市販のホワイトニング商品は歯を白くできるの?

HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 市販のホワイトニング商品は歯を白くできるの?

市販歯磨き粉のホワイトニング効果

アップル歯科では、自分の(天然)歯を白くしたいというご要望に対し、歯科医院で行う短期間で歯を白くする「オフィスホワイトニング」と、自身の自宅で行う少しずつ歯を白くする「ホームホワイトニング」、それらを組み合わせた「パーフェクトホワイトニング」の3つを行っています。ホワイトニングをご希望される患者さんからよく頂く質問として、「市販の◯◯って本当に歯が白くなるのですか?」とか「こんな方法を試してみたけどだめだった。歯科医院でのホワイトニングなら白くなりますか?」などというご質問をよく頂きます。そこで市販の歯を白くするものについて、歯のプロ・そして医療に携わるものとして簡単に市販のホワイトニング剤についての見解をまとめてみました。

ホワイトニング用歯磨きで歯を白くすることは出来るの?

結論から言うと多少白くなることもあります。もちろん個人差も大いにあります。市販の美白用歯磨き剤の多くは、歯面の汚れを落とす研磨剤と着色(ステイン)を落とす成分が含まれています。これらは歯本来の白さを取り戻すためのものであり、歯の色自体を、白くするものではありません。ですから元々歯が白い人の黄ばみに対する効果でいうと大いに期待できるのではないでしょうか。歯の消しゴムのようなものも汚れを落とすのは有効ですがエナメル質を傷つける可能性があるので毎日はお薦めしません。さらに「研磨」という言葉に釣られ、研磨用スポンジやヤスリなどで歯を削るのは絶対に止めましょう。エナメル質が傷つき痛みを感じたり治療が必要になってしまうこともあります。

市販のホワイトニング剤の効果は?

インターネット通販の普及により、今や薬局には売っていないような商品や海外の商品も簡単に手に入るようになりました。パソコンやスマートフォンで「歯 ホワイトニング」などで検索すると、様々な商品や使用法などが検索結果に現れます。これらの効果は、主に「歯の汚れを落とし、歯を白くするもの」がほとんどです。つまり歯本来の白さを際立たせるためのものであるため、歯の質が白い人には効果は認められるが、もともと黄味がかった歯が多い日本人には適さない場合も多くあります。もちろん、良いものもあるとは思いますが、効き目があった場合でも効果が短いこともあるので注意しましょう。また、成分の確認も重要で、研磨剤が多いものは歯を傷つけてしましますし、果物由来の酸性のものであれば、エナメル質を溶かしてしまうこともあるので、頻度を考えて使用することも大切です。

重曹で歯を磨いて白くする

お掃除などでも使う重曹。実はこれ、炭酸飲料やベーキングパウダーにも入っている炭酸水素ナトリウムのことで、医薬品などにも使われることもあるようです。最近この重曹が歯を白くすると、ネットで検索してもいくつかやり方が出てきます。まず、重曹がホワイトニング効果があるかどうかでいうと、ホワイトニングではなく汚れを落とす効果があると言ったほうが良いでしょう。重曹の特徴はその研磨効果であり、研磨することで汚れを落とすのです。しかし、歯科医の立場からお話すると、この研磨効果というものに手軽に手をだすことは残念ながらお薦めできません。分量や濃度を間違えたり、やりすぎたりするとエナメル質が傷つき、取り返しのつかないことになることもあるからです。また、濃度の濃い物を誤って飲んでしまうと身体に影響することもあります。どうせ汚れを落とすのであれば、歯科医院でのクリーニングで、ステインと一緒に歯垢や歯石も一緒に落とすほうが効率的に良いのではないかと思います。

歯のマニキュアで白くする

歯を白くする方法として最近ポピュラーになりつつある歯のマニュキュア。これは漂白でもクリーニングでもない新しいやり方で、市販のものも手軽に手に入ります。やり方は至って簡単で、歯の汚れを取った上から歯の表面に塗るだけのものが多く、手軽に白くできる即効性の高い方法かもしれません。ただしデメリットもあり、自身で行えば色むらが出来たり、市販のものは効果が1日前後と短いものが多いです。歯科医院でも扱っているところもありますが、自然な色味が出ず、わざとらしい白さになることもあることから、自然な美しさを求める歯科医院では扱っていないところも多くあります。即効性を活かすのであれば、一度試した上で、デートの前やパーティの際に使用するには良いかもしれません。

歯科医院でのホワイトニングと市販の歯を白くするものの違い

上記で説明したように、市販のもので出来る歯を白くする方法は歯の汚れを落とすものや白く塗るものがほとんどです。それに対し歯科医院で行うホワイトニングは色素を透明にし、歯の表面のエナメル質を磨りガラスのようにマスキング効果で白くするものです。また、歯の汚れそのものもキレイに落としてから行うため、歯本来の白さに加え、マスキング効果で白く見せるため、歯を白くする仕組みが違います。本当に歯を白く、少しでも長持ちさせたいのであれば、歯科医院でのホワイトニングをお薦めします。また、アップル歯科ではホワイトニングの前にカウンセリングとホワイトニング用の検査を行うので、どの程度自身に向いているか、ホーム・オフィスなどどの方法が適しているのかなどのアドバイスも可能です。

結局のところ、自分で歯を白くすることは出来るの?

結論からいうと、ある程度は可能です。ただ、日本人の歯質の特徴から考えると、白くなりにくいというのも事実です。必ず注意しておくべきは「研磨効果のあるものは歯を傷つける」ということと、「自身で責任を持って行わなければならないこと」です。ネットであればレビューを確認したり、ドラッグストアーであれば薬剤師さんに聞いてみたり、成分を調べることも悪くありません。重篤な問題が起きることは少なくても、失敗したり効果がでなくても誰も責任はとれないということです。また、使用方法や効果の認められる期間も大切です。用法用量をしっかり守って安全にご使用下さい。
また、それらのものを使用してから、もっと白くしたいということでしたら、一度歯医者に相談してみましょう。実はクリーニングだけでも案外お喜びになられる患者様も多くおられますよ。

タグ: , ,

市販のホワイトニング商品は歯を白くできるの? | 公開日: 2017/01/07 | 更新日: 2017/01/07 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top