HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 歯を悪くする犯人は?

歯を悪くする犯人は?

歯を悪くする犯人は誰なのか?

歯周病菌の繁殖した口腔内

正常な口腔内

前に治したところなのに、また悪くなった…。
それって誰が悪いのでしょうか?
しっかりブラッシングしていなかった本人なのか、それとも歯医者の治療が甘かったのか。

ここではそれを「どちら」と決めるようなことはしません。
分かっていただきたいのは、犯人は別にいるということ。もちろん、ブラッシングが甘ければ、その分虫歯や歯周病にもなりますし、
万が一治療が甘ければ再発してしまうこともあるでしょう。
しかし、どちらにしても、一番の原因は「細菌」であるということは事実です。
しっかりブラッシングしても、しっかり治療ができていても、細菌が繁殖してしまえば歯はやられてしまいます。
大切なのは、細菌をコントロールすること。そのためには歯科医のブラッシング指導や定期検診と予防で、口腔内の細菌をしっかりコントロールしてください。

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

歯を悪くする犯人は? | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ