アップル歯科クリニックHOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 静脈内鎮静麻酔・短期集中歯科治療で出来ること、出来ないこと

静脈内鎮静麻酔・短期集中歯科治療で出来ること、出来ないこと

短期集中歯科治療、静脈内鎮静麻酔下での治療はどんな人が受けられるの?

短期集中歯科治療、静脈内鎮静麻酔下での治療はどんな人が受けられるの?

「歯が痛い」「歯が悪い」のに「治療したくても治療ができない」。歯医者が怖い、治療が怖い、歯医者へのトラウマetc・・・。世の中に様々な理由によって歯の治療に踏み切れない人がたくさんおられます。そんな中、特にメール相談やご相談が多いのが「短期集中歯科治療」や「静脈内鎮静麻酔」についてです。
短期集中歯科治療は、静脈内鎮静麻酔を用いて、痛みが伴う治療や回数のかかる根の治療をまとめて1日で行う治療です。基本的には保険の効かない自由診療ですが、様々な理由の方々がこの治療を希望され、実際に治療されています。

短期集中歯科治療を希望された主な理由

  • ◯ 歯科恐怖症(歯科が怖くて治療が出来ず、気がついたら歯がボロボロになっていた)
  • ◯ 歯医者へのトラウマ(過去の歯科医院での不当な振る舞い・発言・治療による極度の不信感から治療が受けられない)
  • ◯ 嘔吐反射(口の中に治療器具が入るとえずく、嘔吐しそうになる)
  • ◯ お仕事が忙しい方(まとまった時間がなかなか取れず、歯医者に通えない方)
  • ◯ 不安生涯等の方(突然強烈な不安感に襲われ、吐き気や全身の震えなどの症状が出てしまう)

短期集中歯科治療、静脈内鎮静麻酔下での治療が受けられない人

短期集中歯科治療、静脈内鎮静麻酔下での治療が受けられない人

  • ◯ 小児・お子様の治療(基本的に小児は出来ません。なかよし治療が間に合わない場合は、子供病院をご紹介します)
  • ◯ 大豆アレルギー(アナフラキシーショックの恐れがあります)
  • ◯ てんかん(発作への影響の恐れがあるため、受けることができません)
  • ◯ その他、既往歴によって麻酔科DRよりOKが出ない方(糖尿病の数位、飲酒の影響、その他既往歴による禁忌からOKが出ない場合)
  • ◯ 健康保険を使用した治療を望む方(健康保険を使用した鎮静麻酔は一般開業医では困難です)

短期集中歯科治療、静脈内鎮静麻酔の効果

短期集中歯科治療、静脈内鎮静麻酔の効果

  • ◯ 不安や恐怖心を和らげた状態で治療できます
  • ◯ 半分眠った状態や眠ることもありますが、歯科医師の呼びかけには反応できます
  • ◯ 健忘効果があるため、治療中ことは覚えていないことが多いです
  • ◯ 嘔吐反射(えずき)の症状を緩和することができます
  • ◯ 時間の感覚が曖昧になり、長時間の治療にも耐えられます
  • ◯ 歯科麻酔医がコントロールするため治療中のリスクを低減できます

短期集中歯科治療、静脈内鎮静麻酔の注意点

短期集中歯科治療、静脈内鎮静麻酔の注意点

  • ◯ 麻酔の効果が切れるまで少々回復の必要があり、医院での滞在時間が長くなる
  • ◯ 麻酔の効果が切れても平衡感覚がおかしくなったり眠気に襲われることもある(車での通院が不可)
  • ◯ 稀に静脈内鎮静麻酔を用いても治療が困難な人もいる
  • ◯ アレルギーや投薬中の方は麻酔医の判断により適用できない場合がある

静脈内鎮静麻酔と全身麻酔の違い

静脈内鎮静麻酔 全身麻酔
局所麻酔との併用により痛みを感じることは少なく、健忘効果で忘れることも多い 意識がまったくないため無痛で治療が出来る
半分眠った状態の様だが呼びかけに答えることは出来る 意識が全くない状態のため呼びかけには答えられない
自発的な呼吸がある 呼吸も止めるため人工呼吸器の管を通す
麻酔からの回復が早いため日帰りでの治療が可能 麻酔からの回復が遅いため入院することが多い
合併症や副作用のリスクが低い 合併症や副作用のリスクがある

医科の治療においても、全身麻酔を希望しても鎮静麻酔が適用されることがあります。これは全身麻酔には呼吸を止めるというリスクあるためです。例えば口腔外科においても全身麻酔下で治療の最中に、抜歯した歯や器具が当たって抜けてしまっが歯が喉に詰まる事故なども過去にはありました。
また、全身麻酔で治療をされた患者さんでも、口や鼻から人工的に呼吸をさせるため気管にチューブを通すため、喉の痛みを訴えたり、頭痛や吐き気に襲われることもあり、治療後の経過や回復が静脈内鎮静麻酔の方が患者様にとって良い結果をもたらすことが多いためです。
全身麻酔はあくまで最終手段です。希望される方もおられますが、まずは歯科医師や歯科麻酔医と相談することが大切です。

鎮静麻酔や全身麻酔を使った治療に保険は効くの?

鎮静麻酔や全身麻酔を使った治療に保険は効くの?

結論から言うと、一部可能な病院もあります。しかし一般開業医では、健康保険を利用して鎮静麻酔・全身麻酔を使用した治療は、保険のルール上難しいのが現状です。保険を使用し、麻酔下での治療を行うには、歯科での治療では必要な薬が使えなかったり、まとめて治療する上では問題が生じることがあるため保険での治療自体が難しいのです。また、保険診療の規制や決まりは、患者さんにはわかりにくいところがありますが、「せっかく勇気を出して治すのであれば、二次カリエスや再発のリスクが低い治療」を選択するという意味においても、自由診療で治療する方がメリットにもなると考えられます。
保険を使って治療できるところとなると、大学病院や入院設備のある病院の口腔外科等が主となり、病名に応じて保険での鎮静麻酔や全身麻酔下での治療が可能になる所もあります。自由診療で行う「短期集中歯科治療」とは違うものとなり、患者さんが望む治療とは異なることもありますが、その都度静脈鎮静麻酔が必要な場合や、費用を優先される場合はそちらに相談するのも手段であると考えます。

短期集中歯科治療であれば、本当に治療が受けられるの?

どんな症状でも100%治療が可能なわけではありません。アップル歯科においても5%以下(もしくはそれより低い確率)にはなりますが、治療できなかった場合があります。鎮静麻酔は全身麻酔と比べて身体に対する影響が少ない反面、完全に意識をなくして治療するわけではありませんので、稀に麻酔下でも治療ができない方もいらっしゃいます。その場合、次の選択しては

  • 1.もう一度日をあらためて鎮静麻酔にチャレンジする
  • 2.鎮静麻酔での治療を諦めて、通常の治療(ゆっくり無理なく)に切り替える(実際に出来るようになる方もおられます)
  • 3.公立病院や大学病院への紹介(全身麻酔での治療になります)

アップル歯科の話にはなりますが、治療が出来ない方は本当にごく少数です。

まとめ

静脈内鎮静麻酔、短期集中歯科治療で出来ること、出来ないことまとめ

アップル歯科に短期集中歯科治療を希望される方は、「保険が効く大きな病院」などにも相談した結果、自由診療の治療を選ばられることも多いことから、よほど考えた末「一度全てキレイにして、もう悪くならないようにしたい」という気持ちで受診された方が多いのでないかと推測されます。また、ご自身が希望される希望が保険診療では難しいのかもしれません。どちらにしても「治療したくてもできない」という悩みは、普通に歯医者に通える方にはわからない深刻な悩みです。しかし、「怖い」「行きたくない」がために、治療を先延ばしにした結果、取り返しのつかないことになってしまう方も多数おられます。歯を失うことは健康を損なうことに繋がります。ご自身の健康やお口の健康、これからの将来のためにも治療は検討するべきです。自分が治療出来る歯科医院はあるのだろうか?自分は歯科治療ができるようになるのか?など、心配や不安にかられるのも辛いと思います。そのためにアップル歯科のようにご相談を承る歯科も少なくはありません。また、費用の問題で短期集中歯科治療を検討していた患者さんでも、医院を変えることにより、通常の治療で治療できた方もたくさんおられます。「治療するかどうか」を考えるのはやめにして「どこで治療するか」を探してみましょう。

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約
静脈内鎮静麻酔・短期集中歯科治療で出来ること、出来ないこと

静脈内鎮静麻酔・短期集中歯科治療で出来ること、出来ないこと | 更新日: 2017年7月5日 | by 明石アップル歯科



明石アップル歯科の診療について

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療曜日 明石アップル歯科の診療開始時間 9:30 明石アップル歯科の診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ