歯が痛い・むし歯

HOME > 治療の種類別

虫歯のでき方と進み方

むし歯の進行

C1段階

ほとんど自覚症状がありません。

虫歯がエナメル質(歯の一番外側の硬い部分)までに限られた虫歯です。少しだけ削って、白い樹脂で埋めることで治療できます。

この程度のときに治療をすれば、痛みもあまりなくだいたい1回で治療が終わります。

C2段階

冷たいものや甘いものがしみたり、噛んだときに痛かったりしてきます。歯の内部の少し深い所(象牙質)まで進んだ虫歯です。
虫歯の穴が大きい場合は銀歯、金歯、セラミック等の詰め物で治すことが多いです

歯の内部の少し深い所(象牙質)まで進んだ虫歯です。冷たいものがしみたりすることが多いです。虫歯の穴が大きい場合は詰め物で治すことが多いです。

C3段階

激しく痛むことがあります。
ここまで進行してしまうと、神経を取らざるを得ません。神経がなくなると、歯はもろく掛けやすくなってしまいます。

虫歯が深く、歯の神経にまで達している状態です。この場合は歯の神経を抜いて、根の治療が必要となります。根の治療が終わると、その後に土台と被せを作っていきます。

神経がなくなると、歯はもろくなり、歯の寿命が縮んでしまいます。

C4段階

腐った根だけ残り、根の周囲に膿が溜まることがあるため、口臭もひどくなります。虫歯が大きすぎて、根の中まで虫歯になっている状態のことです。この状態で放置すると、歯に土台を立てて被せ物を入れれなくなってしまうことが多く、また虫歯が他の歯に感染するのを防ぐために歯を抜かないといけなくなります。

歯を抜いた後は、インプラント、入れ歯、ブリッジという3つの選択肢の中から治療を選ばなければなりません。※移植等の特殊な条件を除く

虫歯の原因と虫歯ができる流れ

STEP1

1.口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。その中の一つ、ミュータンス菌が主な虫歯の原因菌です。

image

STEP2

2.口の中の菌が増えると、歯の表面にネバネバした物質をつくります。(バイオフィルムと言われています)

image

STEP3

3.そのネバネバした物質の中に虫歯菌や他の細菌が住みつき、どんどん増えていきます。これが歯垢(プラーク)といわれるものです。

image

STEP4

4.歯垢(プラーク)の中の虫歯菌は食べ物の中の糖質を材料に酸を作り、次第に歯を溶かし始めます。これが虫歯です。

image

虫歯対策

むし歯にならないためには

むし歯の原因

むし歯は①歯の質、②むし歯菌、③そしてむし歯菌の栄養になる食物(糖)が組み合わさって、むし歯が発生します。

規則正しい生活が決め手!

  • 歯磨きをする。
  • カルシウムをとり強い歯にする。
  • 甘いものを減らす。

むし歯はなってしまうともとに戻すことが難しい病気ですが、ならないように気をつけることでその発生を抑えることができる病気です。

むし歯になりやすい場所

むし歯は、見えないところや歯ブラシが届きにくいところにできやすい病気です。

  • 噛み合わせの面
  • 歯と歯ぐきの境目
  • 歯と歯が接している面

むし歯は全身病の引き金にも!

C4にまでなると根の周囲に膿を持つことがありますが、体の抵抗力が下がると炎症が急に現れ激しく痛むことがあります。これはつまり、体の一部に爆弾を持っているようなものです。

初期むし歯の発見は難しいため、定期検診を受ける習慣をつけましょう!

むし歯の治療法(詰め物・被せ物)

虫歯治療では、大きく分けて3つの治療方法があります

軽度(C1)

白い樹脂(コンポジットレジンといます)でつめます。治療は1回で終わることが多いです。

中等度(C2)

虫歯が大きい場合は白い樹脂(コンポジットレジン)では治療が難しくなることが多い為、銀歯(保険)、金歯、セラミックといった詰め物を歯の一部に入れることになります。

重度(C3)

虫歯が神経にまで達している場合は、神経をとって、根の治療をした上で歯に土台を立て、その上から歯を模した被せもの(こちらも銀歯(保険)、金歯、セラミックなどがあります)を入れることになります。

重度(C4)

この状態になると、歯は抜かないといけなくなることが多いです。歯を抜かないといけなくなった場合の治療方法はこちらをご覧下さい。

歯の詰め物や被せ物には先ほど述べたような種類があり、ご自身がどのようなお口でいたいか、どのように治療したいかによって選択することができます。(これ以上虫歯ができて欲しくない、自分の元の歯のように綺麗にしたい、費用を抑えたい、などです)

詰め物(インレー)の種類

様々な詰め物

オールセラミック(自然な見た目の詰め物)

【自由診療】45,000円+税(3年保証)

メリット
  • 元々のご自身の歯に近い色味、質感のものなので自然観があり美しい。
  • 歯と強度が似ている為虫歯になりにくい。
デメリット
  • 自由診療なのでコストがかかる。
  • “硬いが脆い”という性質があり、噛む力が強い人では割れてしまうことがある。

ゴールド(見た目の自然さよりも機能性を重視されたい方に)

【自由診療】50,000円~※金相場による変動有+税(3年保証)

メリット
  • 虫歯が再発しにくい
  • 金合金でできており、しなやかで歯との適合性もよい。(虫歯になりにくい素材)
デメリット
  • 色が白くないこと。
  • コストがかかる。

パラジウム

【保険適用】3,000円程度(3割負担の方)

メリット
  • 保険が適応されるので費用の負担が少ない。
デメリット
  • 粘りが少ない材料のため適合性がやや劣るので虫歯が再発しやすい。
  • 見た目がよくない。

被せ物(クラウン)の種類

被せ物の選択

被せの種類の選択によって、その歯の長持ち具合には大きく差が出てきます。特に前歯の被せは口元だけでなく、その人自身の第一印象にも大きく関わります。

[1] オールセラミック(審美製を大切にされる方に)

130,000円~150,00円+税(主に前歯に用います【自由診療】)

メリット
セラミック(非金属)なので見た目が良い上、強度もある。
金属アレルギーの心配がない。
より自然な色あい、形を再現できる。
永年の使用にも変色せず健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保つ。
デメリット
歯ぎしりのある方には適応できない場合もある。
通常のオールセラミックほど精密ではない。

[2]メタルボンド(審美性と機能性のバランスを取りたい方)

100,000円+税(前歯・臼歯とも【自由診療】)

メリット
内面は金属、外面はセラミックで覆われた白い歯。
強度も十分で清掃性も高く、手入れがよければ長期的に使用出来る。
見た目に一番自然の歯に近く、天然歯に近い美しさがある。
デメリット
オールセラミックと比べると、経年的審美性は劣る(歯と歯茎の境目が黒くなる)
コストがかかる。
歯ぎしりのある方には適応できない場合もある。

[3]デジタルセラミック(短時間で白い歯を入れたい方に)

70,000円+税(one day(型取り当日にセットまで)は80,000円+税【自由診療】)

メリット
セラミックで容易にできる。
金属アレルギーの心配がない。
最短1日ででき、対応年数にも実績がある。
デメリット
コストがかかる。
色味が限られているので、完全に歯の色味と調和させることが難しいことがある(前歯の治療には向かない)

[4]ゴールド(審美性よりも機能性を重視される方に)

100,000円~※金相場による変動有+税(主に奥歯に用います【自由診療】)

メリット
金合金でできておりしなやかで歯との適合性もよく、虫歯が再発しにくい。
天然歯に近い硬さで咬み合う歯を傷めず、奥歯に向いている。
デメリット
色が白くないこと。
コストがかかる。

[6]パラジウム

前歯6,000円程度(前歯の場合は表面に薄いプラスティックを貼り付けます。)、臼歯 3,000円程度※保険適用3割負担の場合

メリット
保険が適用されるので安価。
治療がシンプルに行える。
デメリット
色が銀色である。
虫歯が再発しやすい。
歯茎の色が黒ずんだり、金属アレルギーが起こることがある。

歯が痛い・虫歯の治療

歯が痛いときの大きな3つの原因

1.むし歯(う蝕)

歯が痛いときの原因として最も考えやすいのがむし歯です。日本でもほとんどの国民が一度はかかったことがある病気です。同じような痛みで、知覚過敏がありますが、むし歯は歯がむし歯菌によって侵されている為、ほとんどの場合、目視で確認することができます。しかし、目視で確認できない歯と歯の間のむし歯は、歯科医院でないと見つけられない場合があるので、痛みを感じたら早めに受診しましょう。むし歯は放っておくとどんどん進行してしまい、自然に治ることはありませんので、虫歯が疑われる場合にはなるべく早く検査にお越し下さい。

2.歯髄炎・根尖性歯周炎

歯の根の病気には、歯の神経である歯髄に細菌感染が起こる歯髄炎や、歯の根っこの中の細菌が繁殖して根っこの先端に膿瘍ができる(歯槽膿瘍)根尖性歯周があります。歯の根の痛みには、かなり強い痛みをともなうことが多く、一刻も早い治療が必要です。治療は多くの場合、抜髄(歯の神経を抜くこと)や根管治療という歯の根っこの治療を行います。また、精密な治療を行いたい場合は、マイクロスコープ等を用いた自由診療もあります。

3.咬み合わせ・破折

何かの衝撃や成長、歯科治療などの影響により、咬み合わせが強く当たるところに痛みが出てくることがあります。この場合、咬むみ合わせを調整することで痛みはなくなりますが、放っておくとその部分が歯周病になりやすくなったり、破折れといって、歯の根が折れる可能性がでてきます。他にも、歯ぎしりが原因で歯が削れ、葉の、その場合には歯ぎしり防止用の「ナイトガード」というマウスピースを夜寝る時に使用してもらいます。

歯並びや見た目の改善

美しく治して健康に保つ

ひと昔前までは、矯正治療といえば、子どもの小児矯正が主流でしたが、現在では大人になってから行う成人矯正が盛んになってきています。見た目の改善はもちろんですが、キレイな歯並びは口腔内に良い環境ををもたらし、しいては歯を長持ちさせる要因となります。また、近年では歯の裏側にする舌側矯正や、マウスピースを使った矯正など、多様な種類も増えてきています。

審美回復・見た目の治療は、従来の虫歯や歯周病・外傷などで審美性を失った歯に対し、より自然な美しさを目差した治療を行う事です。歯を美しくすることは、見た目も去ることながら、クリーニングや歯並びの改善により、歯周病やむし歯ができにくい口腔環境を作る事になります。

また、何より口元や笑顔に対する自信から、患者様のクオリティオブライフを高め、より健康的で充実した毎日を過ごす事が可能になります。

ホワイトニングとは、歯を白くする施術の事です。白い歯は健康的で美しく、見た目的には非常に高感度を高めてくれます。現在では接客業に携わる方や、面接の際など、TPOに応じて施術を行われる方もいらっしゃいます。また、方法も一種類だけでなく多様化してきており、期間的にも短時間で行えるようになってきています。

ホームホワイトニング
自宅でマウスピースと薬剤を使う方法。徐々に白くなる
オフィスホワイトニング
歯科医院で機械や薬剤を用いる方法。1日で白くなる
パーフェクトホワイトニング
ホームとオフィスを両方行う。1日で白くなり長期間定着

歯ぐきや口臭の治療

歯ぐきの痛みや出血・口臭は歯周病が原因かも

歯周病は、進行していても症状が分かりにくい病気です。痛みもなくだんだん進行していき、気がつけば歯が抜けた…なんていうこともあるほどです。
歯周病の最も分かりやすい症状が歯ぐきから出血することです。歯磨きの際に歯ブラシに血が付いていたり、食事中(固いものを食べたときなど)食べ物に血がついたり、鏡でふと歯ぐきを見たときに歯ぐきから出血していたら一度検診にお越し下さい。

歯ぐきにはたくさんの毛細血管が通っているため、歯肉が歯周病菌に侵され始めると炎症を起こし、炎症部分に歯磨きや硬い物を噛むなどの強いストレスにより炎症部分から出血します。

通常、健康であれば歯磨きや食事程度では歯ぐきから出血することはそんなにありません。ちなにみ、日本人の約80%が歯周病にかかっているとも言われています。歯周病は、痛みが出る頃には治療が困難になっています。ですからの出血はまさに「歯周病のサイン」ですので見逃さないようにし、出血があった場合はすぐに来院しましょう。

口臭は、生きている以上誰にでも多少なりともあるものです。しかし、常に他人に不快感を与えるニオイや、会話中に相手が気になる程度のニオイを発する場合、お口の中の揮発性ガスが原因であることが9割を占めています。

「揮発性ガス」を抑えるためには、「唾液の量」と「お口の衛生状態」をコントロールするわけですが、とくに独特なニオイを放つ原因のひとつに歯周病菌があげれれます。
即ち、歯周病を改善すればひどい口臭を治す事にもつながります。口臭で悩んでおられる方は、お口の清涼剤等の食品にたよらず、一度歯科医院を受診してください。まずは口臭の原因と対策について、正しい知識を身に付けましょう。

口臭の原因
  • 唾液の量が少ない
  • 口腔内が不衛生
  • 歯周病菌の繁殖
歯科による治療法
  • ブレストロン(臭いの検査)
  • 歯石の除去
  • 歯周内科治療(お薬)

歯が抜けた後の治療法

歯が抜けた後の治療には主に3つの方法が考えられます

インプラント治療とは、人工歯根をあごの骨に埋入する、手術を伴う治療です。あごの骨に穴をあけて人工の歯根を埋め込み、それが骨と結合したら、その上に人工の歯をかぶせます。インプラントは、特定の場合(癌など)を除いて、保険が適用されない自由診療です。費用は、医院によって異なりますが、当院の考え方としては、審査・診断をきっちりおこない、治療計画を立てて治療を行えば、1本あたり30万~35万円前後が適正価格であると考えます。

メリット
  • ほぼ自分の歯と同じ
  • 欠損補綴の中で平均使用年数が最も長い
デメリット
  • 保険が適応されない
  • 歯を抜くのと同程度の処置

歯が抜けた部分に、クラスプというバネや粘膜の代わりの部分に床を使って歯を並べる治療法です。バネや留め金を隣の歯に掛け、歯を並べる部分義歯や、歯ぐきの代わりになる床を付けて上または下の歯の全部を一続きに並べる総義歯、また、床に一部の歯を並べる部分床義歯などがあります。
抜けた歯の本数や、状態などから適したタイプの義歯が選択されます。
費用は抜けた歯の本数などによっても異なりますが、保険適応内のものは主にプラスチックになり、自由診療では床やクラスプの種類や方法を変える事もできます。

メリット
  • 治療が比較的容易、早い
デメリット
  • 取り外しが必要
  • 回復が十分でない

抜けてしまった歯の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。橋をかけるような形から「ブリッジ(橋)」と呼ばれている治療です。ブリッジの場合、入れ歯に比べてクラスプや床などの違和感が少ない代わりに、健康な両隣歯を削るので、当院では相当の適用理由がない場合はお勧めはしていません。
保険適応も可能ですが、4番目以降の歯は銀色の歯になります。

メリット
  • 固定式である
デメリット
  • 隣の歯を削る
  • 清掃性が悪い

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top