痛みに対するこだわり

HOME > 一般診療 > 痛みに対するこだわり

麻酔注射の手順

治療時の痛みを抑える麻酔の工夫

痛みを緩和するための麻酔が痛くては元も子もありません。痛みを感じにくい注射の手順をご紹介します。

表面麻酔

針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させます。左の写真のジェルを歯ぐきに塗って表面を麻痺させます。

極力細い針の使用

極力細い針を使うことで、注射の痛みを減らします。針が細いほど刺す痛みを感じにくいのです。アップル歯科では、現在最も細いといわれる35ゲージを使っています。

麻酔薬の温度管理

麻酔薬の温度を体温と同じ位に温めることで、薬液を注入する際の刺激を減らします。特に冬場に活躍します。

電動麻酔による痛みの軽減

電動麻酔器のIC制御で一定の圧力・速度で麻酔を注入するので、痛みの少ない注射を可能にします。Dr.のテクニックに差がでにくく、小児歯科でもよく用いられています。

歯科医師のテクニック

痛に配慮した麻酔には、歯科医師のテクニックも必要です。麻酔の際に、針を動かさず歯茎を振動させて針を入れることにより、刺入の痛みを減らします。薬液を注入する速度も、ゆっくり、一定に保つことで刺激を減らします。アップル歯科では全ての歯科医師が「痛に配慮した麻酔」のテクニックを身に着けて初めて診療に当たることができます。

あなたもアップル歯科クリニックで「痛みに配慮した麻酔」を体験してみてください。

痛み、不快感を取り除くために

痛みに対する麻酔注射以外の工夫

「歯医者は痛い!怖い!」多くの方が歯医者での治療に対してこのようなイメージをお持ちだと思います。

特に幼少期に歯医者で痛い思いをして、それからどうにも苦手で…というお声をよく耳にします。

アップル歯科クリニックでは、全ての患者様に対し、極力痛みのない治療を受けていただけるよう努めています。

著しく不安や恐怖心の強い方も、もう治療をあきらめる必要はありません。
当院で治療を受けて、「歯医者=痛い」から「歯医者=痛くない・安心」にイメージを変えていただけましたら幸いです。

歯医者での不安は、麻酔注射だけではないと思います。注射以外の痛みや不快感を取り除く工夫をご紹介します。

レーザー 診断機 ダイアアグノデント

ダイアグノデントは、レーザー光により歯質の変化を測定する機械です。
これにより削る必要のない虫歯を診断することができ、歯を削る機会を減らすことができます。

また、視診やX線などでは見落とされていた、わずかな歯質変化も発見できて、正確な診断のもと的確な治療を行ないます。

ペンレス

テープ式の表面麻酔です。他の表面麻酔と比べると、麻酔効力に優れ、注射針のない麻酔注射器との併用で、痛みに配慮します。

音が苦手な方へ

歯医者独特の「キーン」という音が苦手な方は多いと思います。音のストレスを軽減できるように音楽プレイヤーをご用意しております。音が苦手という方は、お申し付け下さい。

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top