感染予防対策

HOME > デイリーApple

滅菌ルーム【ヨーロッパ基準 クラスBの滅菌システム】

「患者様へ」も「患者様から」も感染させません

2013年12月23日、アップル歯科クリニックの滅菌ルームをリニューアルしました。リニューアルにあたり、「DACシステム」という滅菌システムを導入いたしました。 DACシステムは、最も厳しいとされるヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムで、日本の歯科医院で通常行われる滅菌よりもワンランク上の滅菌を行えるようになりました。

これにより、患者様におかれましては、「より感染しにくい環境で治療が受けられる」「徹底した滅菌が短時間で行えるため治療サイクル支障を来たさずゆとりのある治療が可能」等があげられます。
また、インプラントや小手術においても、滅菌の精度は口腔内の環境に大きく影響するため、非常に重要です。何より、私たち歯科医院が絶対にさせないように気にしている「院内感染予防」の質が大きく上がったことを特筆させていただきます。

機器の付着物まで取り除いて滅菌

DACユニバーサルとは、簡単にいうと、タービン、コントラ、ハンドピース(治療に使うドリル)などを精製水を用いて機械の内部・外部の洗浄からオイル注油まで行うシステムです。
治療に使用後の歯科用ハンドピースには様々な病原細菌やウイルスが存在している可能性がありますので、滅菌を行う必要があります。しかし、これらの機器の滅菌を行うには、これまではオートクレーブという高圧滅菌器にいれたり、アルコール消毒をする等の手間と時間のかかる方法でしかできませんでした。ですから、数をたくさんストックする他、患者様の治療サイクルを遅らせない方法はありませんでした。

しかし、このDACユニバーサルを使えば、わずか12分という極めて短い時間で、これらの内部までしっかり洗浄・滅菌してくれます。これにより、以前よりも内部からキレイな機器で、治療サイクルに余裕を持たせて治療に臨むことが可能になりました。

医科の基準に準じた高度な滅菌

DACプロフェッショナルは小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアーする、高度なオートクレーブです。 DACプロフェッショナルは、滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、飽和水蒸気を流し込みます。この工程を数回繰り返すことにより、 複雑な器具でも隅々まで高温の水蒸気を行き渡らせ、あらゆる種類の菌やウイルスの滅菌を行います。

滅菌のクラスわけ

  • クラスN通常の歯科医院で行われる滅菌方法。蒸気と空気の重量の違いを利用して缶体内の空気除去を行います。
  • クラスS滅菌前の1回、真空状態を作りを行い高圧蒸気滅菌します。
  • クラスB滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、あらゆる種類や形状の滅菌が被滅菌物を滅菌します。(クラスBという滅菌レベルは、世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準です。アップル歯科クリニックではこのクラスBの滅菌システムを整えています)

当院の洗浄・滅菌システム

アップル歯科クリニックでは、DACシステムの導入に伴い、器具ごとにカテゴリーわけを行った上で、以下の洗浄・滅菌工程を徹底しています。

手洗い・ミーレー

いくら良い滅菌システムを導入しても、目に見える付着物の除去や洗浄を行わなければ、消毒・滅菌は完全にはお行えません。ですから、当院では、2名の消毒・滅菌スタッフが専属でこの洗浄から滅菌までを、責任を持って行っています。また、器具は種類やリスクごとにカテゴリー分類を行い、洗浄が難しいものは超音波洗浄器へとまわします。

予備洗浄・超音波洗浄

通常の洗浄では落としがたい汚れや形状のものは、超音波洗浄器を使って洗浄します。超音波洗浄器は、1秒間に2000回以上の振動させることにより、汚染物を排除しています。

滅菌

滅菌の際にも、カテゴリーに分類され、使用する機器は異なります。クラスNの歯科用オートクレーブでは、通常使っている器具(お口の中を見る鏡など単純な器具)の滅菌を行います。一方、形状が複雑且つ隅々まで滅菌が必要な器具(歯を削るタービンやコントラ)に関してはクラスBのオートクレーブ(DACプロフェッショナル)を使用し、滅菌を行います。

滅菌保存・ディスポーサブル

滅菌が終ったものは、減菌保存パックに入れたまま保存し、使用の直前に開封します。また、滅菌が不向きなコップ・グローブ・エプロン・トレーペーパーなどは患者様ごとに取り替えるディスポーザブル製品を使っています。

三宮アップル歯科(神戸市中央区)開院のお知らせ

お待たせしました。駅前型アップル歯科、始まります

三宮にもアップル歯科

アップル歯科クリニックでは、治療を終えられた患者様全員を対象に、アンケートを取っております。もちろんお褒め頂くのはありがたいのですが、アップル歯科が特に大切にしているのが、「改善点」です。これまでも駐車場を増やして欲しい、靴をぬぐのが面倒など、あらゆるご要望に対応することで、患者様の意見を取り入れて参りました。

その中で、毎月のように挙がってくるのが「駅前にアップルを作って欲しい」「都心部に移転して欲しい」という内容です。しかし、こればかりは一つ返事で実行するのは困難な問題でした。なぜなら、アップル歯科が新たに医院を作る限りは、自信を持ってお任せできる「院長」が不可欠だからでした。

そしてこの度、ようやく「アップル歯科」をお任せ出来る院長が育ったタイミングで、三宮アップル歯科をJR神戸線、三宮駅前に開院させて頂く運びとなりました。院長を努めるのは、明石アップル歯科副院長の和気正和先生です。Dr和気は大阪大学を卒業後、滋賀県立成人病センターの口腔外科に勤務、その後アップル歯科に来てくれた歯科医師で、アップル歯科で最も成長が早いと言われているドクターです。

三宮アップル歯科はこれまでの郊外にある明石・加古川の両院とは違い、都心部、しかも駅からすぐの立地の歯科医院です。都心部の歯科ですから「仕事の合間に取れた詰めものを付けて欲しい」「とりあえず痛みだけでもとってほしい」などというご要望も増えるかもしれません。しかし私たちアップル歯科のモットーは、しっかり治療して、予防にお越し頂く。患者様のハッピーライフのお手伝いをすることにあります。ですから、どんな理由でお立ち寄り頂いても結構ですが、最終的には「しっかり治したい」「予防で悪くならないようにしたい」という気持ちに繋がるような診療スタイルに努めていきたいと考えています。

駅前でもアップル歯科の良いところが発揮できる、そんな歯科医院を目指しますので、職場が神戸・三宮近郊の皆様や、お近くにお知り合いがおられる方、よろしければ神戸市中央区の歯医者さん、三宮アップル歯科にお立ち寄り頂ければと思います。

医院名称
三宮アップル歯科
院長
和気 正和(わけ まさかず)
住所
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 3F
アクセス
JR神戸線三ノ宮駅より徒歩1分、各線三宮駅より徒歩3分
電話
078-200-6802(虫歯ゼロに)
URL
http://sannomiya-appledc.jp
開院
2016年10月3日(月曜日)

内覧会のお知らせ(終了しました)

皆様の不安や疑問を少しでも解消できればと思い、開院の前に見学相談会を開催いたします。当院の設備や内装をご覧になっていただくだけではなく、日頃から気になっていたことや、治療に関するご質問に、歯科医師がお答えします。見学会中なら優先的に診療や検診、ご相談のご予約も可能です。ぜひお気軽に見学にお越しください。

内覧会(見学会)日程

  • 2016年9月29日(木)11:00〜18:00
  • 2016年9月30日(金)11:00〜18:00
  • 2016年10月1日(土)10:00〜17:00

10,000人目の患者様

1万人目のお口の健康

2014年7月16日(水)、アップル歯科クリニックは通算1万人目の患者様をお迎えすることができました。

開業から約10年、1万人という数字が早いか遅いかは別として、アップル歯科クリニックは1万人のお口と向かい合ってきたという事に、私たちは誇りと共に責任を感じています。ご来院いただきました1万人の患者の皆さま、たくさんある歯科医院からアップル歯科をお選びいただき、誠にありがとうございます。

アップル歯科クリニックでは常々、予防を第一に考えた歯科治療を提唱しています。本来なら、1万人の患者様が来られた現在、1万人近くの予防患者様が3~4ヶ月ごとにメインテナンスや定期検診に来ていただかなければなりません。ところが、現実的には半数程度はここ半年間ご来院いただけておりません。

もちろん、お引越しやご結婚、他の歯科医院へ行かれた方などもおられると思います。しかし、全ての患者様に予防の大切さを伝え、全ての患者様に健康で清潔なお口の環境を保っていただくことが当院の役目です。

ですから今後はもっともって予防の大切さをお伝えし、10年後には2万人以上の患者様に予防でご来院いただける歯科医院にしていくことが私たちの向こう10年間の最大の目標となります。

そのためにも、まずはお口の中を健康な状態に向ける治療技術と知識をすべてのドクターが学び・身につけ、患者様に愛される歯科医院になれるよう、日々努力と研鑽を続けて参りたいと思います。

最後に、1万人目の患者様はエリオット君という金髪の髪がキレイなハーフの少年でした。偶然にもプロのサッカー選手が夢だという事で、当院が応援しているヴィッセル神戸のチケットを、理事長からプレゼントさせていただきました。アップル歯科クリニックもエリオット君に負けずに夢を叶えるため、明日からの診療に力を注いで参ります。

今後とも、スタッフ共々よろしくお願い致します。

院内セミナー【講師 菅野時雄様】

医療人としての質の向上を目指して

2013年12月11日、外部講師として、元 エスケー食品株式会社 代表取締役社長 菅野時雄様をお招きし、アップル歯科クリニック院内セミナーを行いました。
菅野様は、1971年の創業から、従業員1000人規模の会社を作り上げた、いわゆる叩き挙げの社長様です。
菅野様には現在、患者様としてご来院いただいており、院長の吉見の呼びかけに応じていただき、セミナー講師をお願いさせていただきました。

第一部「会社は夢で創業し、情熱で継続すれば形になる」

現在、アップル歯科クリニックは、1つの歯科医院としては多いと言われる30名前後のスタッフ数になったことから、仕事に対する心がまえや組織としてのあり方を学ぶため、今回菅野様にお話いただきました。
第一部では、菅野様が立ち上げられたエスケー食品の沿革を追いながら、どのような考えでどう判断し、どんな気持ちで仕事に取り組んだかをお話いただきました。仕事を楽しみ、自分を仕事の主人公にすることで、毎日がもっと幸せになり、患者様にも還元できるという内容を分かりやすくお話いただきました。

話の中には、何故商材として冷凍食品を選んだのか、なぜ粗放養殖を選んだのか、なぜインドネシアと言う国に子会社を作ったのか、その全てにおける理由付けと、見極めのポイントが話の節々に散りばめられており、話に聞き入りながらも考えさせられる、非常に分かりやすく面白いお話を聞かせていただきました。

第二部「患者から見て、アップル歯科クリニックの現状と今後必要なこと」

第二部では、菅野様自身が患者として受けたアップル歯科クリニックの治療から、アップル歯科クリニックの現状と今後必要なことをお話いただきました。
話の中では、実際に患者様として初めてご来院頂いた時のアップル歯科クリニックの印象や、スタッフ・歯科医師の対応についての感想を率直にいただき、今後考えていくべき点として、まず患者様目線で考えることと、そして企業的な発想で歯科医院の経営を全員で考える事、そして何より確かな技術の習得と、スタッフによる心温まる接遇が大切だということをご教授いただきました。

日ごろから歯科業界のことしか見てきていないスタッフにとって、1000人規模の会社を経営されて来られた菅野様のお話は、非常に興味深く聞き入ってしまう内容のお話でした。
また、その中で、いかに菅野様をはじめとして、当時の人たちが仕事に夢を持ち、楽しんで来られたかを目の当たりにすることができ、私たち自身ももっと仕事を好きになり、楽しんでいきたいという思いが沸いてまいりました。

今回、たまたまご縁があり、菅野様に講師をお願いしましたが、今後もよりよい歯科医院を目指すために、機会があればお話をお伺いできればと思います。それと同時に、歯科医院にホスピタリティを持たすために、歯科という枠を超えて、様々な業界のあらゆる良いところを吸収していければと考えております。

歯科衛生士 田上先生による滅菌セミナー

患者様・スタッフへの感染予防のために

滅菌レベルの向上のために

2013年11月6日、株式会社ヒンメル代表取締役・フリーランス歯科衛生士の田上 めぐみ先生にお越し頂き、院内にて滅菌セミナーを行いました。

田上先生はフリーで活躍する歯科衛生士で、院長の吉見とは何度か講演等でお会いするなどのご縁もあり、院内の消毒・滅菌システムの強化に伴い、スタッフ向けの講演と、実際に現場での滅菌指導をご教授いただきました。

セミナーでは、滅菌・消毒の基本から、その違いや器具ごとの振り分け方法などを座学で学び、OJTでは滅菌・消毒の実際の方法や注意点の他に清潔・清掃についても深く学ぶ事ができました。

滅菌・消毒は、感染の危険性から、歯科医院においてとても重要な項目の一つです。今後はさらに滅菌・消毒を徹底し、より患者様に安心して治療を受けて頂ける環境づくりを整えて行きたいと思います。

【院内セミナー】ほめ達コミュニケーション研修を受講しました。

褒める達人

2014年2月19日、院内セミナーとして一般社団法人日本ほめる達人協会白草真喜子先生をお招きし、スタッフ全員でほめ達セミナーを開催しました。「ほめ達!」とは、目の前の人や物・商品やサービス、起きる出来事などに独自の切り口で価値を見つけ出す価値発見の達人のことだそうです。私たちアップル歯科クリニックは、歯科医療の現場にもホスピタリティが必要と考え、「歯医者は痛い所」と思いながら治療に来ていただいた患者様に深い心地良さを加わえることで「思っていたより来やすいところ」と、信頼や信用、安心感を得て治療に専念し、悪いところを治したあとは予防にまで繋げていただけるよう努めています。

価値の創造

私たち歯科医院のスタッフは、コミュニケーションを大切にした診療を心がけています。歯医者は職業柄悪いところを治療するため、悪いところを見つけるのが得意な職種です。もちろん、日ごろから患者様においてもスタッフ間においても治療以外で悪いところを探すような事はしませんが、もともと人間は、良いところより悪いところに目がいく習性があり、悪いところばかり目立ってしまう傾向にあるそうです。

今回のセミナーでは、そういった固定概念を覆し、良いところを探す事によって新たな価値を見出すことが目的です。ワークショップ形式で、ワークを通して「良い所を見つける」訓練を行いました。良いところを見つけることによって、新たな切り口から物事を考える事で、独自の価値を発見していくという内容です。実際スタッフ間で良いところを探したり、自分が言われて嬉しい事を言い合うことで、良いところを見つけることがいかに素晴らしい事であるかを学ばさていきました。今後の診療に役立てられればと思います。

今回のセミナーで学んだ内容は、患者様にはもちろん、スタッフ間でも大いに生かしていける内容でした。私たちアップル歯科クリニックでは、「働きたいと思う歯科№1」を目指していますので、今後歯科医院で働きたいという方々が見学に来られた際、少しでも良い印象を持って頂けるよう、スタッフみんながほめる達人を目指していきたいと思います。

そしてそれにより、スタッフと医院が活性化し、患者様にとってより通いやすい歯科医院になれるよう、コミュニケーション力を高めてまいりたいと思います。

JIADS エンドコース講師 渥美 克幸先生による接着セミナー

2013年JAID秋季学術大会で症例発表の場を頂きました

2013年9月26日、JIADS エンドコース渥美 克幸先生をお招きし、ドクター向けに歯の接着についての講義をしていただきました。

渥美 克幸先生は、アップル歯科クリニック院長 吉見の勤務医時代の同僚で、現在は自身の医院で臨床をする傍ら、 JIADSというぺリオと補綴のスペシャリストのための研修機関で、高名なスタディグループの講師(インストラクター)を努めておられる先生です。

今回は、当院の見学も兼ねてということで、遥々埼玉県からお越し頂き、数百枚にも及ぶスライドから歯の接着について、詳細にご教授いただきました。 また、その内容は歯科医師のみに留まらず、歯科技工士にも関わる分野まで、その研究内容を惜しみなく教えていただく事ができました。

今回の講義により、アップル歯科クリニックの通常の臨床においても、EBM(根拠のある理論)を元とした根本的な考え方を取り入れることができました。

  • 渥美 克幸先生
  • 2002年 長崎大学歯学部 卒業
  • 2002年 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科<赤羽> 勤務
  • デンタルクリニックK 院長
  • JIADS Study Club TOKYO
  • アメリカ歯周病学会(AAP)会員
  • JIADS補綴勉強会:銀座中村組
  • 日本接着歯学会
  • 日本歯科理工学会

今回の学びを活かし、さらに当院で治療された患者様の歯が、長く丈夫に保てるように、日々復習と研鑽を積んでいきたいと思います。

マニュアル更新日、Ms歯科の荒井先生をお招きしました

診療レベルの底上げを図るため

医療法人社団翔舞会 理事長 荒井昌海先生

2013年9月25日、年に一度のマニュアル更新日、オブザーバーにMs歯科クリニックの荒井先生お越し頂き、マニュアルの定義についての講義をしていただきました。
アップル歯科クリニックでは、全てのスタッフが同じ対応・治療ができるよう、マニュアルは最も重要なツールとして、毎年スタッフ全員で更新作業をしています。今回は、歯科会のマニュアルのスペシャリスト、医療法人社団翔舞会Ms歯科クリニックの荒井 昌海先生をお招きし、マニュアルがどうして重要なのか、どういう意図で更新していけばいいのかなど、90分の講義と質疑応答をお願いしました。

荒井先生は、院長の吉見と同年代の先生ですが、若くして8医院の分院を展開し、マニュアルによりスタッフの技術水準を全ての医院で統一することに長けておられる、歯科会の時代の寵児とも言える素晴らしい先生です。また、歯科医院の治療技術を標準化するという大きな目的を持ったMid-Gというスタディグループの創始者でもあり、広くマニュアルをはじめとして歯科業界に貢献されています。

今回の荒井先生の講義は、スタッフにとってもドクターにとっても新鮮で思慮深いものだったようで、皆真剣に聞き入っていました。特に新人スタッフには、何故マニュアルが必要なのか、マニュアルをどういった位置づけで捉えるのかなど、非常に分かりやすかったと思います。何より、荒井先生の頭の回転の速さ、回答の的確さに、皆が目を丸くしながら驚いておりました。

今回の講義を参考に、現在新たなマニュアルの編集作業に入っております。このマニュアルは、アップル歯科の治療技術の底上げに、必ずしも欠かせないものであり、スタッフの根底となるものです。アップル歯科クリニックではこのマニュアルを毎年マイナーチェンジを繰り返し、誰が担当した患者様も全て同じ対応・治療ができる、そんな医院を目指し今後も学びと成長を続けていきたいと考えています。

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top