HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 歯の構造と本数

歯の構造と本数

歯の構造

治療前に、健康を支える歯について、少しだけ知っておいてください。覚える必要はありませんが、
歯科医は時折、患者様に難しい言葉で説明をしてしまうことがあります。
どこが悪くてどこを治すか、歯の構造さえ理解していただいていれば、歯科医の説明がもっと分かりやすくなります。


歯の形と仕組み

歯冠

目に見える白い部分

歯肉

「歯ぐき」と呼ばれる粘膜で、その下の組織を覆い保護しています。

歯根幹

歯の外部の刺激はこの管を通じて歯に伝えられます。

歯槽骨

歯を支えるあごの骨のこと。この骨がとけてしまう病気が歯周病です。

エナメル質

歯の表層で人間の体のなかで最も硬いところ。

象牙質

カルシウムが少なくもろい。むし歯がここまで進行すると、その後は加速度的に進行します。

歯の本数

■ 乳 歯・・・20本

■ 永久歯・・・28本〈 智歯(親知らず)を入れると29~32本 〉

乳歯20本は成長に伴い徐々に生え替わり(混合歯列)、永久歯28本の歯列が完成します。
その後、上下の一番奥に智歯が生える方もいます

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

歯の構造と本数 | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ