HOME > セミナー報告 > 副院長の上田がフィリピンにてインプラントの骨造成を学んできました

副院長の上田がフィリピンにてインプラントの骨造成を学んできました

2018年3月8日〜3月12日、明石アップル歯科副院長の上田がフィリピンのバコロド市にて、i6というインプラントのスタディグループの勉強会に参加させて頂きました。
担当させて頂いております患者様にはご迷惑をおかけしましたが、今後はこの経験を活かして更に難しい症例でも対応できる知識と技術を学んできました。

インプラントオペ

インプラント治療

i6は日本の若手が中心となって学んでいるスタディグループで、今回はサイナスリフトという骨造成を中心に学びに行かせて頂きました。 見させていただいたのは、City Smiles Dental ClinicのDRメンデスのサイナスリフト手術。日本のオペ現場ではなかなか近づけないレベルの距離で、説明を聞きながら手術を見させて頂きました。


日本でも複数回のサイナスリフトの手術を一人でも成功しており、今回の研修を機に更に自信を付けて帰ってきています。 副院長の上田は他にも様々な学会に参加し、一流の技術を間近で見て学んでいる勤勉な歯科医師です。
優しいだけではなく、技術も知識も身につけておりますので、安心しておまかせ下さい。



アップル歯科クリニックの歯科医師は、国内外のセミナーに参加し、様々な技術や知識を学び、地元明石・加古川・神戸でその治療を提供するべく研鑽し続けています。 今後も、インプラントのみならず、保存治療・矯正・審美治療など、幅広いセミナーや勉強会に参加し、患者様へと還元できるよう努めていきたいと考えています。


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約


トップへ