歯が抜けた後の治療法

HOME > 治療の種類別 > 歯が痛い・むし歯 > 歯が抜けた後の治療法

歯が抜けた後の治療には主に3つの方法が考えられます

インプラント治療とは、人工歯根をあごの骨に埋入する、手術を伴う治療です。あごの骨に穴をあけて人工の歯根を埋め込み、それが骨と結合したら、その上に人工の歯をかぶせます。インプラントは、特定の場合(癌など)を除いて、保険が適用されない自由診療です。費用は、医院によって異なりますが、当院の考え方としては、審査・診断をきっちりおこない、治療計画を立てて治療を行えば、1本あたり30万~35万円前後が適正価格であると考えます。

メリット
  • ほぼ自分の歯と同じ
  • 欠損補綴の中で平均使用年数が最も長い
デメリット
  • 保険が適応されない
  • 歯を抜くのと同程度の処置

歯が抜けた部分に、クラスプというバネや粘膜の代わりの部分に床を使って歯を並べる治療法です。バネや留め金を隣の歯に掛け、歯を並べる部分義歯や、歯ぐきの代わりになる床を付けて上または下の歯の全部を一続きに並べる総義歯、また、床に一部の歯を並べる部分床義歯などがあります。
抜けた歯の本数や、状態などから適したタイプの義歯が選択されます。
費用は抜けた歯の本数などによっても異なりますが、保険適応内のものは主にプラスチックになり、自由診療では床やクラスプの種類や方法を変える事もできます。

メリット
  • 治療が比較的容易、早い
デメリット
  • 取り外しが必要
  • 回復が十分でない

抜けてしまった歯の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。橋をかけるような形から「ブリッジ(橋)」と呼ばれている治療です。ブリッジの場合、入れ歯に比べてクラスプや床などの違和感が少ない代わりに、健康な両隣歯を削るので、当院では相当の適用理由がない場合はお勧めはしていません。
保険適応も可能ですが、4番目以降の歯は銀色の歯になります。

メリット
  • 固定式である
デメリット
  • 隣の歯を削る
  • 清掃性が悪い
タグ: , ,

歯が抜けた後の治療法 | 公開日: 2012/06/20 | 更新日: 2019/10/21 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top