HOME > 治療の種類別 > 歯が痛い・むし歯 > 虫歯のでき方と進み方

虫歯のでき方と進み方

C1段階

C1

ほとんど自覚症状がありません。

虫歯がエナメル質(歯の一番外側の硬い部分)までに限られた虫歯です。少しだけ削って、白い樹脂で埋めることで治療できます。

この程度のときに治療をすれば、痛みもあまりなくだいたい1回で治療が終わります。


C2段階

C2

冷たいものや甘いものがしみたり、噛んだときに痛かったりしてきます。歯の内部の少し深い所(象牙質)まで進んだ虫歯です。
虫歯の穴が大きい場合は銀歯、金歯、セラミック等の詰め物で治すことが多いです

歯の内部の少し深い所(象牙質)まで進んだ虫歯です。冷たいものがしみたりすることが多いです。虫歯の穴が大きい場合は詰め物で治すことが多いです。


C3段階

C3

激しく痛むことがあります。
ここまで進行してしまうと、神経を取らざるを得ません。神経がなくなると、歯はもろく掛けやすくなってしまいます。

虫歯が深く、歯の神経にまで達している状態です。この場合は歯の神経を抜いて、根の治療が必要となります。根の治療が終わると、その後に土台と被せを作っていきます。

神経がなくなると、歯はもろくなり、歯の寿命が縮んでしまいます。


C4段階

C4

腐った根だけ残り、根の周囲に膿が溜まることがあるため、口臭もひどくなります。虫歯が大きすぎて、根の中まで虫歯になっている状態のことです。この状態で放置すると、歯に土台を立てて被せ物を入れれなくなってしまうことが多く、また虫歯が他の歯に感染するのを防ぐために歯を抜かないといけなくなります。

歯を抜いた後は、インプラント、入れ歯、ブリッジという3つの選択肢の中から治療を選ばなければなりません。※移植等の特殊な条件を除く


虫歯の原因と虫歯ができる流れ

image

1.口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。その中の一つ、ミュータンス菌が主な虫歯の原因菌です。


下へ
imageす

2.口の中の菌が増えると、歯の表面にネバネバした物質をつくります。(バイオフィルムと言われています)


下へ
image

3.そのネバネバした物質の中に虫歯菌や他の細菌が住みつき、どんどん増えていきます。これが歯垢(プラーク)といわれるものです。


下へ
image

4.歯垢(プラーク)の中の虫歯菌は食べ物の中の糖質を材料に酸を作り、次第に歯を溶かし始めます。これが虫歯です。



タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

虫歯のでき方と進み方 | 公開日: | 最終更新日: 2019年2月28日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ