セラミックの歯は絶対にダメと言われる理由

HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > セラミックの歯は絶対にダメと言われる理由

セラミックは悪い治療?

セラミックによる詰め物・被せ物の治療

セラミック治療とは、銀歯や樹脂(プラスチック)素材を使わずに、陶材を使って歯を治療する方法です。主に虫歯を治す際に有効な自由診療の治療です。

保険診療で扱われる銀歯や樹脂性の詰め物・被せ物と比較してセラミックは自然の歯の見た目に近く、美しい仕上がりが期待できるため、セラミックを希望される患者様も多いです。

セラミックによる歯の治療は世界的にもスタンダードな治療で、虫歯治療のあと銀歯を入れるのは、先進国では日本ぐらいだと言われています(ドイツやスウェーデンではは銀歯に使われる金銀パラジウム合金を歯科治療に使用することを禁止しています)。

セラミックインレー

セラミックの治療は絶対にダメ?

しかしながら、セラミックに限らずどんな治療にもリスクやデメリットがあります。インターネット上でも、「セラミックは絶対にダメ!」というような情報も散見されます。

多くの人には良い治療であっても、特徴やリスクを知らずに治療を進めてしまうと、一部の人には見た目や機能性などで思い通りの結果を得られないことも考えられます。

セラミック治療をして後悔しないためにも、セラミック治療の持つデメリットを事前に確認して、治療を受けても大丈夫か確かめることが大切です。

歯で悩む女性

セラミック治療がダメと言われる理由

割れるリスクがある

金属で出来た歯が割れることはほとんどありませんが、セラミックは石に近い材質で金属よりも硬さや曲げ伸ばしの耐久性が弱いです。ですので、噛み締め等の強い力がかかることで割れてしまうリスクがあります。

特に奥歯は大きな力がかかることが多く、歯ぎしりや食いしばりの症状に気づかずに治療を進めてしまうと、治療した歯が割れたり欠けたりすることもあるため、「やらなければよかった」と後悔する人もいます。

割れた補綴物

歯を削る量が多くなる

セラミックが割れるリスクを回避するためには、素材に厚みを持たせて製作する必要があります。

樹脂素材や金属の素材でも削ることには変わりありませんが、セラミックの方が天然歯を削る量が多くなることがあります。より多くの歯を残したいと思っている方には懸念点となってしまいます。

切削料の多さ

自由診療のため高額

セラミックは保険診療でカバーされない材料ですので、全額自己負担の自由診療となります。最も小さい詰め物でも、1歯あたり50,000円程度(医院によって異なります)の費用がかかってしまうため、多数の歯を治すにはかなりの金額が必要となります。

高額な補綴物

ずっと使える訳ではない

自由診療の高価な材料であるからと言って、必ずしも長く使えるものでなく、セラミックにも寿命(外れたり、壊れたりすること)はあります。銀歯や樹脂素材よりも長持ちする傾向にはありますが、耐用年数はおよそ10〜15年程度と言われています。

セラミックは「高価だから一生使える」と思ってしまう人も多いです。状態を良好に保てば15年以上使うことも、一生涯使用することも可能な場合もありますが、適切なセルフケアやメインテナンスを怠ってしまうと、機能する年数はさらに短くなってしまいます。

寿命を迎えた補綴物

セラミックの種類によって性質が変わる

単にセラミック治療と言っても、歯科医院によっては様々な選択肢を用意している場合があります。色調豊かな自然な見た目の素材から、プラスチック素材と混ぜることで費用を抑えた「ハイブリッドセラミック」と呼ばれる物もあります。ただし、ハイブリッドととは言うものの、セラミックのように焼き付けるものではなく、樹脂にセラミックの粉を混ぜて固めるものになります。

当院で扱うセラミック素材は、オールセラミック・デジタルセラミック・ジルコニアセラミックの3種類で、それぞれ特徴が違います。素材の特徴を理解したうえで治療を進めないと、思い通りの結果にならない場合があります。

明石アップル歯科の詰め物・被せ物費用(自由診療)

様々な種類のセラミック

セラミック治療を薦める理由

セラミックの治療のメリット

このように、セラミックには複数のデメリットがあり、知らずに治療を進めてしまうと失敗するリスクが上がってしまいます。

ですが、セラミックによる治療を行っている歯科医院は多く、世界的に見てもセラミックは歯の治療で使う主流の材料であり、患者様からの高い需要もある治療です。

多くの歯科医師は悪い治療を勧めているわけではなく、セラミックを使うことで得られるメリットも大きいため、適用できる患者様にはお勧めしています。

歯科医師のカウンセリング

虫歯の再発率が低い

セラミックで作られた詰め物・被せ物は、レジンセメントという接着剤を使って歯と緊密に接着するため、天然の歯との間に隙間を作りにくい特徴があります。

治療した歯にできる虫歯はこの隙間から発生することが多く、隙間を作らない性質によって虫歯の再発率を下げることができます。

隙間ができない

表面に汚れが付きにくい

セラミックの表面はなめらかで、汚れが付きにくい特徴があります。口腔内の汚れ(プラーク)はザラザラとした部分に蓄積していくため、汚れの溜まりにくい性質によって虫歯・歯周病にかかるリスクを低減できます。

逆に銀歯は、小さく細かな傷がつきやすく、そこにプラークがたまりやすいという特徴があります。

汚れが付きにくい

金属アレルギーの心配がない

口腔内に入る金属によって手足の痒みや身体の不調を来たすことがあり、歯科金属アレルギーと呼ばれています。

セラミックは非金属のため、アレルギーの既往歴がある方にとってはとても有効な治療と言えます。

金属アレルギー

セラミック治療とセラミック矯正の違い

セラミック矯正とは

セラミック治療の中には「セラミック矯正」と呼ばれる治療がありあす。がたつきや変色のある複数の前歯を大きく削り、綺麗なセラミックの被せ物で形を整える治療方法です。

短期間で歯並び・歯の色・見た目を改善できるため、希望する方も一定数おられます。

セラミック矯正はセラミックを使った治療ではありますが、一般的なセラミック治療とも歯列矯正とも違った特殊な治療になります。

セラミック矯正

セラミック治療とセラミック矯正の違い

セラミック矯正は、健康な歯をあえて大きく削ったり、問題のない神経を取り除くことで歯の見た目の改善する治療です。

一方で、虫歯などを治すセラミック治療は「トラブルがある歯を修復する治療」です。治療の必要がある歯を修復するセラミックに対して、セラミック矯正は健康な歯に手を加える治療ですので、治療の手段は同じですが目的が違います。

健康な歯を削ってしまうことに対して「セラミック矯正は絶対にダメ」と言われることも多いですが、一般的なセラミックを使った治療とは別であることを理解する必要があります。

当院では健康リスク等を考慮して、見た目の改善を目的としたセラミック矯正をお勧めすることはありません。歯並びを治したい場合は、ご自身の歯を活かした矯正治療についてご案内しています。

目立たないマウスピース矯正についてはこちら(自由診療)

セラミック矯正のイメージ

セラミック矯正の治療イメージ
※当院ではセラミック矯正を受け付けていません。

ご自身に合った歯の素材を選びましょう

全ての治療にはメリットとデメリットが確かに存在しており、絶対に取れない・壊れない・悪くならない歯の素材はありません。ですが、患者様の希望や口腔内の状態によって、適切な素材を選定することは可能です。

保険診療・自由診療に限らず、歯科医師の説明を受けて、ご自身で治療を選べる環境と選択肢があることが重要です。

明石アップル歯科では、保険診療から自由診療までご要望に合わせて治療を行うことができます。虫歯治療・セラミック治療でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

歯科医師のカウンセリング
この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本 大典です。
DR岡本
タグ: ,

セラミックの歯は絶対にダメと言われる理由 | 公開日: 2023/06/12 | 更新日: 2023/06/12 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科について

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

休診日

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

日曜・祝日診療

13時迄

※日曜・祝日診療は不定期となります。

明石アップル歯科への
アクセス・地図

明石以外でもアップル歯科の治療を受けられます

明石・神戸周辺のアップル歯科

兵庫県 明石市周辺の歯科

明石アップル歯科

明石市大久保町高丘3丁目3−1

兵庫県 神戸市中央区周辺の歯科

三宮アップル歯科

神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F

その他兵庫・大阪に8つの
アップル歯科があります

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top