歯ぐきの腫れ、その原因と対処法

HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 歯ぐきの腫れ、その原因と対処法

痛くはないけど気になる歯ぐきの腫れ、なんの病気?

歯茎の腫れる原因は?

ある日鏡を見たら歯ぐきが腫れていた、歯磨きをしていたら歯ぐきがブヨブヨになっていた、家族などから「歯ぐきが腫れている」と指摘を受けた、などなど、気がつけば歯ぐきが腫れていたということ…ありませんか?

実は、歯ぐきはこのように「痛くも何ともないのに歯ぐきが腫れている」という症状が起こることがしばしばあります。

主な原因として考えられるのは「虫歯」「歯周病」「歯根破折」の3つの歯科疾患で、その他として腫瘍や膿瘍などが例外的に考えられます。

これらは時として痛みも感じないのに腫れることのある病気です。

歯茎の腫れるお口の病気

虫歯

虫歯が歯髄に達すると、歯ぐきに膿が溜まり、歯ぐきが腫れることがあります。歯髄がある歯には痛みが生じるため、その時点で気づきますが、歯髄がない場合や壊死している場合は、神経がないため痛みを感じないことがあます。

歯周病

歯周病は「サイレント・ディシーズ(静かな病気)」とも呼ばれる病気で、痛みなく進行するという特徴を持ちます。歯周病の初期の症状から歯ぐきの腫れは確認できますが、痛みがないために気づかない事が多いです。

歯根破折

歯の根にヒビが入った状態を歯根破折と言い、神経を取った歯に起こりやすい症状です。歯の根が破折するとそこから細菌が入り、膿が溜まって歯ぐきが腫れたり、サイナストラクトという白い出来物ができることがあります。

腫瘍・膿瘍

腫瘍とは、細胞が身体の制御に反し過剰に増殖してできる組織塊で、悪性のものは「ガン」と呼ばれます。膿瘍というのは、組織の中に膿がたまり歯ぐきが腫れる状態です。通常の腫れ方とは見た目や特徴が異なることがあります。

歯ぐきが腫れたら

歯ぐきが腫れたら注意すること

歯ぐきが腫れても「痛くないから」といって、すぐに治療を始めない方は少なくありません。しかし、腫れというのは、お口の中で何らかのトラブルが発生しているというサインですので、例え痛みがなくても歯科を受診するべき症状です。

痛くないからといって放っておくと、症状は悪化し、歯を失ったり、それ以上の問題が起こることもあります。

また、歯ぐきが腫れているということは、高い確率で口臭を伴います。歯周病は「メチルメルカプタン」というガスが発生する仕組みの病気で、強烈な匂いを発します。また、歯ぐきの中に溜まった膿も独特な匂いを発します。痛みだけでなく「あの人匂う」という指摘を受けるのも、精神的なダメージに繋がります。

歯ぐきが腫れたら、その原因に対する治療を行うことが重要です。

痛くないのに腫れるのはなぜ?

ではなぜ、歯ぐきが腫れているのに痛みを感じないのでしょうか。これは原因ごとに異なります。

  • 虫歯…神経がない・もしくは壊死している場合痛みを感じ取ることができない
  • 歯周病…重症化していくに連れ痛みは出てくるが、初期段階では痛みはない
  • 歯根破折…神経のない歯に起こりやすいため、痛みを感じる器官と繋がっていない
  • 腫瘍…がんであった場合、初期段階では痛みを伴わないことが多い

歯ぐきの腫れに対する対処法

対策1 優しく歯磨き

歯ぐきが腫れていると感じたら、まず自身できることとは「歯磨き」です。これは歯や歯と歯ぐきの間に潜んでいる菌が原因であることが多いためです。ただし、この際絶対にやってはいけないのが「強く磨く」ことです。やわらかい歯ブラシでやさしく磨くことを徹底しましょう。殺菌効果のあるうがい薬も菌を減らすという意味では効果がありそうですが、歯周病や虫歯菌は、このうがい薬では対処できない場所に潜んでいることが多いです。

対策2 患部を冷やす

また、腫れるメカニズムとして、血液や膿で歯肉の中の内圧が高くなっている場合があります。この場合は、冷やすことで内圧を下げ、腫れを抑えることができる場合もありますが、根本的な原因の解決にはなりません。痛みを伴う場合には、痛みを取る方法として試してみるのは良いと思います。

対策3 歯科受診

最もしなければならないのは「歯科受診」です。原因が何であっても、歯ぐきのトラブルはまず歯科受診で間違いはありません。歯ぐきが腫れるという症状が出るということは、自身では改善困難なほど症状が進行していると考えられます。歯ぐきが腫れたら、迷わず歯科での治療を始めましょう。

歯ぐきが腫れないようにするために

歯ぐきが腫れるそもそもの原因は、菌や生活習慣です。これらは日頃のセルフメインテナンスや予防歯科をしっかりしていれば、防げる可能性も低くありません。

しかし、大切なのは「歯ぐきが腫れないため」に歯磨きをしたり歯医者に通うのでななく、歯や健康を守るためにこれらを行うということです。

例えば歯周病は、お口だけではなく、身体(糖尿病や心臓病、認知症や妊娠)などにも影響することがわかっています(※1)。

歯を磨かなくても歯の定期検診にいかなくても、「歯ぐきが腫れるだけ」ならリスクを感じないかもしれませんが、「歯を失う」「糖尿病になるかもしれない」と考えると、しっかりやろうと考えられるのではないでしょうか。

アップル歯科では、予防を大切に考えています。歯ぐきトラブルが起きないため、身体の健康を守るためにも、予防歯科をご利用下さい。

※1)近年,歯周病が全身の健康に悪影響を及ぼしていることを示唆する論文が年々増加しており,「歯周病が全身と関連する」という見解は確かな情報として世界的に広まってきた。また,蓄積された研究成果は医科分野からも注目され,糖尿病,心疾患,脳血管疾患,肺炎,関節リウマチ,腎臓病などの全身の疾患に対する歯周病の影響に関する多くの有益な情報が,医療界全体に浸透しつつある。

この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本大典です。
タグ: , , ,

歯ぐきの腫れ、その原因と対処法 | 公開日: 2022/11/11 | 更新日: 2022/11/22 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪府 枚方市周辺で歯科をお探しなら

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科 枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top