神戸・明石市歯医者アップル歯科クリニックHOME > 一般診療 > 歯周病(歯槽膿漏) > 歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病が起因する全身の病気

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされており、ギネス・ブックにも掲載されいる、非常に羅漢率の高い病気です。また、この感染症は、感染者数が多いだけでなく、歯が抜ける原因の第一位を占めるほど感染によるリスクの高い病気でもあります。

  • 歯周病(歯槽膿漏)は歯を支える周りの組織に起こる病気です。
  • 日本人の場合、30歳代の8割、40歳代以上の方の9割がかかっています。
  • 歯周病(歯槽膿漏)は、歯を失う大きな原因のひとつです。

歯を失う最大の原因は、歯周病(歯槽膿漏)です。

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯の歯茎に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる、細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢から歯の根元にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。そのままにしておくと、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病(歯槽膿漏)が進行すると、歯茎が退縮したり、歯がグラグラしたり、痛くて上手く噛めなくなったりします。

歯の周りには、歯を支える色々な組織があり、歯周病にはこれらの組織が最近に感染して起こります。

また、歯の周りだけでなく、歯周病原菌が血液中に入ったりすると、以下のように全身的な病気の原因となる可能性があります。

  • 動脈硬化
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 早産や超低体重児出産
  • がん
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • 高血圧


正常な歯周組織

正常な歯の周りの組織


歯肉炎

歯肉炎

歯肉ポケット:2~6mm

歯と歯茎の間の溝に歯垢(=細菌)がたまり、歯茎が炎症で腫れて、歯肉ポケットができています。


軽度歯周病

軽度歯周病

歯周ポケット:3~5mm

歯茎の晴れが大きくなり、歯周病菌が歯の周りの組織に侵入し、歯を支えている土台となる骨が破壊され始めました。


中等度の歯周病

中等度の歯周病

歯周ポケット:4~7mm

炎症がさらに拡大して、歯の周り骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつき始めました。歯周ポケットもさらに深くなっています。


重度歯周病

重度歯周病

歯周ポケット:6mm以上

歯の周りの骨が半分以上破壊され、歯はグラグラです。

 


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-935-4182から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約

明石アップル歯科の診療について 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療時間

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 クリニッククラーク PEPPER 明石アップル歯科のプレミアムフラデー
神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0


このページのトップへ