妊娠中に気をつけること

HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 妊娠中に気をつけること

妊娠と歯周病

妊娠性歯周炎をご存知ですか?

妊娠中は、すっぱいものが食べたくなるように、酸性食品の摂り過ぎたり、ダラダラ食いなどで過食ぎみになったりと、食生活が乱れやすくなってしましいます。
また、自分自身のことがおろそかになりがちな時期なので、口腔ケアも不十分になってしまうことがよくあります。加えて妊娠によるホルモンの変化で、女性ホルモンを好む歯周病細菌が活性化します。
妊娠中はお口の中の環境が悪化して、むし歯や歯周病になりやすい状態なのです。
特に歯周病は悪化しやすく、歯肉がぷっくりと腫れて出血しやすい状態になります(妊娠性歯周炎)。
妊娠がわかったら、ふだんよりもお口のケアに注意してください。

赤ちゃんに対する影響

歯周病患部の毒素や炎症を引き起こす物質は、血液中に入って全身に運ばれ、胎盤に刺激を与えて胎児の成長に影響を与えます。

また、子宮収縮を促して早産につながると考えられています。お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠が分かったら検診を積極的に受け、う蝕・歯周病などの疾患の有無と同時に予防の正しい知識と方法を身に着けましょう。

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

明石アップル歯科
明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る
加古川アップル歯科
加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ
三宮アップル歯科
三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ
アップル歯科尼崎駅前
アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top