アップル歯科クリニックHOME > 自由診療 > 義歯・入れ歯 > 義歯の特徴比較

義歯の特徴比較

保険の義歯

保険の義歯 メリット

◎ほとんどの症例で使用することができる。
◎保険が適用されるので安価。

デメリット

◎噛む力が低い。(天然の歯の約10~20%)
◎何度も調整が必要。
◎装着時に落ちたり外れたりしやすい。
◎耐用年数が短い(3年程度)。


コバルト床 デンチャー

コバルト床デンチャー メリット

◎スタンダードで症例が多い。
◎レジン床と比べて強度があり壊れにくい。
◎金属床の中では比較的安価。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎チタン床義歯と比べてやや重い。
◎プラチナと比べて温度の伝わりが若干遅い。
◎金属アレルギーが起こることがある。


チタン床 デンチャー

チタン床 デンチャー メリット

◎様々な症例で対応が可能。(適応が広い)
◎親和性が高くアレルギーが少ない。
◎金属床義歯の中でも最も丈夫で強い。
◎発音しやすく会話も容易。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎他の金属床義歯より費用がかかる。


プラチナ床 デンチャー

プラチナ床 デンチャー メリット

◎金属の中でもアレルギーが起こりにくい。
◎金属味が少なく味覚への影響が少ない。
◎食べ物の温度を感じる事ができる。
◎強度・弾性があり壊れにくくたわみにくい。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎変形しにくいため修理がやや困難。
◎他の金属に比べるとやや重い。


BPSデンチャー

BPSデンチャー メリット

◎金属味がなく味覚に影響しにくい。
◎修理や調整が金属に比べて容易。
◎自分の歯ぐきに近い審美性。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎金属と比べるとやや強度が落ちる。


コンフォート デンチャー

コンフォート デンチャー メリット

◎生体用シリコーンという柔らかい素材で痛みが少ない。
◎吸着性が強く落ちたり外れにくい。
◎様々な症例で対応が可能。(適応が広い)

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎柔らかい分噛む力が少し落ちる。
◎定期的な調整が必要。


ノンクラスプ デンチャー

ノンクラスプ デンチャー メリット

◎装着や取り外しが簡単で手入れが楽。
◎義歯が落ちたりせず食事や会話が楽しめる。
◎メンテナンス性に優れている。

デメリット

◎装着前に神経を便宜的に取ることがある。
◎MRI等の検査で義歯を外す必要がある。
◎心臓ペースメーカー使用者は使えない。


コーヌスクローネ デンチャー

コーヌスクローネ デンチャー メリット

◎コンパクトで薄く、装着・着脱が容易。
◎雑菌もつきにくく、口腔ケアも容易。
◎フィット感・装着感が良く破損しにくい。
◎他の義歯に比べて発音も容易。

デメリット

◎保険適応外のため費用がかかる。
◎適用ケースが限られる
◎残っている歯を削る必要がある
◎治療技術や手間がかかる



タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

義歯の特徴比較 | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ