歯内療法と根管治療って違うの?

HOME > 新着情報 > 歯内療法と根管治療って違うの?

歯内療法と根管治療は同じもの

歯内療法・根管治療とはどんな治療?

歯内療法とは、歯を抜かないための根の治療のことを言います。そして、その中でも歯根の神経を取ったり、根管(歯の根の中の神経が詰まった管)無いの菌を除去し、キレイにする処置を根管治療と呼びます。

同じお口の病気で、歯周病と歯槽膿漏もよく似た言葉で使い所も同じですが、こちらも歯周病の病状の一つが歯槽膿漏であって、それを歯周病と呼ぼうと歯槽膿漏と呼ぼうと大した違いはありません。

歯内療法と根管治療も考え方的には同じで、歯内療法の一部が根管治療であると考えてもらえればわかりやすいのではないでしょうか。

歯内療法・根管治療が必要な症状

むし歯には段階があり、CO・C1から始まり、C2、C3、C4と徐々に進行していきます。

主にCO・C1ではエナメル質がやられて、C2では象牙質、C3・C4では歯髄(歯の神経)に達するむし歯となり、進行とともに治療の難易度は上がり、歯のダメージは大きくなっていきます。

通常、C3では抜髄という根管治療が必要な状態になりますが、中にはC2でも程度によれば抜髄が必要になることもあります。

つまり、歯内療法が始まるのはC2が進んだ状態からだと言えます。そして歯内療法の範囲を超えた状態がC4、すなわち歯を残せない状態であり抜歯となります。

歯内療法の種類

歯髄を温存する治療

生活歯髄療法

歯内療法は「歯を残すための治療」です。そのため、根管に影響が及び始めた時点で、神経を取り除く前に根管への感染を防ぐ「歯髄温存」も歯内療法の一部です。具体的にはMTAという特殊なセメントで、感染した歯髄のみを取り除き、抜髄を免れるための治療です。MTAセメント詳細

歯の神経を取る治療

初回根管治療

歯の神経を取ることで痛みや炎症を取り除く処置です。神経を取った歯は栄養が行き渡らなくなるため脆くなりますが、歯の予後を考えるとこの初回根管治療の正確さがとても重要になります。近年ではこの初回根管治療を正確に行う精密根管治療を希望される方も増えています。精密根管治療詳細

再感染した歯の根の治療

再根管治療

過去に根管治療を行った歯が、再感染したり、根尖病巣から炎症が起こった場合に再度根管治療を行うことを言います。 根管治療の成功率は保険診療で約50%とも言われるため、根管治療をされた方の2人に1人程度が再根管治療が必要になるとも言われています。根管治療の回数には限度があります。

最後の手段、外科的歯内療法

歯根端切除術

歯の根の病気は、実は歯の根の中だけにとどまらず、それを支える骨にまで影響を及ぼすこともある病気です。

神経が虫歯に侵されることで炎症を起こす「歯髄炎」は、いわゆる抜髄という神経を取る処置で炎症や痛みは収まります。しかし、その歯が再度感染すると「根尖性歯周炎」という、歯の根の先に膿袋ができる病気になることがあります。根尖性歯周炎は時に激しい痛みを伴いますが、再根管治療だけでは除痛出来ない場合もあります。

そこで最後の手段として考えられるのが「歯根端切除術」です。歯根端切除術はその名の通り、歯の根の先を病巣ごと切り取る外科処置を伴った歯内療法です。名前としては外科的アプローチによる治療ですが、こちらも「歯を残す」という意味合いにおいては、歯内療法の一部と考えられる治療です。

歯根端切除術は歯の根を残す最後の治療です。歯根端切除術を行った歯は確実に寿命が短くなり、再感染すると次は抜歯に至ります。そうなる前に、しっかり治療して予防歯科に通うこと、再発リスクの低い治療を選ぶことで、神経を取った歯でも長持ちさせることが可能です。

歯内療法・根管治療は保険適用になる?

歯内療法には保険が適用されます

歯内療法・根管治療には保険診療が適用可能です。ただし、保険適用の範囲には限りが有り、歯髄を温存するMTAセメントを用いた生活歯髄療法や、マイクロスコープ・ラバーダム・NiーTiファイルを用いた精密根管治療などは自由診療でのみの受診が可能ととなります。

どちらを選択するかは患者様次第ですが、「できる限り再発を防ぎたい」「歯を長持ちさせたい」というご要望があれば、自由診療の歯内療法をご提案することがあります。

歯内療法における保険診療と自由診療の違い

歯内療法の保険診療と自由診療の違いは主に「治療費」と「治療に使用できる器具や材料、設備」、「治療にかけられる時間」の3つです。

そもそも歯内療法とは、繊細かつ高度な技術が求められる歯科治療です。歯の根は、人によって形状や本数が異なり、非常に複雑で、肉眼では発見しにくいほど小さな歯髄や感染部位をわずかに残してしまうだけでも再発につながります。

そのため、歯科医師の目視や手の感覚だけで治療を行うのではなく、マイクロスコープや歯科用CT、ラバーダムといった、自由診療でのみ使用が可能になる器具を用いることで、治療の成功確率を高めることができます。

簡単にいうと保険適用の治療は痛みや腫れを取る対処療法、自由診療の精密根管治療は根管内部徹底的に清潔にし、再発を予防する原因治療と言える治療にあたると考えれば、わかりやすいのではないでしょうか。

歯内療法において重要なポイント
僅かな量の細菌も取り残さないこと

歯内療法は、根管内部のむし歯を完全に取り除き、歯としての機能を取り戻すための歯科治療です。もしも、ほんの僅かでも細菌を残してしまうと再発リスクは高まり、治療をやり直す必要があり、結果的に患者様の負担は大きくなってしまう可能性があります。

また、保険診療には制限があるため、精密根管治療で用いる器具や材料が使えず、どうしても歯科医師の技術や経験、勘頼みになってしまいます。根管内部は形状が複雑なので、歯科医師の技量のみで完全に汚染された箇所を除去することは難しいと考えられています。そのため、汚染された箇所を正確に把握することが治療成功の鍵になります。

外科的歯内治療において従来の根尖切除術では,骨内の狭い空間や逆根管充填用窩洞の中などは術者の手指の感覚に頼る部分が多かったために,成功率の報告では60~70%というのが一般的でした.実体顕微鏡を用いて視野を明るく拡大し,特殊なマイクロミラーや超音波レトロチップを使用したMicrosurgeryを行うことによって,より正確で確実な根尖切除術が行えるようになりました.Microsurgeryによる根尖切除術の成功率は90%以上にまで上昇しています.

神経を取った歯は脆くなります

歯の神経を守るために

歯内療法は、歯を残すための大切な治療です。しかし、歯の神経を取る根管治療をした歯は、歯に栄養が行き渡らなくなり、虫歯の再発だけでなく、歯根破折という歯の根が折れるリスクも伴います。

すなわち、「歯を残すための治療」でありながらも「できれば受けたくない治療」であるとも言えます。そのためには、やはり虫歯がC2・C3にならないように気をつける必要があります。

虫歯は菌による感染症です。虫歯になるには「菌」「糖分」「歯質」の3つの要素に、時間の経過を伴うことで感染・進行していきます。これを予防するには、食べた後の歯磨き、お菓子や甘いものの節制、フッ素による歯の保護、そして菌の住処を除去し、虫歯がないかを調べる予防歯科が大切です。

もちろん予防歯科に通ったからと行って、虫歯(C2・C3)にならないわけではありません。しかしその確率を下げるのであれば、歯という同じものが2つとない臓器を守るため、通う価値は十分あるのではないでしょうか。

歯医者は歯内療法のような歯を残す治療をするところでもありますが、むし歯や歯周病を予防するところでもあります。むし歯にならないために、もしくはむし歯になっても歯を守るために、歯のことで気になることがあればお気軽にご相談にお越しください。

この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本 大典です。
タグ: , , ,

歯内療法と根管治療って違うの? | 公開日: 2022/05/07 | 更新日: 2022/05/07 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top