アップル歯科クリニックHOME > 歯科口腔外科 > 舌痛症の診断について

舌痛症の診断について

舌痛症

舌痛症(ぜっつうしょう)とは、見た目には何もなさそうなのに、舌に慢性的な痛みやしびれが生じる病気のことです。 特に女性の方で発症されるケースが多く、特に舌の先端や縁が痛み、歯科治療後に発症することが多いとされます。

見た目の変化はなく、痛む部位が移動する、食事中は痛みが緩和されるなどの特徴から、病院によっては「気のせい」にされることが少なくありません。 適切な診断と治療がされていないケースも多くありますので、まずは診断を受けてみて下さい。

治療法は一律ではありませんので、その都度ドクターが診断します。 原因は様々で、入れ歯などの刺激の場合もあれば、亜鉛不足によるものもあり、精神的な事柄に起因することも多くあります。


舌ガン

舌に痛みが出る病気には細菌感染による口内炎、口の中に潰瘍のできるベーチェット病、カビ等による炎症などもあります。 これらの病気は舌の表面に異常がみられることにより区別できます。

舌ガンや悪い病気と心配されておられる患者様も多くおられる病気ですので、気になるようでしたら一度診断に起こし下さい。



タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

舌痛症の診断について | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月31日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ