顎関節症の治療

HOME > 一般診療 > 咬合治療 > 顎関節症の治療

顎のお痛み・違和感のある方

顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)はむし歯、歯周病に次ぐ第3の歯科疾患と言われ、学校歯科検診にも取り入れられているメジャーな疾患です。 顎関節症という疾患が有名になったのは、1956年以来。病気として認知されたのはむし歯や歯周病に比べれば近年の話です。そのため、顎(あご)に痛みや違和感を感じた際、どこに通院すれば良いのか悩む方もおられますが、概ね「歯科口腔外科」「歯科」での通院で結構です。 一般歯科での治療が困難であれば大学病院への紹介となりますので、かかりつけの歯科での相談で大丈夫ですが、標榜に「歯科口腔外科」と掲げていたり、歯科口腔外科出身の歯科医師のいる歯科医院の方が、顎関節に対する知識は豊富なこともあります。

顎関節症の病態と診断

1.「咀嚼筋痛障害」
お口を開けたり閉めたりすると筋肉が痛みを感じる
2.「顎関節痛障害」
お口を開けたり閉めたりすると耳の中や周辺が痛みを感じる
3.「関節円板障害」
という開口時に音がなったり、お口がしっかり開かない
4.「変形性顎関節症」
骨に変形があり、関節に損傷が有るため、咀嚼時に「ジャリジャリ」音が出る

たとえレントゲンで、顎関節の形態が認められても上記症状を有しない場合は顎関節症とは診断できません。(※1)

※1)顎関節症は,顎関節や咀嚼筋の疼痛,関節(雑)音,開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする障害の包括的診断名である。その病態は咀嚼筋痛障害,顎関節痛障害,顎関節円板障害および変形性顎関節症である

顎関節症の症状4

以下の部分の開閉口時のお痛みが多いです。

  • 耳の下
  • こめかみ
  • 側頭部
  • 下顎角(下顎の後端)
  • 耳の穴の前
  • 首の深部

顎関節症の治療法

当院での治療ではスプリントを使った治療がメインとなりますが、お痛みへの対処・原因除去のためのアプローチとして投薬治療や生活指導を行います。

お痛みに対して
消炎鎮痛剤にてお痛みをコントロールします。
生活指導
顎のお痛みは習癖(頬杖や猫背)などが影響することがあります。また、学業や就業中に意識的に食いしばらないよう気をつけることで、症状を抑えるられることがあります。
スプリント治療
スプリント(マウスピース)を使って、顎関節への負担をコントロールします。夜間に使用しますので、就寝中の無意識な食いしばりで生じる顎関節や筋肉への負担を軽減させます。
外科治療
朗らかに関節に異常があり、改善が困難な場合は大学病院等にて関節を切開する外科手術を行うこともあります。顎関節症の状態によっては,病歴や治療経過などの診療情報を専門医や専門性の高 い高次医療機関へ提供し,専門的な治療の依頼を行うことが必要になります。

顎関節症セルフチェック
  • 噛みやすい方ばかりで、食事時以外でも噛む癖がある
  • 力仕事など、食いしばる機会が多い
  • 肩、首が痛い
  • あごが動かしにくい
  • 口を開けるとあごが引っかかる感じする
  • 口が開けづらい
  • 口を開けたり閉めたりするとき音がする
  • 耳や耳の前方、耳の下、肩、背中が痛い

4個以上チェックのある方は要注意です。ご心配な方は一度ご相談ください。

この記事の編集・責任者は歯科医師の鰐渕 聡です。

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top