HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の違い

一度虫歯になった歯でも、長く大事にするために

#

1本の歯を大切にするには、健康な歯をそのまま維持することが一番です。初期の虫歯や歯周病は決して自分ではわからないため、 定期検診や毎日のブラッシングをしっかりすることで予防できます。 日本人であれば、ほとんどの方は何らかの治療を受けた経験があるとは思いますが、その数年後また同じ歯を治療した経験はありませんか?
治療した後の歯に歯と補綴物がズレて、そのズレが積み重なったときに、 すき間から虫歯ができたり詰め物が外れたりと再治療を強いられてしまいます。 再治療を繰り返す事で歯はどんどん小さくなり歯の強度も弱くなってしまうので、 出来る事ならば一度治療した歯は二度と治療をしないにこしたことはありません。 一度治療した歯を再治療をしないためには、そのズレをなくせば良いのですが、そのズレとはいったいいつ発生するのでしょう。

保険診療と自費診療の違い

#

保険診療とは、誰もが平等な治療を受けられるように考えられたシステムですが、どうしても限られた材料でしか治療が認められていません。 この症状にはこの治療という、決まった方法にのみ適用されるのが保険です。もちろん、保険でも充分な治療は行えますが、 例えばそれより歯の予後に良い治療があったとしても、保険ではそれを選択することができないということです。

自費診療とは贅沢治療というイメージが強いようですが、歯の強度や咬み合わせのバランスを考えて作成するたえ、 もっとも歯を大切にし、再治療の少ない方法で治療が行えます。 また、保険では治す事は認められても、見た目や予後を考えた治療は適用されないことがほとんどです。 代表的なものがセラミックや金の歯です。保険の歯は、奥歯は銀色の詰め物や被せ物で、前歯は表面だけを白くする前装冠です。 これらは皆さんご存知の方も多いですが、実はこれは最後の補綴物(詰め物や被せ物)だけでなく、途中のやり方も異なるのです。

型の取り方、印象法の違い

#

嫌いな方も多いでしょうが、詰め物や被せ物を作るとき、模型を作るためにガムのようなものを口の中に入れて型を取っているのを覚えていますでしょうか? 歯科ではこれを「印象」といいます。保険で使用している寒天印象剤は、ご存知の通り食品の寒天と同じ海草から出来ています。 高温で溶けて低温で固まる性質を利用しますが、水分を多く含んでいるため時間がたつと乾燥し変形してしまいます。 その分精度が悪くなり、詰め物や被せ物にすき間が生じ、数年後そこから虫歯になり詰め物が外れるなど、再治療の原因になります。自費診療で使用しているシリコーン系印象材は、もっとも精密で型摂り後2~3日してもその精度を保っています。 そのため限りなくすき間のないピッタリした詰め物や被せ物が出来上がります。

強力に接着するには…

#

保険診療では、セメント(接着剤)にも制約があります。もちろん、保険保険診療でも何年も外れない場合もあります。 それは、外れないような形に削っているからで、裏を返せば虫歯でもないところを余計に削っているのです。 歯は削ってしまうと二度と再生しません。接着力が弱いと歯がかけ詰め物が外れるなど再治療の原因になります。 歯としっかりと接着し一体化させることで、歯の強度は維持されるのです。 セメントにも色々種類がありますが、例えば保険で使えるセメントを「ボンド」とすれば、「アロンアルファ」を使うには自費診療でしかできないということです。

材質の違い

#

アレルギー反応は、金属の被せ物を入れたからといってすぐに現れるものではありません。 現にお口の中にたくさんの金属が入っていても、何の症状もない方が多いと思います。 しかし、「花粉症」と同じように日々蓄積され、あるレベルを超えると初めて症状として現れます。 金属アレルギーは一度なると治らないため、原因となる金属をお口の中から減らし、体内に取り込まれないようにするしか対策がないのです。 お口の中には長期的に腐食せず、過酷な環境下でも耐えられるもの、いわゆる「生体親和性が高いもの」を使用する必要性が非常に高いのです。


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

保険治療と自費治療の違い | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ