アップル歯科クリニックHOME > 先端医療設備 > 再生医療 > 【再生医療】歯髄細胞バンク(病気や怪我で失った組織や臓器を再生するために)

【再生医療】歯髄細胞バンク(病気や怪我で失った組織や臓器を再生するために)

再生医療 歯髄バンク

近年、ES細胞やips細胞など、怪我や病気により破損したり失ったりした組織や臓器を修復するために、細胞を使って元通りに修復するという医療技術が再生療法の中でも注目されています。
その細胞の元となるのがES細胞やips細胞と呼ばれる万能才能になるわけですが、自身の細胞を使い、拒絶反応が少ないとされるips細胞として利用できる幹細胞(細胞の種)を作り出すのに「歯髄細胞」が有効であることが分かってきました。
具体的には歯髄から培養された細胞よりips細胞を作り出すことにより、将来的に「骨形成等の形成外科領域」「脊髄損傷等の神経領域」「歯周病等の歯科領域」における将来的に再生医療によって治療が可能になるとなるというわけです。

再生医療 歯髄バンク

再生医療にとって非常に大きなウエイトを占めるのが「幹細胞」ですが、こちらは自身の体から採取するものですので、どこから採取するかが重要となります。
「幹細胞」は骨髄バンクや臍帯血バンクで知られる骨髄細胞や臍帯血にも存在しますが、骨髄細胞を採取するのは自身の体に大きな負担を強いる事になりますし、出生時に臍帯血を採取するのは困難とされています。
そこで、着目されたのが「歯髄細胞」という乳歯や抜歯した親知らずに含まれる歯の神経です。現在では、この歯の神経から取れる歯髄細胞が再生医療の材料として理想的な細胞の源泉であることを明らかになってきています。
また、分かってきた事として、骨髄細胞の中の幹細胞の割合が最も高いのが新生児を最大として、年齢を重ねるごとに減っていく事が明らかになっています。
ですから、幹細胞を採取するために歯髄細胞を採取するには、10代から成人前後までの抜去歯が適していると考えられています。そこでアップル歯科クリニックは、この10代から20歳前後の抜去歯を保管し、臨床に使えるよう細胞を培養する、「歯髄バンク」の提携歯科として歯髄の保存に協力しています。

現在、この再生医療技術はすさまじい進歩を見せてはいるものの、実際のところ、その実用化において安全に幹細胞を再生医療に使うためには、適切な細胞を選ぶ事が重要です。
アップル歯科クリニックが登録している歯髄細胞バンクでは、提供した抜去歯から、極めて微量しか採取されない歯髄細胞を再生医療が必要な時に有効に活用するため、その細胞を充分な個数に増殖した上で、環境の整った適切な施設において冷凍保存してくれるという団体です。
これまで従来医療廃棄物として処理されてきた親知らずや乳歯などの抜去歯ですが、歯科医院においては容易に採取可能であることから収集し易く、歯髄細胞バンクを利用することにより培養方法および保存方法が確立されている点において、これまでの再生医療に関わる諸問題点を解決する理想的な移植細胞の源泉であるといえます。
下図は、アップル歯科クリニック理事長、吉見の長男の細胞保管完了通知書です。歯牙受理時の採取細胞数が190,000個に対し、保管時の歯髄細胞が18,800,000個と大幅に増えていることがわかります。

再生医療 歯髄バンク

再生医療は、これからの医療の進歩において最も重要なコンテンツの一つです。アップル歯科クリニックは、株式会社再生医療推進機構の「歯髄バンク」登録歯科医院です。
お子様の細胞を残し、将来の備えをお考えの方や、再生医療の研究に賛同されたいという考えの方等、お気軽にご相談下さい。
アップル歯科クリニックでは、再生医療をはじめとする、歯科分野からの医科・全身疾患の治療に協力・賛同していきたいと考えます。


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

再生医療

ご覧のページと同じカテゴリーの記事

診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ