HOME > 自由診療 > 歯並び矯正 > 歯並び矯正治療で起こり得るリスク

歯並び矯正治療で起こり得るリスク

歯並び矯正は、むし歯や歯周病になりにくい清掃性の高い歯並びを作り、見た目もよくなる優れた治療ですが、リスクがないといわけではありません。矯正治療中や治療終了後には、以下のような症状・状態が起こりえる可能性があります。アップル歯科クリニックでは以下の内容を治療前にご説明し、個々の状態に応じて起こりやすいリスクもお話した上で、同意のもと矯正治療を行ないます。

  • 歯磨きがわるい場合には、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで(1週間程度)に口内炎ができることがあります。
  • お約束どおりに通院しないと、矯正治療がスムースに進行せず、治療期間が延長します。
  • 治療期間はあくまでも予定なので前後する事があります。
  • 成長発育によるオトガイの突出(とくに下顎前突)は矯正治療では治せません。外科手術が必要になることがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。
  • 18歳頃親知らずが生え、歯並びに影響したり、顎関節症の原因となる場合には抜歯することがあります。また当院では矯正治療をされる患者様には抜歯を推奨しています。治療の進行上、場合によっては歯を抜いたり、かぶせの治療や根っこの治療を加えなければならない事がありますが、この場合の費用は別途必要になります。
  • 長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
  • 長期治療の為、担当医が変わる場合もございます。ご了承いただきますようお願い致します。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 歯の根が多少短くなることがあります。
  • 下顎前突(受け口)の治療において、顎の成長を抑えられない場合があります。
  • 歯の根と骨が直接くっついている(=骨性ゆ着)場合は、歯が動かないことがあります。
  • 並んだ歯列は、永久的に不動不変のものではありません。
  • 歯の神経が失活することがあります。
  • 治療後、歯の表面にわずかなひび割れ(クラック)が生ずることがあります。
  • 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
  • その他、個別のリスクや偶発症を起こす可能性があります。

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

歯並び矯正治療で起こり得るリスク | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ