HOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 歯の神経はとってもいいの?

歯の神経はとってもいいの?

歯の神経

歯の神経

歯の神経って?

一般的に「歯の神経」と呼ばる歯の内部の痛みの感覚を生み出す部分は、「歯髄」と言われているところです。
通常、神経を抜くということはこの中心部の歯髄を取り除くことです。
歯髄は単に痛みを感じる神経線維ではなく、極細の血管が走っていて、動脈や静脈も存在している組織です。
その血管を利用して、歯に栄養を送る働きもします。また。虫歯の細菌が歯の内部に侵入しようとするのを、防御しようとする働きなどもあります。

歯の神経を取るメリット・デメリット

メリット

痛みがなくなる
神経が無くなくなるのですがから、当然虫歯で痛くなったり、冷たい水がしみたりという知覚による痛みは、まったく感じなくなります。

病気の進行を食い止められる
神経がある部分は歯の内部の通路の役割もするため、虫歯の細菌が歯の内部を通り越して根の先の骨まで侵してしまうのを防ぐことが出来ます。
大きな虫歯で痛くないようなときは、すでに歯の根の先の骨の部分にまで、細菌が到達している可能性があります。

デメリット

歯の寿命が縮む
神経を取るとその周辺の細かい血管まで取ることになるので、歯に栄養分が行き届かなくなり脆くなり、歯の寿命も短くなりがちです。

歯の色が変色する
神経を取った歯は、褐色がかてきます。しかし、特殊は方法を用いて神経を取った歯のホワイトニングが出来ることもあります。

数年後痛みがぶり返すことがある。
神経を取ったからといって、生涯歯の痛みを感じないで済むわけではありません。
神経を取った歯でも痛くなることもあります。

このように、歯の神経を抜くことは、歯にとって悪いこともたくさんあります。神経をとってしまった歯は、枯れ木のようになってしまい、
将来的な歯の破折や再感染の危険性も高くなるので、なるべくなら神経をとらなくても良いように、予防歯科に努めましょう。

あなたにオススメのページ・関連記事

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

歯の神経はとってもいいの? | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

LINE相談
駐車場 無料託児室 専用手術室
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能


トップへ