小児用トレーニング矯正装置

HOME > 自由診療 > 小児矯正 > 小児用トレーニング矯正装置

お子様の歯並びでお悩みの方

マウスピースで歯並び改善

お子様の歯並び、気にりませんか?でも、歯に装置やワイヤーを付ける矯正や顎を広げる装置など、本格的な矯正治療となると、費用の問題や、「子供が耐えれるかどうか」など、尻込みしてしまうことも多いようです。そんな方に一度検討していただきたいのが「マウスピースによる歯並びの改善」です。

  • 装着するのは寝ている間+1時間
  • マウスピースを口に入れるだけなので簡単に出来る
  • 一般的な小児矯正(咬合育形成)に比べて費用が抑えられる

当院では、お子様の歯並び・不正咬合の改善方法の一つとして、トレーニング矯正装置【プレオルソ・マイオブレース(T4K)】による治療を取り入れています。

T4K

           

プレオルソ

           

お子様の歯並び、こんなことで悩んでませんか?

前歯のガタガタや出っ歯、前歯同士が噛んでいないポカン口、下の歯が上の歯より前に出ている受け口、いろんなお悩みがあると思います。では、なぜ歯並びは悪くなると思いますか?元々顎が小さいから?それとも歯自体が大きいから?もちろんそれもありますが、実は習癖(指しゃぶりや舌のクセ)が原因であることも多いのです。

トレーニング矯正装置【プレオルソ・マイオブレース(T4K)】は、そんな習癖によってなってしまった不正咬合を治療するマウスピースです。以下のような症状に効果が期待できます。

叢生 叢生

デコボコの歯並び

前突 上顎前突(出っ歯)

上の歯が前に突出している

下顎前突(受け口)

下の顎が前に突出している。

開咬(ポカン口)

前歯が噛んでいない。

過蓋咬合

咬み合わせ深く下の歯が見えない。

指しゃぶりが歯並びを悪くする?

ある程度大きくなってきたお子様が、指しゃぶりを続けていると歯並びが悪くなる可能性が高くなります。他にも、口呼吸を続けていたり、食べ物や飲み物の飲み込み方が悪いと、歯並びが悪くなる可能性が高くなります。これが歯並びを悪くする「習癖(くせ)」で、間違った呼吸や飲み込み方、指しゃぶりなどの悪い習慣があると、舌や頬、唇の筋肉は異常な動き方をしてしまいます。この状態が続くことで正常な筋肉、顎顔面の発達からどんどん離れていってしまいうため、顎の発達が悪くなり、歯並びが悪くなってしまうのです。

また、舌の位置によっても歯並びは影響を受けてしまいます。舌からの適切な力が歯にかかることで、適切な位置に歯が並ぶのです。こういった理由により子どもの頃に悪い癖があると、歯並びが悪くなるどころか、正しい顎顔面の成長まで妨げられてしまうのです

トレーニング矯正装置による悪習癖の改善【プレオルソ・T4K(マイオブレース)】

ご自身のお子様は指しゃぶりや口呼吸をしていませんか?そもそも正しい飲み込み方とはどういうものか分からないということはありませんか?

小さな頃は、「可愛いと思った仕草」が実はお子様の健康な歯並びを育む邪魔をします。こういう悪い習慣を改善し、適切な発育を育むための装置が“T4K”や“プレオルソ”という、トレーニング矯正装置です。T4K・ぷれ、歯に金属のワイヤーを貼り付けて、、、みたいなイメージがあるのではないでしょうか。プレオルソ、T4Kは、取り外し可能な、大型のマウスピースのような装置です。

以下の文献でもその効果が示されています。

参考文献

Influence of Pre-Orthodontic Trainer treatment on the perioral and masticatory muscles in patients with Class II division(クラス2の患者に対してのT4Kを用いた歯並びの影響)
1 malocclusion European Journal of Orthodontics, January 2011

Application of functional orthodontic appliances to treatment of “mandibular retrusion syndrome”
—Effective use of the TRAINER SystemTM— (Japanese Journal of Clinical Dentistry for Children, Volume 14, No.4, April 2009

トレーニング矯正装置を始める時期とトレーニング内容

年齢としては、だいたい6歳くらいから開始することが多いです。12歳まで(混合歯列期)装置の装着時間は、日中の1時間と就寝中になります。また、装置を装着するだけではなく、トレーニングをしてもらう必要があります。
具体的には

  • 鼻…唇を閉じて鼻をつまんで呼吸を止めたまま歩いて歩数を図る。息切れしたらもう一度する 全部で2分
  • 舌…手鏡を見せながら舌の先を一定の位置に置き鼻呼吸する
  • 嚥下…唇を閉じて奥歯を噛み込まないようにして嚥下
  • 口唇…唇で歯を覆って上を向く

等のトレーニングです

トレーニング矯正装置のメリット・デメリット
メリット
  • 歯並び以前に、正常な顎顔面の発育がはかれる(骨格、顔立ち)
  • 口呼吸が改善する
  • 顎に対して無理なく歯を並べることができる
  • 装置が簡便で、ワイヤー矯正のように外れたりすることがない
  • 取り外しできるので、虫歯になりにくい
  • スペースが広がるので大人の歯を抜かずに矯正ができる可能性が上がる
デメリット
  • 装置が使われなければ矯正力がかからないので子どもに依存する部分が大きく、非協力的な場合矯正が進まない、トレーニングも必要
  • 成長に伴い、再度矯正が必要になる可能性がある(ただし顎顔面が適切に発育していると矯正治療はやりやすくなる)
  • 期間が長い(6歳〜12歳程度)
  • 両親の協力も必要

お子様の歯並びについて、気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。通常の小児矯正(咬合育形成)にも力を入れています。詳しくはこちらをご覧ください。

小児用トレーニング矯正装置に必要な費用

種類 説明 料金

T4K
トレーニングフォーキッズ。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。
Ⅰ期矯正・Ⅱ期矯正に移行が必要な場合は矯正治療費から半額分を差し引きます。
200,000円+税

プレオルソ
就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。 50,000円+税
この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
タグ: , ,

小児用トレーニング矯正装置 | 公開日: 2020/01/30 | 更新日: 2020/03/16 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top