虫歯(むし歯)の治療法|詰め物・被せ物

HOME > 虫歯・歯周病などの治療の種類別 > 歯が痛い・むし歯の治療方法 > 虫歯(むし歯)の治療法|詰め物・被せ物

むし歯治療では、大きく分けて3つの治療方法があります

むし歯治療は詰め物・被せ物・抜歯の3つ

むし歯治療は「治療」とは言うものの、削って「詰める」「被せる」か「抜歯する」の3つの施術が基本となります。つまり、骨折や切り傷などのように「治癒(ちゆ)=病気が治ること」することはありません。むし歯という疾患を削ることで治す(進行を止める)のが歯医者における治療となります。

もちろん、削った歯は二度と戻ることはありません。ですから歯科治療はむし歯に侵された歯を元通りにするのではなく、代わりの人工物で補う治療が主となります。

この補う人工物のことを「補綴物」と言い、詰め物もしくは被せ物をする治療を補綴治療と言います。すなわちむし歯の治療は、補綴治療か抜歯治療のどちらかになるということになります。

軽度|C1

小さく削って詰める

白い樹脂(コンポジットレジンといます)でつめます。治療は1回で終わることが多いです。

image

中等度|C2

削って詰める

むし歯が大きい場合は白い樹脂(コンポジットレジン)では治療が難しくなることが多い為、銀歯(保険)、金歯、セラミックといった詰め物を歯の一部に入れることになります。

image

重度|C3

神経を取って被せる

むし歯が神経にまで達している場合は、神経をとって、根の治療をした上で歯に土台を立て、その上から歯を模した被せもの(こちらも銀歯(保険)、金歯、セラミックなどがあります)を入れることになります。

image

重度|C4

神経を取って被せる

この状態になると、歯は抜かないといけなくなることが多いです。歯を抜かないといけなくなった場合の治療方法はこちらをご覧下さい。

歯の詰め物や被せ物には先ほど述べたような種類があり、ご自身がどのようなお口でいたいか、どのように治療したいかによって選択することができます。(これ以上むし歯ができて欲しくない、自分の元の歯のように綺麗にしたい、費用を抑えたい、などです)

image
タグ: , ,

虫歯(むし歯)の治療法|詰め物・被せ物 | 公開日: 2009/08/21 | 更新日: 2022/06/02 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科について

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

診療カレンダー

※日曜・祝日診療は不定期となります。

明石アップル歯科への
アクセス・地図

明石以外でもアップル歯科の治療を受けられます

明石・神戸周辺のアップル歯科

兵庫県 明石市周辺の歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科

明石市大久保町高丘3丁目3−1

兵庫県 神戸市中央区周辺の歯科

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科

神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F

その他兵庫・大阪に8つの
アップル歯科があります

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top