神戸・明石市歯医者アップル歯科クリニックHOME > 症例 > 11歳から始めた小児矯正

11歳から始めた小児矯正

小さな頃から検診で通っていただいている患者様です。昔から歯の健康に気をつけておられましたが、歯並びについては悩んではおられるもののなかかな矯正には踏み出せずにおられました。 11歳になられてから、お母様から矯正についてのご相談があり、トリートメントコーディネーターからの説明を受けた後、矯正相談を希望されました。
11歳という年齢は、小児矯正(Ⅰ期矯正)を始めるには微妙な年齢ですが、矯正医の診断を受け、Ⅰ期矯正による咬合育形成という顎を拡げて歯を並べる矯正をスタートしました。

before

after

装置は取り外しが可能な拡大装置という顎を広げる装置を使います。顎が広がった時点で、ブラケットにより歯並びの調節を行います。

process

小児矯正と成人矯正の違いは、歯を並べるスペースを拡げて作るか抜いて作るかというところがあります(※成人後も抜歯無しで並べれる場合もあります)。大人になってからの矯正では外科手術以外顎の骨格を変えることはできませんのが、Ⅰ期矯正を行うことで歯を並べるスペースを確保し、抜歯せずに歯を並べることが可能となります。

約2年で、歯を並べるスペースを確保し、きっちり歯も並びました。

子どものうちの矯正は賛否両論ありますが、アップル歯科クリニックではお子様によっては必要な場合があると考えています。もちろん、Ⅱ期矯正が必要になる方もおられますが、それでも7本の歯をしっかり並べられるチャンスがあり、それがお子様の歯の健康に結びつくのであれば保護者の方と相談して治療するかを決めていきます。中には成人するまで待ったほうが良いお子様もおられます。それらを判断するために、一般歯科医の診断の後、矯正医による診断・相談を行っています。 お子様の歯並び、将来のことを考えておられるようでしたら、まずはご相談にお越し下さい。治療が必要か、可能か、やるべきか否か、歯並びの専門家としっかり相談しながら一緒に考えましょう。

行った治療の内容:小児矯正・拡大装置・ブラケット矯正

矯正治療には以下のようなリスクを伴う可能性があります
清掃性の悪化によるむし歯や歯周病の進行、装置装着時の痛みや違和感・口内炎、治療期間の前後、成長発育によるオトガイの突出、顎関節の異常、抜歯(便宜抜歯・智歯抜歯)、歯根吸収・歯肉退縮、歯と骨の癒着、矯正治療後の後戻り、歯の神経の失活、金属アレルギー反応、その他個別のリスクや偶発症
※歯の動き方やリスクには個人差があります。

小児矯正の症例集に戻る


この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

明石アップル歯科の診療について 明石アップル歯科夏の恒例!りんご祭り2018ご予約受付中 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療曜日 月・火・水・木・金・土・日 明石アップル歯科の診療開始時間 9:30 明石アップル歯科の診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 クリニッククラーク PEPPER 明石アップル歯科のプレミアムフラデー
神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0


このページのトップへ