HOME > 自由診療 > 短期集中歯科治療 > 短期集中治療のQ&A

短期集中治療のQ&A

Q短期集中治療ってなんですか?
A歯医者が苦手(音が怖い、治療が痛そう)だったり、口に中に器具を入れられると嘔吐反射を起こしてしまう方、子育てやお仕事が忙しく、お口の中が悪いのは分かっているけどなかなか歯医者に通えないという状態になった方など、様々な理由で歯医者での治療が困難な方に対し、鎮静麻酔を用いたり、通常よりたくさん時間を取ることによって一度にまとめて治療を行なってしまう方法です。歯科治療が苦手な方や、なかなか時間が取れない方から喜ばれる治療です。
Q鎮静麻酔ってなんですか?
A正式には静脈内鎮静法という麻酔で、緊張、不安、恐怖などを落ち着かせ、安全に治療ができるようにするために薬物を用いて行う麻酔です。全身麻酔と違い、意識を失うことなく不安を感じなくしたり、治療の時の記憶をさっぱりとなくすことができます。適切な管理がなされていれば危険なものではなく、自発呼吸が保たれます。そして比較的すぐに麻酔から覚めます。ちなみに全身麻酔では、麻酔薬の強力な作用により、自発呼吸が抑制され意識はない状態で治療を行います。
Q麻酔にはどんな薬剤が使われるの?
A大きく分けて2つあります。
・ベンゾジアゼピン系
鎮静、抗不安、筋弛緩、健忘作用 などがあります。この薬剤を使用するリスクとしては、呼吸抑制を起こしてしまうことがあり、一時的に血液中の酸素の飽和度が低下することがあります。なので高齢者や肺に疾患のある方、睡眠時無呼吸症候群の方には呼吸を確認することが重要です。
また血圧が下がってしまうこともあります。ただし、適切にゆっくりと作用させれば影響は少ないと言われています。
・プロポフォール
鎮静、催眠作用 があります。嘔吐反射も抑制できます。こちらも呼吸系と血圧へのリスクがあります。またプロポフォールの注入時に血管に痛みがあるのと、卵アレルギーの方には使えません。(※1)
Q歯医者に行くといつも15〜30分くらいで治療が終わるんだけどもっと長くやってくれないの?
A多くの歯科医がも患者様のために長く時間を確保して治療したいと思っていると思います。しかし、保険治療の場合、費用や使える材料などの制約から、どうしてもできることや時間が限られてしまいます。
当院では、どのような治療であっても非常に軽度のもの以外は約30〜60分の時間を確保して治療させて頂いております。
しかし、それ以上の治療の短縮をご希望の方に、貸切歯医者という形で、120分、240分、480分と時間を確保させて頂くことができます(治療費は別途必要となります)。

※1 参考文献:一般社団法人日本歯科麻酔学会 歯科診療における静脈内鎮静法ガイドライン


この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ