を除去する処置です。 50,000円+税
    fop
    FGG・CTG
    歯肉移植術のことで、歯肉が痩せて薄くなっている状態や、歯を抜いた後に陥没した部分がある場合に、他の部位から歯肉を移植する手術です。 70,000円+税
    fop
    GBR・エムドゲイン
    骨誘導再生とも言い、失った歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を、専用の人工膜、自家骨や骨補填剤を使って促す治療方法です。 100,000円+税
    fop
    ペリソルブ
    特殊な薬剤を使い、歯石を軟化させて除去する方法です。 40,000円+税



    神戸・明石の歯医者 アップル歯科クリニックの歯の歯周病・歯槽膿漏治療のご案内。


    明石アップル歯科の診療について 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
    駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
    明石アップル歯科の診療時間

    電話番号
    078-935-4182(ヨイハニ)
    急患・新患受け入れ可能
    所在地
    兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

    アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 クリニッククラーク PEPPER 明石アップル歯科のプレミアムフラデー
    神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0


    このページのトップへ