被せ物(クラウン)の種類

HOME > 治療の種類別 > 歯が痛い・むし歯 > 被せ物(クラウン)の種類

被せ物の選択

被せの種類の選択によって、その歯の長持ち具合には大きく差が出てきます。特に前歯の被せは口元だけでなく、その人自身の第一印象にも大きく関わります。

【1】オールセラミックジルコニア(見た目と強度を求める場合)

【自由診療】130,000円~150,000円+税(全ての歯に適用可能です)

メリット
見た目が良い上、強度もある。
プラークがつきにくい。
永年変色せず天然歯の美しさを保つ。
金属アレルギーの心配がない。
一般的なセラミックより強度が出せる。
仮止めが出来る。
デメリット
歯を削る量が少し多くなる。
研磨・調整が難しい。
コストがかかる。
写真の治療例 ジルコニアセラミックによる被せ物の治療
期間・回数 1ヶ月 4回(補綴治療に限る治療回数)
費用 自由診療:ジルコニアセラミック 2歯 総額 260,000円+税
リスク・副作用
  • 食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
  • 補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。
  • 経年の劣化により着色や脱離をすることがあります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。

【2】E-maxセラミック(見た目の美しさを求める方)

【自由診療】100,000円~+税(全ての歯に適用可能です)

メリット
見た目が良い上、強度もある。
プラークがつきにくい。
永年変色せず天然歯の美しさを保つ。
金属アレルギーの心配がない。
デジタルセラミックより強度が出せる。
歯肉が黒くなるリスクが低い。
デメリット
コストがかかる。
歯ぎしりのある方には適応できない場合もある。
写真の治療例 E-maxセラミックによる被せ物の治療
期間・回数 1ヶ月 4回(補綴治療に限る治療回数)
費用 自由診療:Emaxセラミック 1歯 総額 100,000円+税
リスク・副作用
  • 食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
  • 補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。
  • 経年の劣化により着色や脱離をすることがあります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。

【3】メタルボンド(審美性と機能性のバランスを取りたい方)

¥100,000+税【自由診療】(全ての歯に適用可能ですが鉤歯等に利用することが多いです)

メリット
内側が金属のため強度が高く、表面のセラミックによる審美性も併せ持つ
手入れがよければ長期的に使用出来る。
デメリット
Emaxやジルコニアセラミックと比べると、経年的審美性は劣る(歯と歯茎の境目が黒くなるリスクが高い)
コストがかかる。
歯ぎしりのある方には適応できない場合もある。
写真の治療例 メタルボンドによる被せ物の治療
期間・回数 1ヶ月 4回(補綴治療に限る治療回数)
費用 自由診療:メタルボンド 1歯 総額 100,000円+税
リスク・副作用
  • 食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
  • 補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。
  • 経年の劣化により着色や脱離をすることがあります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。
  • 経年により歯と歯茎の境目が変色するリスクが他のセラミックに比べてやや高くなります。
  • 金属を使うため金属アレルギーの症状を発生するリスクがあります。

【4】デジタルセラミック(短時間で白い歯を入れたい方に)

【自由診療】70,000円+税(one day(型取り当日にセットまで)は80,000円+税)

メリット
セラミックの中でも治療が用意。
金属アレルギーの心配がない。
最短1日ででき、対応年数にも実績がある。
デメリット
コストがかかる。
色味が限られているので、完全に歯の色味と調和させることが難しいことがある(前歯の治療には向かない)
写真の治療例 デジタルセラミックによる被せ物の治療
期間・回数 1週間 2回(補綴治療に限る治療回数)
費用 自由診療:メタルボンド 1歯 総額 70,000円+税
リスク・副作用
  • 食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
  • 補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。
  • 経年の劣化により着色や脱離をすることがあります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。

【5】ゴールド(審美性よりも機能性を重視される方に)

100,000円~※金相場による変動有+税(主に奥歯に用います【自由診療】)

メリット
金合金でできておりしなやかで歯との適合性もよく、虫歯が再発しにくい。
天然歯に近い硬さで咬み合う歯を傷めず、奥歯に向いている。
デメリット
色が白くないこと。
コストがかかる。
写真の治療例 ゴールドによる被せ物の治療
期間・回数 1ヶ月 4回(補綴治療に限る治療回数)
費用 自由診療:ゴールドクラウン 2歯 総額 200,000円+税
リスク・副作用
  • 食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
  • 補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。
  • 経年の劣化により脱離をすることがあります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。
  • 多くはおられませんが、金に対するアレルギーがある方は金属アレルギーの症状を起こすことがあります。

【6】パラジウム

【保険適用可】前歯6,000円程度(前歯の場合は表面に薄いプラスティックを貼り付けます。)、臼歯 3,000円程度※保険適用3割負担の場合

メリット
保険が適用されるので安価。
デメリット
色が銀色である。
虫歯が再発しやすい。
歯茎の色が黒ずんだり、金属アレルギーが起こることがある。

【7】硬質レジン冠

【保険適用可】1歯約8,000円程度※保険適用3割負担の場合

メリット
レジン(プラスチック製)で保険が適用されるため費用の自己負担が少ない。
金属アレルギーの心配がない。
デメリット
割れやすい
プラークが付きやすく、割れたところから菌が入るためむし歯の再発リスクが高い
着色・変色しやすい
銀歯よりも外れやすい
タグ: , ,

被せ物(クラウン)の種類 | 公開日: 2009/08/21 | 更新日: 2020/09/03 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

明石アップル歯科
明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る
加古川アップル歯科
加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ
三宮アップル歯科
三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ
アップル歯科尼崎駅前
アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top