虫歯になりやすい人の共通点

HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 虫歯になりやすい人の共通点

虫歯になりやすい人の特徴と習慣

虫歯になりやすい人となりにくい人

むし歯の治療を終えたのに、定期健診でまたむし歯が見つかった。という経験をされた方もおられるのではないでしょうか?「私ってむし歯になりやすい体質なのかな?」と思うと、歯医者に通うのも億劫な気分になってしまいます。

この「むし歯になりやすい体質・なりにくい体質」というのは、実際にあるとも言えますが、それだけが原因ということでもありません。しかし、よくむし歯になる人には似ている特徴や習慣があるのもまた事実です。

今回はむし歯になりやすい人の特徴・習慣と解決策についてお話ししていきます。

image

虫歯ができる仕組み

原因の前に、むし歯になる仕組みをお話しします。むし歯になる原因は「細菌」「歯質」「糖類」の3つが条件としてあり、条件が満たされたうえでそのまま時間が経過するとむし歯の症状が出てしまいます。

「細菌」はむし歯菌への感染(環境的な要因)、「歯質」は生まれ持った歯の状態(遺伝的な要因)、「糖類」は甘いものの摂取(習慣的な要因)と、それぞれ違う要因から成り立っていて、それを放置してしまうとむし歯になってしまうのです。

image

虫歯ができてしまう体質と特徴、習慣3つ

遺伝的に歯質が弱い・歯並びが悪い

一般的に歯質(歯をかたち作る材質)や歯並びは遺伝すると言われています。歯質が弱ければ、むし歯菌に感染してしまった時により症状が出やすいですし、歯並びが悪いと磨き残しも増えてしまい、結果としてむし歯になりやすくなると言えます。

しかしながらむし歯菌として知られている「ストレプトコッカス・ミュータンス菌」は、生まれたての赤ちゃんの体内には存在しません。他人の唾液などがついた食器やキスを通じて感染すると知られており、感染しなければ歯質が弱くてもむし歯にはならないと言えます。

つまり、歯質が弱い・歯並びが悪いという遺伝的な要因は少なからずあるものの、むし歯菌に感染する機会が多く、むし歯によくなる習慣の人と似た生活をしているといった環境的な要因も大きいということです。

特に両親がよくむし歯になるという家庭だと、その子どもも両親と似た食生活・習慣になる可能性が高いので、見かけ上はまるでむし歯にかかりやすい体質が遺伝しているように見えるのです。

image

歯磨きの仕方が良くない

歯並びのところでも触れましたが、磨き残しが多いと当然むし歯になりやすくなります。

歯並びによる磨きにくさだけではなく、歯並びが良く磨きやすい歯並びだったとしても、歯ブラシはついついルーティーン化してしまうもので、おのずと磨きが甘くなってしまいます。

定期的な歯科検診に行っていないとどこに磨き残しがあるのかは中々気づきにくいため、自分だけでは判断できないところも厄介な点です。

image

甘いもの・間食の摂り方が悪い

糖分はむし歯菌に対してよくないことはよく知られていますが、これはミュータンス菌が糖分を分解して乳酸を作り、歯を溶かすからです。

甘いものを全く食べない人は少ないと思いますが、摂り過ぎは当然良くなく、また「ながら食べ」もむし歯を進めてしまいます。「ながら食べ」は甘いものに限らず、食べ物全般に言えるので間食のし過ぎは良くありません。

image

今日から始められる虫歯対策3つ

間食は控える・食生活を見直す

間食が多過ぎると口の中は糖分が多くなり、むし歯ができやすい酸性の状態が長く続いてしまいます。ついつい口に運んでしまいそうな時は自制して、口内環境を整えましょう。

近年では糖分を抑えたお菓子やキシリトールなど、むし歯菌が分解しない甘い食品も増えています。少し意識して食生活を変えてみるのも良いでしょう。

image

歯磨きの習慣を変える

磨き残しの多い歯磨きを沢山やっても効果はありません。歯磨きの方法や道具を見直して効果の高い歯磨きを心がけましょう。

奥まった箇所を磨きやすくするワンタフトブラシや、歯間ブラシを使うことで磨き残しは大幅に減らすことができます。

可能であれば昼食や間食の後に歯を磨くことでもむし歯の発生条件を抑えることができます。時間がない時は軽く口をゆすぐだけでも効果が期待できます!

image

虫歯菌を少なくする

最終的にはむし歯菌の有無が重要な要素になりますので、菌の量を抑えるための「プラークコントロール」をしていきましょう。

具体的には定期的な歯医者での検診が挙げられます。セルフケアだけでは落としきれない場所の汚れは歯科衛生士さんに取ってもらいましょう。

定期健診では歯ブラシ指導もしてくれるところが多いので、より効果の高い歯磨きの方法を身につけましょう。

image

歯周病になりやすい人も要注意

むし歯以外にも歯周病などはよく知られたお口の病気のひとつですが、歯周病菌とむし歯菌はまったく別の菌で、むし歯にならないからと言って歯周病にならないわけではありません。逆も同じです。

歯周病の初期症状は痛みなどがないため気づきにくいと言われていますが、対策方法は歯周病菌を減らすというところで、本質的には変わりません。

むし歯だけ気をつけるのではなく、お口全体の健康意識を高めて、長く健康でいられる歯を目指しましょう!

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本 大典です。
image
タグ: , , ,

虫歯になりやすい人の共通点 | 公開日: 2010/03/23 | 更新日: 2022/05/30 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top