HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > マウスピースについて

マウスピースについて

マウスピース(スプリント)

マウスピース

咬合の力から歯を守る

通常、無意識下での食いしばりや、歯軋りの際に歯にかかる力は、個人差はあるものの体重の2倍、100kg前後もあるといわれています。
それにより歯にダメージを受けるケースは少なくありません。奥歯は特にその力を直接受けやすいため、その力が奥歯を失う原因ともなっています。
そういう方は咬む力をコントロールする必要があります。
アップル歯科では、咬む力のコントロールの手段の一つとして、寝ている間にマウスピース(スプリント)を装着することを推奨しています。
起きている時の食いしばりは、意識的に防ぐことができても、寝ているときの食いしばりや歯軋りは中々コントロールできません。
寝ている間の歯軋り・食いしばりは、マウスピースを装着することによりコントロールします。

インプラントや補綴物をした方も

インプラントや補綴物を入れた場合は、自分の歯と違って咬んだ時に圧力を感じるセンサーがありません。
このため、特に歯が入ってからの6ヶ月ほどは、過剰に食いしばったり、硬いものを咬むと上記のような咬合力による問題も起きてきます。
インプラントや補綴物を長持ちさせるためには、マウスピースで咬む力をコントロールする、セルフメンテナンスが重要になってきます。

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

マウスピースについて | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ