HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 妊娠中に気をつけること

妊娠中に気をつけること

妊娠と歯周病

妊娠性歯周炎をご存知ですか?

妊娠性歯周炎

妊娠中は、すっぱいものが食べたくなるように、酸性食品の摂り過ぎたり、
ダラダラ食いなどで過食ぎみになったりと、食生活が乱れやすくなってしましいます。
また、自分自身のことがおろそかになりがちな時期なので、口腔ケアも不十分になってしまうことがよくあります。
加えて妊娠によるホルモンの変化で、女性ホルモンを好む歯周病細菌が活性化します。
妊娠中はお口の中の環境が悪化して、
むし歯や歯周病になりやすい状態なのです。
特に歯周病は悪化しやすく、歯肉がぷっくりと腫れて出血しやすい状態になります(妊娠性歯周炎)。
妊娠がわかったら、ふだんよりもお口のケアに注意してください。


妊娠性歯周炎

妊娠性歯周炎

赤ちゃんに対する影響

歯周病患部の毒素や炎症を引き起こす物質は、血液中に入って全身に運ばれ、胎盤に刺激を与えて胎児の成長に影響を与えます。

また、子宮収縮を促して早産につながると考えられています。お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠が分かったら検診を積極的に受け、う蝕・歯周病などの疾患の有無と同時に予防の正しい知識と方法を身に着けましょう


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

妊娠中に気をつけること | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ