歯科口腔外科

HOME > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

口腔外科領域の診療について

親知らずの抜歯
難抜歯や、骨の中に埋もれている親知らずの抜歯は専門スタッフが担当させていただきます。
腫瘍(口の中のできもの)
口の中にもできものはできます。 舌、歯ぐき、ほっぺた、唇、あごなどあらゆるところにできます。 良性腫瘍もありますが、舌癌、歯肉癌など舌や歯茎にできる悪性腫瘍もありますので、詳しい検査が必要かどうかを調べます。
全身管理
全身疾患に関する薬(例えば血液をサラサラにするお薬等)を服用されている患者様の歯科治療や一般の歯科医院では治療困難とてるような患者様の歯科治療をします。
顎関節症
口を開けると「コキコキ」音がする、口が開きにくい、あごが痛い等の顎関節症状を治療します。
インプラント、骨造成
歯が抜けた後も、自分の歯のように噛むことができる治療です。アップル歯科クリニックではICOI指導医の院長の元、全てのドクターが専門的に学んでいます。
外傷
骨折や顎関節・歯の脱臼、口腔内の裂傷などに対応いたします。

口腔外科に関しては、がんの治療や手術など、入院や専門の検査が必要でないものを中心に対応させていただいております。特定機能病院及び一般病床400床以上の地域医療支援病院といわれる大きな病院には、他の医療機関からの紹介なしに通院した場合、選定療養費として5,000円が加算されます。大きな病院にいくべきかどうか、検査が必要かどうか迷われておおられる方は、お気軽にご相談にお越し下さい。
当院には、大きな病院の口腔外科出身の歯科医師が複数在籍しておりますので、当院での対応可能な症例も多くあっります。安心してご相談下さい。

親知らずの抜歯について

親知らずとは

親知らずとは1番前の前歯から数えて8番目の歯、最も後方にある歯のことを言い、第三大臼歯や智歯と言います。親知らずの存在の有無、できる時期、はえてくる時期には個人差があり、また上下左右4本必ずとも全てはえてくるわけではありません。親知らずがもともとない人、埋まっている人、真横や斜めに傾いてはえている人、大きさなど様々で、原因として人類の進化の途中で親知らずである第三大臼歯が退化傾向になったことで存在の有無、はえる位置、大きさなどが人それぞれ違うことが挙げられます。

眠っているような状態で治療を行うため、あっという間に終ったと思えます。通常の治療が行えない方に、快適さと満足を提供するための治療です。

親知らずの萌出・埋伏率

親知らずは真っ直ぐはえてこない事が多いですが、全ての親知らずを抜かないといけないわけではなはありません。当院では以下のような状態の場合、抜歯はお薦めしないこともあります。

  • 上下まっすぐきちんとはえていてかみ合っている
  • 顎骨に完全に埋まっている

以上のような場合は抜歯の必要はありません。ただし、親知らずは自身では見えにくく、見えていなくても歯肉の中で横を向いていたりむし歯になっていたり、隣接する歯に影響していることもあります。ご自身で判断せずに一度歯科医院にてレントゲンで確認していただくことをお薦めします。

表1 智歯の存在率 智歯の萌出率(はえてくる率) 智歯の埋伏率
男性 上顎79% 下顎85% 上顎75% 下顎76% 上顎6% 下顎10%
女性 上顎74% 下顎82% 上顎68% 下顎77% 上顎6% 下顎9%

※表1)歯の出現,発育,萠出の時期と頻度について

親知らずからくる疾患

以下のような状態になった場合は、抜歯をする必要があります。親知らずはその名の通り、乳児期にはえる歯ではないため、親もしらない歯ということから「親知らず」と名のついた歯です。気がつけばはえ始め、気がつけばむし歯になっていたということも多々ありますので、少しでも気になったら早めにご相談にお越し下さい。

智歯周囲炎
親知らずがまっすぐはえておらずまた歯肉が一部かぶさっていたりすると歯磨きがしにくく不潔になり周りの歯肉に炎症を起こしやすくなります。このような状態を智歯周囲炎と言います。周りの歯肉が腫れたり炎症は広がると口を開きにくくなる事があります。
虫歯
智歯周囲炎の時と同様、歯磨きがしにくく親知らずに虫歯ができたりまた親知らずと手前の大臼歯との間に虫歯ができたりします。
歯並びの不正
真横にはえている親知らずが手前の歯を押して歯並びが悪くなる時もあります。 しかし全てが歯並びに悪影響を及ぼしているわけではなく矯正の際に親知らずを使う場合もあります。
親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯は、そのはえ方によって施術方法は異なってきます。当院には親知らずの抜歯経験が豊富な歯科口腔外科出身の歯科医師が複数おりますので、多少難しい抜歯でも対応可能ですが、下顎については下顎管という大きな神経も通っているため、安易に抜歯すると麻痺が起こることあります。そのため、当院では歯科用CT(親知らずの抜歯に関しては保険適応可)を用いて、そのはえ方、下顎管の位置や距離を確認した上で施術方法を検討し、下顎管に近い場合などは入院設備のある病院にご紹介という形を取らせて頂いております。

親知らずの抜歯の手順

① 下顎の親知らずは、横向きに歯茎の中に埋まっているケースが多いです。深い位置にあると神経管に近くなり難しい抜歯になります。歯茎に埋まっている場合は歯茎を切開します。

② 骨の中に埋まっている歯が見えてくるので、歯の周囲の骨を削りとります。

③ 歯の頭(歯冠)と根っこ(歯根)の部分を削りこんで分離します。頭の部分を器具で取り出します。

④ 根っこの部分を器具で取り出しますが、根っこが複数ある場合は根っこの部分も分割してバラバラにします。

⑤ 抜いた穴の部分を掃除して、切開した歯茎を閉じて止血して終わります。痛みは2〜3日程度が多いと思います。腫れは3〜7日間程度が多いです。

組織生検査について

口の中の出来物(腫れ物)が気になる方へ

アップル歯科クリニックでは、口腔内の組織生検を承っております。お口の中の出来物や違和感、異物感がある方、お気軽にご相談下さい。

以下の症状で気になる方

  • 口の中の痛みが2週間以上続いている。
  • 口内炎が長い間治らない
  • 歯を抜いたあとの傷が一向に治らない
  • 口の中にしこり・白い班てん・紅い班てんができている。
  • しびれる、違和感がある。
  • 物を飲み込む時に引っかかるような違和感がある
  • 顎の下が腫れている、腫れが引かない

組織生検とは…

出来物や腫瘍等の一部を切り取り、顕微鏡、特殊な検査装置等で調べる検査です。病気を正確に診断するために、患部の組織の一部を、麻酔をしてからメスや針などで切り取って、顕微鏡などで調べます。歯科領域では、主に口腔ガンという悪性腫瘍が心配されます。検査はまず画像検査や視診や触診を行って、患部の様子を推定します。その結果、ガンである疑いがあれば患部の一部を切り取る検査をし、その場所や状態を推定します。検査の結果、悪性のものであれば公立の病院等と連携を取り、対処法を考えていきます。

ただし、組織生検の結果を少しでも早く知りたい方は、直接大学病院等の口腔外科に行った方が早い場合があります。その際は大学病院等のご予約をこちらからお取りさせて頂いたり、ご紹介させていただくことも可能です。

予防歯科は、歯科治療においてもっとも効果的で進んだ治療だと、私たちは考えます。アップル歯科では皆さまの大切な歯を、予防で守りたいと考えています。

舌痛症の診断について

舌が痛い・違和感がある方

舌のお悩みは歯科で相談

舌痛症(ぜっつうしょう)とは、見た目には何もなさそうなのに、舌に慢性的な痛みやしびれが生じる病気のことです。特に女性の方で発症されるケースが多く、特に舌の先端や縁が痛み、歯科治療後に発症することが多いとされます。

見た目の変化はなく、痛む部位が移動する、食事中は痛みが緩和されるなどの特徴から、病院によっては「気のせい」にされることが少なくありません。適切な診断と治療がされていないケースも多くありますので、まずは診断を受けてみて下さい。

舌痛症の治療は、舌痛症イコール「これ」という決まった処置はありません。患者様の状態を診て原因を探り、患者様ごとにドクターが適切な治療を検討していきます。原因は様々で、入れ歯などの刺激の場合もあれば、亜鉛不足によるものもあり、精神的な事柄に起因することも多くあります。

舌の痛みの原因

舌に痛みが出る病気には細菌感染による口内炎、口の中に潰瘍のできるベーチェット病、カビ等による炎症などもあります。これらの病気は舌の表面に異常がみられることにより区別できます。

「舌ガン」や「悪い病気かも?」心配されておられる患者様も多くおられる病気ですので、気になるようでしたら一度診断に起こし下さい。

舌痛症は原因を特定すれば改善することもあれば、原因がわからないものもある疾患です。口腔内に問題がないとわかっただけで、痛みを感じられなくなる方もおられるような、気持ちの問題による場合もあります。どんな状態にしても、悩んでいるだけでは治るきっかけを得ることはできません。まずはお気軽にご相談下さい。

口腔ガン・舌ガン

口腔ガンについて

お口に出来物ができたら

ガンという病気は皆さんご存知だと思います。悪性腫瘍と言って命を脅かす危険性がある腫瘍(できのも)です。ガンはいろんな臓器にできますが、もちろん口腔内にできることもあります。最近では芸能人が口腔内のガンを公表したことで、認知度が上がった病気でもあります。口腔ガンは歯茎や粘膜、舌、喉いろんなところにできる可能性があります。口内炎が長引いたり、舌がひりひりしたりして口腔ガンかもしれないと不安に思われたことはないでしょうか?当医院にもそういう不安を抱えられた患者さんが時々来院されます。

口内炎の場合、一般的に3〜10日前後で治癒することが多いですが、それ以上長く続く場合は他の病気の可能性も考慮する必要があると思います。免疫力が下がるような全身的な病気や粘膜の治癒を遅くするような副作用を持つ薬の内服や口腔ガンなども考えられます。そのような病気の可能性があるかもしれないとチェックするのと恐らく大丈夫だろうと放置するのでは、もし万が一のことがあればとり返しがつきません。

舌がん

           

口内炎

           

舌ガンについて

全身にできるガンの約5%が口腔ガンと言われる口の中にできるガンです。その中でも約60%近くは舌癌、舌にできるがんです。他の臓器のガンと違って、口を開けることで見ることができるがんです。症状は口内炎のようにただれが続く場合や少し表面が硬くなったりと様々です。粘膜表面が白くただれたり、赤くただれることもあります。舌の横(縁の部分)にできることが多く、舌の裏側にもできることがあります。治療は手術、化学療法(抗がん剤)、放射線療法などになります。一般的には手術で切除することが多いですが、ご年齢や全身状態等いろんなことを考慮して決定されます。手術の場合、舌の機能低下が生じますので、食事しづらさ、喋りづらさ、誤飲リスク等様々な機能低下が生じます。5年生存率は70%程度になっています。他のガンと同様に転移したり、再発する可能性もあります(※1)。

口腔ガンの原因

口腔ガンの原因はまだはっきりは分かっていませんが、喫煙や飲酒と関係が深いことは以前より研究報告されています(※2)。他にも歯並びによる舌への刺激や、過度な舌ブラシの使用等考えられています。男性では喫煙すると口腔ガンリスクが2.4倍になると言われており、飲酒では1.8倍になると言われています。これらを合わせると4.1倍に増えると言われています。もちろん女性でも喫煙で2.5倍、飲酒で5.9倍と研究結果からも報告されています。逆にいうと喫煙飲酒を控えることで口腔ガンの発症の予防につながるということです。

もちろん喫煙は肺がんやありとあらゆる臓器への影響にもつながります。また歯周病への影響はあまりにも有名です。患者さんの健康を考える上で歯だけを治していても難しいという現実があります。治しても所詮は人工物ですのでいずれ治したとこは壊れます。喫煙指導もさせていただくこともありますが、定期的にメンテナンスに通われてご自身の口の中の健康から見直ししていただければと思います。

口内炎は歯科でチェック

当院では40代以上の患者様の場合、定期検診時に粘膜を含めて口腔内全体のチェックを行っております。また、口内炎やお口の中の出来物のご相談も承っております。その中の多くの場合は口内炎や当院で処置が可能な腫れ物であることがほとんどですが、年に1名程度は口腔ガンを発見しています。口腔ガンの可能性がある場合は、組織を傷つけると進行が早くなる恐れがあるため当院での組織の採種は行わず、大学病院等の手術・入院が可能な口腔外科へご紹介させていただきます。もちろん口内炎であれば当院でお薬を処方し、経過を診させていただきます。

お口の出来物・腫れ物は「これぐらいで医者にかかるのは」と尻込みしてしまう方も多いようです。しかし、それらを確認することも我々歯科医師の仕事の一つです。恥ずかしがる必要はありませんので、なかなか治らない口内炎や口の中の腫れ物・お痛みはお気軽にご相談下さい。

※1)全国がん罹患モニタリング集計

※2)男性では喫煙すると口腔ガンリスクが2.4倍になると言われており、飲酒では1.8倍になると言われています

この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本 大典です。

歯科口腔外科のQ&A

口腔外科に関するよくある質問

Q.顎の周辺が腫れてきて心配です。歯科の病気でしょうか?
A.顎が腫れる原因は様々ですが、虫歯や歯周病が原因のことも多いです。通常、虫歯や歯周病で細菌感染が認められた時、ひどくなると周囲の歯茎にできものができることが多いですが、膿のたまり方から皮膚の方に広がることがあります。膿を出して、原因の歯を治療すると治っていきます。ただし、大きくなると、治癒した後瘢痕(形が残る)が残る可能性があります。早めに歯科受診を勧めます。
Q.ぶつけて歯が抜けたのですがどうしたらいいですか?
A.事故や怪我で顔面をぶつけて、歯が折れたり、抜けてしまわれる方がいらっしゃいます。完全に抜けてしまった場合、抜けてからの時間と保存しておく状態にもよりますが、受傷後30分以内の受診が望ましいです。時間が経つに連れて、元に戻せる可能性は下がってきます。保存は、塩水(生理食塩水、水に食塩入れていただき、鼻水くらいの塩加減に調整してください)牛乳でも結構です。乾燥させないようにしてください。歯の位置がずれた場合、元の位置に戻せる場合も多いので、早めの受診をお願いいたします。折れた場合も同様にくっつけれることもありますので、早めの受診を勧めます。
Q.親知らずの抜歯は痛いですか?腫れますか?
A.抜歯の痛みや腫れを気にされる方は多いです。抜歯中は麻酔を効かせますので、お痛み感じることは少ないと思います。術後、一般的に上顎の親知らずは痛く無いことが多いですが、下顎の親知らずは痛みを感じる方が上顎に比べて多いです。実際私自身も、口腔外科で抜歯していただいた経験がありますが、術後2週間は痛みがあったのを覚えています。腫れは1週間程度で落ち着くと思います。ただし、歯の埋まっている深さ、骨を触る必要があるのか、抜歯時間、術前の炎症具合と様々な要因がありますので一概に痛いです、痛く無いは、個人差が大きいです。抜歯後は痛み止めを処方しますので、痛みのあるときは処方時に説明を受けた用法用量を守ってご使用ください。
Q.口内炎のようなものが治りません。ガンでしょうか。
A.口腔内の出来物が治らないのは気にされて当然かと思います。口内炎は実はいまだにはっきりとその原因が解明されていない病気です。粘膜に傷ができ細菌感染したか、全身的な栄養状態や免疫力不足、薬の副作用などいろんなことが言われおり、実際あらゆる可能性があると思います。基本的に口内炎は治る病気ですが、癌などの腫瘍と言われるものは、広がっていくことが多く、悪性の場合は進むのが早いとされています。白く白斑になってくるものや、潰瘍(じゅくじゅくっとした傷跡)を作るもの、粘膜の内部にしこりができてきたり、口内炎のようにみえるものもあります。見た目である程度判別つく場合もありますが、難しい場合もあります。気になる場合はお早めに受診してください。悪性の可能性がある場合はしかるべき病院にご紹介させていただきます

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

明石アップル歯科
明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る
加古川アップル歯科
加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ
三宮アップル歯科
三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ
アップル歯科尼崎駅前
アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top