前歯の審美改善・回復

HOME > 自由診療 > 審美回復・見た目の改善 > 前歯の審美改善・回復

前歯のお悩み

見た目の改善・回復を希望される患者様の多くは「前歯」についてです。色・形・隙間など、悩みや色々ありますが、

歯の色のお悩み

黄ばんだ歯や、黒くなった歯、歯に出きた白い斑点のお悩みなど、歯の色に対するお悩み。

歯の隙間のお悩み

前歯の隙間(空隙歯列・正中離開)のお悩み。

歯と歯茎の境目の色

気がつけば出来ていた治療歯の歯と歯ぐきの境目の隙間や黒ずみに関するお悩み。

歯の色に関するお悩み

歯の色に関するお悩みは大きくわけて3つあります。

  1. 歯の黒ずみ(1歯もしくは複数歯)
  2. 黄ばんだ歯や着色のお悩み
  3. 歯に出来た白い斑点のお悩み

歯の色のお悩みの原因は「歯科疾患による理由」「経口物に(食物・薬剤)による理由」「遺伝的な理由」が考えられます。そしてそれぞれの原因や症状によって治療法や対処法は異なってきます。

【1】黒くなった歯のお悩み

むし歯ではなく、歯が1本もしくは半分程度黒くなった歯は、神経の一部もしくは全部が死んでいる可能性があります。この状態から、自然に黒ずみが取れ、元通りになることはありません。失活により黒くなってしまった歯に対しては、以下の方法で治療が可能な場合があります。

また、1歯ではなく全ての歯が全体的に灰色がかった歯や縞模様のある歯を、テトラサイクリン歯といいます。テトラサイクリン歯は、歯を作る0〜12歳ぐらいの間に、テトラサイクリン系のお薬を服用したことによる副作用による変色です。テトラサイクリン歯の場合、軽度であればホワイトニングにより目立たなくなりますが、重度になると天然歯での解決は難しく、ラミネートベニアなどの補綴治療が必要になります。

黒くなった歯の治療法

ウォーキングブリーチ

  • 30,000〜50,000円+税
  • 歯の内側から行うホワイトニングです。歯の内側から薬剤をいれ、ホワイトニングをすることで、歯を中から白くする方法です。
  • ただし、歯への刺激が強いため。しみる症状が強く出たり、歯が割れるなどのリスクを伴います。

ラミネートベニア

  • 100,000~130,000円+税
  • 歯の表面を薄く削り、付け爪のように薄いセラミックを貼り付ける治療法です。歯の切削量が少量のため天然歯にかけるダメージも少ない治療法です。
  • 変色(黒ずみ)が濃い場合は透過するため、効果が認められない場合があります。また、ラミネートベニアには脱離・チップ(破損)のリスクが伴います。

セラミッククラウン

  • 100,000円〜150,000円+税
  • 歯を大きく削り、セラミックの被せものをする治療です。セラミックは透過性に優れており、技工士により審美性を高めた補綴は、天然の歯と区別がつかないほど精巧作成されます。
  • ただし、セラミックの歯は脱離・チップ(破損)のリスクが伴います。

【2】黄ばんだ歯や着色の原因

歯のエナメル質の下にある象牙質は、もともと少し黄色っぽい色をしています。そのため、エナメル質はその黄色みを透過し、少し黄みがかった白い歯が天然の歯の色となります。しかし、「以前より黄色みを帯びてきた・茶色っぽくなってきた」と思ったら、それは経年による象牙質の変色(濃くなってきた状態)か、ステインによる着色があるのかもしれません。

私達が普段から何気なく口にしている食べ物や飲み物には、多くの色素やステインが含まれています。それらを毎日口腔内に摂取することで、少しずつ黄色くなってしまうのです。

汚れであれば、通常歯磨きで落ちますが、ステインは色素がエナメル質表面の膜と結びついてできるため、自身で落とすことは困難となります。

黄ばんだ歯の治療法

PMTC

  • 30,000〜50,000円+税
  • 歯科医院で行う専門的な歯の清掃です。ステインを落とすことでもともと歯の色が現れます。白さだけでなく、歯の清潔さという意味でも効果的な施術です。
  • 汚れや着色・歯石などを除去することはできますが、もともとの歯より白くすることはできません。

ホワイトニング

  • 35,000円~+税
  • 特殊な薬液によって歯の表面を白くする施術です。自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニング、両方を行うパーフェクトホワイトニングと種類も豊富です。
  • ホワイトニングで白くなるのは天然歯のみで、結果には個人差があります。また、知覚過敏によりしみる症状が出ることがあります。

【3】歯に出来た白い斑点のお悩み

歯に出来た白い斑点をホワイトスポットといい、その正体は「初期のむし歯」もしくは「エナメル質形成不全」という病気です。初期のむし歯の場合、しっかり歯磨きをしていれば再石灰化により治癒する可能性もあれば、むし歯が進行していくこともあります。幼い頃から白い斑点がある場合はエナメル質形成不全の可能性が高いということになります。

どちらにしても痛みを伴うことはないとは思いますが、見た目の問題で気にされる方はたくさんおられます。白い斑点後用に関しては、むし歯であれば保険を使用した治療がかのうですが、見た目の解決を目的とした治療の場合、保険を適用することができません。

ホワイトスポットの治療の3つの選択肢

アイコン

  • 20,000円〜30,000円+税(2歯迄)
  • 特殊な薬剤を使って歯を削らずにホワイトスポットを目立たなくする治療法です。
  • 適応には限りがありますので、診査・診断により治療の可否を判断する必要があります。

ダイレクトボンディング

  • 20,000円〜30,000円+税(1歯)
  • ホワイトスポットを少し削り、樹脂によって削った部分を埋めていく治療です。切削量も少なく、見た目にも治療痕が目立たない治療となります。
  • ダイレクトボンディングは永久的な治療ではなく、脱離・破損のリスクがあります。

ラミネートベニア

  • 100,000~130,000円+税
  • 歯の表面を薄く削り、付け爪のように薄いセラミックを貼り付ける治療法です。歯の切削量が少量のため天然歯にかけるダメージも少ない治療法です。
  • ラミネートベニアは脱離・チップ(破損)のリスクが伴います。

すきっ歯のお悩み

前歯の隙間のことを「正中離開」と言い、歯の隙間が大きな不正咬合のことを「空隙歯列と言います。空隙歯列は、すき間があってもしっかり噛み合っていれば問題がおこらないこともありますが、顔の中央に黒いすき間が見えることから、コンプレックスを感じている人はたくさんおられます。また、歯にすき間があるため食物が挟まりやすく、むし歯や歯周病のリスクが高くなることも考えられます。

当院に来られるすきっ歯のお悩みのほとんどが、「見た目」を気にされてご相談に来られています。他にも歯にすき間があると「喋っていると歯のす間から唾液が飛ぶ」「空気が抜けて発音に影響がある」など、見た目ではないにしてもコンプレックスが原因となり治療を希望される方多くおられます。

すきっ歯の治療はハードルが高い?

一昔前までは、すきっ歯の治療に「全体矯正」を進められることもありました。今でも全体矯正はすきっ歯の治療の選択肢の一つではありますが、わずか数ミリのすき間のために、ブラケットという装置やワイヤー付けるのには抵抗があるという方も少なくありませんでした。

しかし現在では、歯のすき間を埋める治療(永久的な治療ではないことが多いですが)や、大掛かりな装置をつけなくでも歯並びを整える方法が開発されたことにより、「すきっ歯治療」を希望される患者様がかなり増えてきています。もちろん、すきっ歯に対して歯科医師側が考える最も適した治療は「歯列を矯正すること」ですが、急ぎで一時的な治療や、どうしても矯正ができない方にとっても可能な治療法もありますので、お気軽にご相談下さい。

すきっ歯の治療の3つの選択肢

マウスピース矯正

  • 400,000円〜+税
  • アライナー(マウスピース)を使った矯正で、目立たず取り外しが出来る矯正装置による治療です。すきっ歯の場合、iGoシステムという部分的な矯正が可能な場合が多いです。
  • マウスピース矯正は規定の時間装着できなければ計画通りに歯が動きません。

ラミネートベニア

  • 100,000~130,000円+税
  • 歯の表面を薄く削り(削らない場合もあります)、付け爪のように薄いセラミックを貼り付ける治療法です。歯の切削量が少量のため天然歯にかけるダメージも少ない治療法です。
  • ラミネートベニアは脱離・破損のリスクがあります。

ダイレクトボンディング

  • 20,000円〜30,000円+税(1歯)
  • 歯のすき間を樹脂によって埋める治療法です。最短1〜2回で治療が終わため、結婚式やパーティなどイベントに合わせて一時的な治療として行うことが可能です。
  • ダイレクトボンディングは脱離・破損のリスクを伴います。

歯と歯茎の境目の色

歯と歯ぐきの境目に黒っぽい着色ができている状態を「ブラックマージン」と言い、原因は補綴物(被せ物)の適合が悪くなってしまっために現れる症状です。これは被せ物が劣化しているわけではなく、自身のお口の状態が変化していることが理由です。個人差はありますが、歯肉は歳を重ねるほど少しずつ退縮していきます。そのため、過去に治療した被せ物の縁は徐々に歯肉から離れてしまいます。

また、ブラックマージンは保険の歯のように金属を内側に使っている場合、歯肉の後退により露出してしまう場合もあります。いずれにしても、歯ぐきが下がり、被せ物の状態が悪くなってきているサインですので、当院では再治療をおすすめするようにしています。

「ブラックマージンの周りが臭い」「差し歯が浮いたような気がする」など違和感を覚えることがあれば、歯周病やむし歯が進行している可能性もあります。

ブラックマージンの怖い点

ブラックマージンは、痛みを感じることがないため、ある日突然「黒っぽくなっている」と気づくこともあります。黒くなるのは、歯ぐきの中に生息する歯周病菌が出す色素によるものと言われており、すき間からむし歯や歯周病になるリスクが高くなることもわかっています。怖いのは、被せ物をしているということは神経のない失活歯ということです。失活歯には神経がありませんので、すき間からむし歯や歯周病が進行していても、痛みを感じないので気づかないことです。治療歯と歯茎にすき間がでてきているのを見つけたら、まずは担当医にご相談下さい。

ブラックマージンの治療法

前装冠の再治療

  • 6,000円程度(保険診療3割負担の場合)
  • 保険による再治療です。
  • 前装冠は使用する金属や劣化が早いためブラックマージンの原因となることもあります。

セラミッククラウン

  • 100,000~150,000円+税
  • セラミックによる再治療です。見た目も天然の歯に近く・ブラックマージンリスクも比較的低いと言われています。
  • セラミックの歯は脱離・破損のリスクを伴います。

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00
特別期間中※ 20:30 20:30 19:00 20:30 20:30 19:00

※2020年5月11日以降、新型コロナウイルス対策として特別延長診療をおこなっております

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

明石アップル歯科
明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る
加古川アップル歯科
加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ
三宮アップル歯科
三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ
アップル歯科尼崎駅前
アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top